マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

対面で需要が少ない教科もオンラインなら依頼殺到!

2021/9/16
対面で需要が少ない教科もオンラインなら依頼殺到!

対面では需要が少なかった教科がオンラインでは依頼が殺到して生活がガラリと変わった中村先生に、オンライン家庭教師と対面の違いと現在の生活についてインタビューしました!

現在までのキャリア

ーー本日はよろしくお願いします!まず、大学卒業後から現在までのキャリアを伺ってもよろしいですか?

大学の時に家庭教師をしていてとても楽しかったので先生になりたいなと思うようになりました。ただ、私は教育学部出身でも、教員免許状を持っていたわけでもなかったので、大学卒業後はもう1つの希望であったインテリアの道で仕事をしてみたいと思い、大手の企業に就職しました。

当時は、公務員の教員採用がほぼない時代でした。地元自治体では採用試験自体が7年間ない中で、私は「幼稚園の先生」に狙いを定めました。資格を取るために復学した結果、当時の公務員試験を受けられる最終年齢になっていました。競争率30倍だったのですが、地道な勉強の結果、合格をいただいて晴れて公立の幼稚園に勤めることになりました。

しかし朝6時出勤、20時帰宅の生活が続き仕事にストレスを感じる中、学生時代にやっていた家庭教師をやりたいと思っていました。ストレス解消のために働くというのは変ですが、私にとっては家庭教師をやればストレス解消なるかもと思うほど、家庭教師という仕事が当時から大好きだったのです。公務員なので副業はもちろんできませんし、諦めていました。

ーー幼稚園の先生を辞めるきっかけになったのは体力面だったのですか?

体力面もありますが、双子を授かったという部分が大きかったですね。仕事でヘトヘトになって自分の子供を雑に扱ってしまったらいけない、と思いまして、仕事を辞めることきっかけになりました。せっかく高い競争率の中からゲットした幼稚園の教師職を手放すのはものすごく苦しい選択でした。ただ辞める決意をしたお陰で、自分の子供と過ごす時間ができて、双子の成長を間近で見られて幸せで、貴重な経験でしたね。

子供が10歳くらいになってある程度大きくなったので、次の仕事はどうするかと考えはじめました。ただ、その時は家庭教師は大人がする仕事という認識がありませんでした。
どちらかと言いますと、学生の仕事という認識で、自分の人生の選択肢には入っていませんでした。

ただ、子供に関わる経験や大学で学んだ心理学はせっかくなら活かしたいと思っていました。

そういった理由から、個別教室に電話しまして、面接とテストを受けて合格をいただきました。合格はいただいたのですが、お恥ずかしい話、面接結果を聞きに行ったときに数学の点数がギリギリだったのです笑 雇っていただけたのでよかったのですが。


ーー個別指導の塾講師になられて、念願の“指導”のお仕事はどうでしたか?

塾講師になって担当になったお子さんは、誰もがお手上げ状態のお子様でした。そう言われるほどのレベルでスタートしまして、そこから地道に一緒に勉強していきました。例えば理科では、実物の植物をみせたり、実験をするうちに生徒さんや保護者、塾長との信頼関係を築くことができました。

オンライン家庭教師をはじめたきっかけ

(中村先生がオンライン授業で使っている機材)


ーーオンライン家庭教師をはじめたきっかけを教えてください。

昨年のコロナで「オンラインも怖がらずやっていかないと」」と思ったのがきっかけでした。初め社会科目では、依頼はこないだろうと思ってたのですが、オンライン家庭教師の会社に登録をさせていただいたら少しずつお申し込みが来るようになりまして驚きました笑 好きな教科の社会でお仕事をさせていただけて楽しくないわけがないですよね!

オンライン家庭教師と塾講師の違い

ーーオンライン家庭教師をはじめたとき社会での依頼は来ないだろうと思っていたとのことですが、今までの対面だと社会の需要が少ないと感じていたのですか?

そうですね。おそらく個別教室だと、ある程度お値段が高いのでどうしても最優先される教科は、「数学」「英語」になってしまいます。「社会専門で教えて欲しい」というのは対面の場合は滅多にないですね。試験前だけ少し教えて欲しいというご依頼はあるのですが、予算内で考えたら、「社会」はどうしても優先順位は低くなる傾向はあると思います。また関西圏では中学受験は3教科の学校も多いので、どうしても需要はありません。


ーーでは、社会を教えたい中村先生としては、オンライン家庭教師をはじめてよかったということですか?

そうですね!すばらしい経歴や学歴の先生方がいらっしゃる中、差別化できることは、なんだろうって考えたときに、社会といいますか、歴史であればおそらく、ずば抜けて面白い指導が出来ると思いました。

決して高学歴とはいえない私が活躍できているのは、やはり「オンライン×社会」のコラボレーションのお陰です。「ここに私の生きる道があったんだ」と思いましたね。社会に限ることかもしれませんが、需要の違いが対面とオンラインでの大きな違いだと思います。

ーー対面だと依頼の少ない教科でもオンラインだと生徒さんの数にかなり手応えがあるのですね。

そうですね。必要としてくださる方が少ないところにいてもどうしてもご縁がない状態になってしまいますが、オンラインという市場はやはり世界と繋がっているからこそ、多くの社会を必要とされてる方とマッチングできてとても嬉しいですね。アメリカや、フィリピンの生徒さんもいるんですよ!

ーー他にオンラインと対面で違う部分はありますか?


やろうと思ったら対面でもできるのですが、授業をしながら画像や映像をすぐに見せられるところと、授業が終わった後生徒さんが興味を持てるような映画や宝塚の舞台のおすすめ動画を送ることができる点が良いですね。

「お衣装とか背景に注目してね。中国風の文化ということが分かるんだよ」というように授業以外のアフターフォローをすることで、さらにその歴史に興味を持って楽しんでほしいと思っています。それによって成績が上がることにもつながるので、社会に関しては対面よりもオンラインの方が私は良いと思っています。 

はじめは私から動画が送られてきて少し見る程度だった生徒さんが、動画が届いたら何をしててもまずその動画をみるようになったということがありまして、興味を持って勉強するようになった言っていただけています。やはり勉強は楽しむことが1番伸びる秘訣だと思います。オンラインだとエンターテイメント性を取り入れやすいということでしょうかね。そういった面では個別教室よりやりやすいなと思ってますね。

また、塾や学校など集団の場合、板書を書いて「はい。覚えてね。」という感じになりやすいと思うのですが、家庭教師は1対1なので、社会をやっているとき、「あなただったらどうする?」や「これどう思う?」というように自分だったらどういう選択をするか、本人の気持ちや意見を聞いていけるので、先生からの一歩通行ではないところも良いですね。

やり取りの中で相手のお子さんの考え方を知ることもできるのです。例えば授業の中で西南戦争で西郷隆盛の気持ちに共感するのか大久保隆道の気持ちに共感するのかというところで、西郷隆盛の意見に共感すると言った生徒さんには、「優しいね!弱い人に対する気持ちもちゃんと感じてあげれる優しい子なんだね!」と伝えます。大久保利通を選んだ生徒さんに対しても「社長向きだよね!非情な決断というのも国の上に立つ人間は時には必要なんだよね!」とコメントしています。

ーーどの生徒さんも嬉しいですね!

こういった点には正解はないので、その2択だけではなく、自分だったらこうするという意見を言ってくれたとき今まで聞いたこともないようなアイデアだったりするとすごいねってすごく感心しますね!単に物事を教えてるのではなく、人間対人間のやり取りも大切にしています!

現在の生活

ーー今すべてのお仕事で関わっている生徒さんは何名いらっしゃるのですか?

ありがたいお話で、本当に多くの生徒さんと関わらせていただいてますね。現在携わっているすべてのお仕事を含めたら30名ほどになります。オンライン家庭教師に関しては、毎週土曜日11時間連続レッスンになるくらいです。

ーー土曜日のお食事する時間はあるのですか?

子供が持ってきてくれるんですよ。「食べてね」ということで横に置いてくれるので授業の合間に食べています。

ーーとても優しいお子様ですね!1日のスケジュールを伺ってもいいですか?

はい!とても良い子たちです。
土曜日が1番多く毎週11時間ほどで、日曜日も5時間ぐらい入っています。平日も2、3時間ほど入っていますね。オンラインレッスンで人生変わったぐらい忙しくしています!

ーー現在はオンライン家庭教師以外のお仕事はされているのですか?

児童養護施設(被虐待児の一次保護)や母子シェルター(DVから母子を保護する施設)で教えることもあります。そこは不定期でそういったお子さんが来たときだけ呼ばれます。毎日ではないので、体力的にも丁度良いです。お休みになったら家事がはかどりますしお呼びがかかればまた行くようにしています。

ーーそこでは社会以外の教科も教えられているのですか?

施設や個別指導などの対面の場合は、社会に限らず様々な教科を教えています。施設やオンライン家庭教師に加えて、個別教室も現在も続けています。

(オンライン授業の1コマ)

マナリンクについて

ーーマナリンクで良い点はありますか?

最初の自己紹介動画や指導コースの作成のサポートだけでなく、その後のサポートも手厚いという点ですね。「こうやってフォローすると良いと思いますよ」というように手を差し伸べてくださるのでとてもありがたいですね。

サポートやフォローの面でいうと、他の会社さんと違う点だと思いますね。もちろん他社さんも聞けば助けてはくれますが、積極的に関わって下さる姿勢が全然違うなと感じています。

それから、高いお給料をいただいて、本当に感謝しております。さらに自己研鑽をつんで成長していきたいですね。

これからオンライン家庭教師をはじめようと思っている方へ

ーーこれからオンライン家庭教師を始めようかなと検討してる方へ一言お願いします。

毎日家に居ながらでも働き方の可能性を広げられるという点がありがたいと思っています。本業の方、副業の方色々おられると思うのですが、教員免許を持たず、決して高学歴というわけでもない私が、こんなに可能性を広げることができました。

私と同じ条件の皆様、私と同じ条件ではない方、それぞれだとは思いますが、今までの対面しかない塾講師しかないという教育の在り方にオンライン家庭教師という1つの選択肢を新しい働き方として検討してみることをおすすめします。応募はこちらから!

オンライン家庭教師 求人