マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

オンライン家庭教師は子育てとの両立が可能な副業!

2021/5/19
オンライン家庭教師は子育てとの両立が可能な副業!

塾講師や家庭教師学習アドバイザー、ご自身での事業立ち上げなど、多彩な経歴をお持ちの北島先生にオンライン家庭教師についてインタビューしました。
結婚や育児を機に、教育の現場から離れられた方の再出発としてオンライン家庭教師がオススメな理由についても教えていただきました。

オンライン家庭教師を始めたきっかけ


ーーーオンライン家庭教師をはじめようと思ったきっかけを教えてください。

北島先生:
フルタイムの派遣社員で働いていて、日々の空いてる時間に対面の家庭教師を副業として活動していました。
今年に入って、コロナ禍の影響で家庭教師の仕事がオンラインに切り替わったのがはじめたきっかけです。
それとオンラインで子ども向けのイベント活動をはじめて、オンラインでも教えられることを実感した経験がきっかけの一つとなりました。

現在のお仕事について


ーーー具体的にはオンライン家庭教師の他にどういった事業をされていますか?

北島先生:
オンラインで子ども向けのイベントをメインに取り組んでいます。
工作やリトミックをしたり、子どもたちが楽しく活動できるイベントを2ヶ月に1回の頻度で活動しています。

会社員時代は夜しか時間がとれなかったので、事業の打ち合わせなどに時間を取るのは難しかったですね。
でも今は昼間に事業の仕事をやって、夕方からオンライン家庭教師の仕事をしていますので、それぞれ時間がしっかりと取れています。

イベント中の様子
イベントの様子(ハロウィン)

オンライン家庭教師の良い点、悪い点


ーーーオンライン家庭教師を始めて、良かった事は何かありますか?

北島先生:
まずオンラインで教える事が当初考えていた以上に簡単でしたので、思い切って初めて良かったと思います。
対面の家庭教師の方が教えやすいとイメージされている方は多いと思いますが、教え方次第では、対面と遜色ないと感じました。
ペンタブや書画カメラなどの機材を活用すると、対面以上に教えやすい場面も出てきますね。

指導中の北島 オンライン家庭教師
授業中の様子

ーーー逆にオンライン家庭教師で課題だと思う点は何かありますか?

北島先生:
ペンタブでは字が綺麗に書けないことが、改善点として挙げられます。
しかしそれはペンタブに慣れていない部分も関係してきますので、
時を追うごとに上手になっていければ違うのかなとは思いますね。

あとはオンライン家庭教師だと、後ろから勉強しているところを覗けないことが課題としてあります。
そこは書画カメラなど、手元を写せる機器がご家庭で用意していただければ、改善は可能だと思いますね。

ーーーマナリンクで書画カメラを月々500円でレンタルしているので、保護者さんと話す際に是非ご提案いただけたらと思います!

オンライン家庭教師と塾を比べて


ーーー次に塾講師の時代と比べて、オンライン家庭教師はどうですか?

北島先生:
オンライン家庭教師は塾と比べて働ける時間が短くても、教えられることがメリットだと思います。

私自身、結婚前に約12年ほど塾講師として働いていましたが、
家庭を持つと遅い時間まで働くのが難しく、それもあって学習塾から事務職に転向したんですね。
でも元々教えることが好きでしたので、本当はずっと続けたいなという気持ちもありました。
オンライン家庭教師であれば夜の遅い時間や早朝でも教えられるし、通勤にかかる時間もないので、子育ての合間に働きたい方も手軽に始められると思います。

マナリンクについて


ーーーマナリンクについてどう思いますか?

北島先生:
対面の家庭教師で手数料が高い点に対して、不満を持っている方は多いと思います。

その点マナリンクさんは、手数料がリーズナブルですし、色々と面倒を見ていただけるのでありがたいと思いますね。
オンライン指導が初めての場合、Zoomの使い方などオンライン家庭教師に関することを色々とレクチャーしていただけるので、安心感があると思います。

最後にメッセージ


ーーーオンライン家庭教師を始めようと考えている方や、お子様が大きくなられて時間に余裕ができた主婦の方に対して、何かメッセージはありますか?

北島先生:
副業を始めようと考えている、育児している方や他にやりたいことがある方は、何から初めていいか分からないと思います。
オンライン家庭教師の場合、1時間から始められるし、通勤時間もなくなり、自分が仕事しやすい時間に出来るのでオススメです。
オンラインで教えることがまだ一般的ではないので、そこに不安を感じていらっしゃる方がいると思うのですが、工夫次第ではできることがたくさんありますので、まず飛び込んでみることが大事だと思いますね。

  • オンライン家庭教師の登録はこちらから行えますので、どしどしご応募ください!応募はコチラから!