マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

オンライン授業で使用するマイクはこれがおすすめ!

2021/9/16
オンライン授業で使用するマイクはこれがおすすめ!

オンライン授業において、カメラと並び大事なアイテムが「マイク」です。
音質が良くないと、映像が乱れている以上のストレスを相手に与えてしまいます。
ノートパソコンやカメラについているマイクでも聞こえますが、分かりやすい授業のため、ぜひ「音」に気を使ってみましょう。

ノートパソコンに内蔵されているマイクで十分では?と思いがちですが、高品質なマイクは授業の質まで高めてくれますよ。
今回は、オンライン授業に最適なマイクの選び方とその他必要機材、おすすめマイクなどについて解説します!

オンライン授業に適したマイクのタイプは?


マイク(=マイクロホン)は、「空気振動を電気音声信号に変換する機械」です。
その変換の仕組みによって、2種類に大別されます。
オンライン授業を行う上では、次の2種類を押さえておくといいでしょう。



ダイナミック型マイク

フレミングの法則を応用した、振動板(ダイアフラム)とコイルが搭載されており、空気の振動(音)で振動板が変動し、電気信号が生じるという仕組みのマイクです。
比較的湿度に強く、安価な割に丈夫というメリットがあります。
また、電源不要で取り扱いも簡単という特徴がありますが、感度はコンデンサ型マイクよりも劣ります。

コンデンサ型マイク

コンデンサー(電気を貯められる素子)の原理を応用した、音の振動を電圧の変化に変換する仕組みのマイクです。

電極に電気を貯めなくてはならないため、電源が必要です。
TVの漫才などでよく使用されているタイプのマイクです。
ダイナミック型に比べて振動や湿気に弱いですが、感度が高いというメリットがあります。
レンジの広い繊細な音を拾うことができるため、一般的に高価です。

マイクを選ぶ時のポイント


マイクはその変換の仕組みと共に、「指向性」が選択基準となります。
指向性とは、「拾いやすい向き」のことです。
例えば前後の音を拾うマイクは「双指向性」、前方の音を拾うマイクは「単一指向性」、単一指向性よりさらに前方の音だけを録る「超指向性」型マイクなどがあります。
オンライン授業においては、これらを踏まえた上でケース別に最適なマイクを選びましょう。

もしオンライン授業中に移動することが多いなら、オススメはワイヤレスタイプのマイクです。
イヤホンを耳に入れるタイプか、首にかけるネックスピーカータイプがあります。
ワイヤレスでPCに繋ぐなら、Bluetooth接続のマイク付きイヤホンが、移動しても生徒の質問を聞くことができるため便利です。

ただし安定度や音質は、ワイヤレスよりも有線タイプの方が上です。
もし動きがあまりないなら、有線タイプのマイク付きイヤホンを選択しましょう。

ちなみに、テレビやモニターのスピーカーから音を出してマイクを付ける方法はオススメしません。
むしろ、ハウリングが頻出してしまいますので、避けた方が良いでしょう。

オンライン授業にオススメのマイク付きイヤホン3選!


それでは、オンライン授業を行う上でどのようなマイクを購入すれば良いのか?
口コミ・実績多数のマイク付きのイヤホンを見てみましょう。

Apple AirPods Pro(MWP22J/A) 

Apple Aitpods Pro
出典:amazon.co.jp

2019年10月発売
ワイヤレスイヤホンの大本命とも言える商品です。
耳が詰まるような圧迫感を感じさせない設計で、ノイズキャンセリングの精度の高さがピカイチ。

「水中のような静寂」を体感できる商品と言われ、イヤホン業界に衝撃が走りました。
アップル製品との連携もとても良く、最強の一角と称されています。
外音取り込みモードが搭載されており、補聴器のような自然な音です。

外音モード中にイヤホンを外して環境音と聞き比べてみても、遜色ありません。
参考価格:¥30,580(AMAZON)
口コミ:他社のノイズキャンセリングよりかなり自然。耳の圧迫感が非常に少ない。
突発的な音には対応し切れないが、音量はかなり小さく控えられる。連続的な音に効果抜群。

final E3000(FI-E3DSSC) 

final E3000(FI-E3DSSC)
出典:amazon.co.jp

2017年5月発売
高品質・シンプルなデザイン・使い勝手の良さ・手頃な値段の全てを満たすことをコンセプトとして開発された、ダイナミック型マイク付きイヤホン。
その値段に見合わない、解像度の高い音質とデザイン性が業界を賑わせ、「価格破壊の新世代スタンダード」と呼ばれています。
空気感、ライブ感、臨場感、生音感が心地よく、小さい筐体でフィット感も抜群。
ハイレゾ音源にも対応しています。
マイクだけでなく音質にもこだわりたい方にオススメで、使うほどに手放せなくなる「大人の道具」です。
参考価格:¥4,445-(AMAZON)
口コミ:全体的な音域のバランスが良く、中高音は良い形で響く。低音の量や、音場も広く満足。解像度だけは上位機のように最良ではないが、値段で納得できる。一つ一つの音の輪郭がハッキリしており、耳も頭も「疲れない」音質を体感できる。

PLANTRONICS VOYAGER LEGEND Bluetooth ワイヤレスヘッドセット 2012年3月発売

PLANTRONICS VOYAGER LEGEND
出典:amazon.co.jp

人気海外ドラマ「24」内で、登場人物が多用していたヘッドセットです。
トリプルマイクとDSPでノイズを拾わず、風きり音を防止。
着信時に「Answer」と答えるだけで着信応答可能、会話の快適さにおいて「ベストアンサー」と称されています。

オーバーヘッドホンタイプが苦手な方にオススメの、片耳無線タイプ。
洗練されたデザインと音声操作、撥水、高音質マイク、超強力のノイズキャンセラーで「伝説」の名を我が物にする、ベストセラーのワイヤレスヘッドセットです。
参考価格:¥6,696-(AMAZON)
口コミ:イヤーパッドがゆるく耳に当たる感じで、長時間つけていても痛くない。付けている耳側の音をほぼ阻害せず、十分に注意を払える。マイクによる会話に関しては、最高の一言につきる。周囲の機械音や風切り音、移動中のロードノイズも少なく、聞く方にとっても非常にストレスの少ないマイク。

マイク以外の機材は何がある?


オンライン授業に必要なツールは、インターネット回線、パソコンやタブレットなどのインターネット端末、カメラ、マイクです。
最近のカメラとマイクが内蔵されたノートパソコンも多いですが、より高画質・高音質にするために、別途WEBカメラやマイクを用意するといいでしょう。

WEBカメラ

WEBカメラを取り付けることで、先生とお互いに顔を合わせながら、双方向のやりとりをすることができます。
授業中に分からないことがあればその場ですぐ質問し、解決できます。
先生も生徒の表情を確認しながら指導でき、生徒のペースに合わせた学習が実現します。

書画カメラ

書画カメラとは、表情を映すWEBカメラとは違い、机上を映すカメラです。
書画カメラを使用することで、生徒のノートや教科書を映すことができます。
生徒の書いた解答や、先生の書いた解法をスムーズに共有でき、効率的に学習できます。
マウスを使用せず手書きで勉強できるため、普段と変わらない学習スタイルを継続できるメリットもあります。
オンライン授業

オンライン授業の経験を活かすなら、オンライン家庭教師がオススメ


オンライン家庭教師マナリンクでは、学習を指導する講師と生徒をマッチングしています。
1教科、1コマからの授業提供が可能なため、お仕事をお持ちの講師も多数在籍しています。

授業を行う時間はご自身の都合の良い時間帯、例えば土日・夜間のみも可能です。
生徒からの指名が入り次第すぐにでも授業を開始できるため、安定収入が得られます。
ぜひ全国で指導を待っている生徒を対象に、あなたの指導経験を活かしませんか?

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

まとめ


オンライン授業における「マイク」は、実は「カメラ」よりも重要なツールです。
ぜひ高品質なマイクを使用した、効果的なオンライン授業を展開しましょう!