マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

オンライン教材の作り方とは?おすすめオンライン教材作成ソフトをご紹介

2021/12/14
オンライン教材の作り方とは?おすすめオンライン教材作成ソフトをご紹介

総務省の「データで見る遠隔・オンライン教育の状況」では、高校生のオンライン教育(授業)の受講状況が明らかになりました。

第1回調査では、オンライン授業を受講したある生徒が約過半数、第2回調査では約3割でした。


出典:総務省「データで見る遠隔・オンライン教育の状況」

このようにオンライン授業は、学校教育の場で浸透してきています。

オンライン授業のメリットは、いつでもどこでも、通常の授業を継続できることです。生徒にとっては、好きな時に好きなペースで学習できる。そして、わからない部分を繰り返し学習できる点は魅力的でしょう。

以上のようにオンライン授業の受講率やメリットを考えると、オンライン指導の導入をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オンライン指導を始めるに当たり、オンライン教材の導入を指導の充実のために検討される方もいらっしゃいます。

今回は、オンライン教材の作り方や作成のポイントを解説します。この記事を読んでいただければ、初心者の方でも簡単にオンライン教材を作成することができます。

【簡単3ステップ】授業動画の作成方法

オンライン授業が浸透した今、授業動画を自分で作成しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょか。授業動画の作成はハードルが高いように思われますが、意外と簡単です。ここからは、簡単3ステップでできる授業動画の作成方法をお伝えします。

【ステップ1】教材のコンテンツを考える

授業動画を作成する際には、まず教材のコンテンツを考えましょう。「授業動画で一番伝えたいこと」を明確にして、補助情報を肉付けしていくと効率良く考えレます。

教材のコンテンツは、授業動画の是非を決めると言っても過言ではありません。対面授業では、生徒の反応を見ながら内容を修正したり変更したりすることができます。しかし、授業動画は生徒の反応を見るごとのことができず、一発勝負だからです。

教材のコンテンツを考える時は、「授業で一番伝えたいこと」の他に「起承転結」を意識すると見やすい構成に仕上がります。

【ステップ2】 動画の撮影を行う

コンテンツが決まったら、次は動画の撮影です。現代はスマートフォンのカメラ機能が高性能になり、スマートフォンでも十分質の高い撮影を行うことができます。

動画撮影で気をつける点は、5つあります。手ブレに気を付ける。ズームはなるべく使わない。逆光にならない場所で撮影する。背景をすっきりさせる。アングルを工夫する、です。

以上の5つのポイントを押さえて、見やすい動画を撮影しましょう。

【ステップ3】編集した動画をアップロードする

授業動画作成の最後のステップは、動画のアップロードです。動画をアップロードするプラットフォームは、いくつかあります。

YouTube、Facebook、Dailymotion、Vimeoなどです。現代では、無料で動画をアップロードできるソフトが増えました。目的や活用法によって変えてみても良いでしょう。

授業動画作成4つのポイント

ここからは、授業動画作成の4つのポイントを紹介します。動画は、やみくもに作成してしまうと「何を伝えたかったのか」がわかりにくくなります。そのため、動画作成のポイントを押さえることが大切です。

1. 動画は長くても15分以内にする

授業動画を作成する際は、長くても15分以内に収めましょう。​​

通常の授業が45分でも、人の集中力は15分程度と言われています。そのため、集中力が続く15分を目処に動画を作成することで、生徒の意識を引き付けられるからです。

授業のポイントを押さえれば、自然と動画は15分以内に収まります。1つの授業に「伝えたいことは1つ」として、重要なポイントを多く詰め込まないように意識しましょう。

2. 動画の最初に授業のゴールを伝える

動画を作成する時には、動画の最初に授業のゴールを伝えることが大切です。「今日の授業では、◯◯をできるようになろう!そのために、ポイント3つを押さえよう!」という流れで、伝えてみましょう。

授業で覚えるべきことを最初に伝えておけば、子ども達は何が重要で何を聞けばいいのか把握できます。その結果、より意識的に動画を見ることができるのです。

3. 子ども達が考える時間を作る

授業動画で、子ども達が考える時間を作るのは重要です。一方的な授業になってしまいがちなオンライン授業ですが、子ど達たが考える時間を作ることで双方向の授業を作ることができるからです。

一度に話す時間も5分程度にして、子ども達が調べたり、話し合わせたりする時間を設けましょう。いわば、先生はファシリテーター役に徹するのです。

先生は教える役割ではなく、授業をコーディネートする役割に回った方が子ども達の集中力は高まります。あくまでも、授業動画は子ども達の気づきを芽生えさせる場だと意識しましょう。

4. カメラ目線を意識する

授業動画作成で、カメラ目線を意識することは大切です。子ども達は自分に話しかけられている意識が働き、集中力が高まるからです。

「自分で調べてみよう!」「◯◯はできたかな?」などと、カメラ目線で問いかける場面を作るだけで、臨場感が出ます。画面の向こうにいる子ども達と目を合わせていることを想像して、撮影してみましょう。

参考:初心者も簡単「授業動画」の作り方と活用の極意 対面とオンライン授業の効果的連携とは?

【初心者におすすめ】Udemyと教材を作成する方法


動画で教材作成はハードルが高い。簡単に動画作成できるソフトを知りたい。このようなお悩みをお持ちの方に向けて、動画作成初心者におすすめのUdemyと教材を作成する方法をご紹介します。

今からご紹介するソフトを活用すれば、初心者の方でも本格的な授業動画の作成や収益を生むことができます。

Udemyとは

Udemy(ユーデミー)は、100,000以上の講座を揃えるオンライン学習プラットフォームです。主に社会人が対象で、教えたい人が講座を開き、学びたい人が好きな時に学べるサイトです。

Udemyを使用するメリットは、​​自動収益を期待できる点です。自分で作成した動画をUdemyのプラットフォームに載せるだけで、自動で収益が生まれます。

Udemyで教材を作成する方法

Udemyで授業動画を公開したい場合、まずは「テスト動画」を作成する必要があります。テスト動画は1〜3分程度の簡単なもので、動画の内容がわかるようにポイントを絞って作成しましょう。

テスト動画ができれば、Udemyにテスト動画を提出し合格を待ちます。テスト動画の合格が出れば、本格的に撮影・編集に取り掛かれます。

Udemyで動画作成するコツは、プロモーション動画も撮影することです。プロモーション動画を作成すると、顧客の購買欲が高まるためおすすめです。

参考:【初心者でも簡単】Udemyオンライン講座の作成方法と必要なもの【開設講師の経験あり】

おすすめ教材作成サイト

ここから、おすすめの教材サイトをご紹介します。以下のサイトを使用していただければ、初心者の方でも安心して動画を作成できます。

STORM

「STORM」の魅力は、PowerPointから誰でも簡単に動画を作成できる点です。

PowerPointからナレーションを音声合成することも可能で、PowerPointに記述すれば原稿として読み上げてくれます。

Power Pointのアニメーションもそのまま反映される仕組みになっているので、難しい操作は一切必要ありません。

動画作成を初めて行う方にはおすすめのソフトです。

Office Mix

「Office Mix」もPowerPointに無料で追加できるソフトです。PowerPointのスライドやノートPCのカメラとマイク、ペンによる手書きをミックスして動画教材を作成できます。

作成した動画教材はクラウド型eラーニングシステム「EduCross」で簡単に配信できるのもメリットです。テストやレポートなどとともに生徒へ配信できます。生徒の学習の習熟度、進捗度を管理することができます。

教育向け動画コンテンツサービス

「教育向け動画コンテンツサービス」は、KIYOラーニング株式会社が運営するサービスです。このサービスのおすすめポイントは、わかやすい動画を簡単につくれる点です。撮影・制作は企業にお任せできるため、自分はコンテンツ制作に徹すことができるからです。

以下の2つのメニューから、コンテンツに合った教育動画を制作してくれます。

  • ■ 各種研修をeラーニング化【研修動画制作】
  • ■ 低コストで分かりやすい【動画マニュアル制作】


引用:​​低コスト・高品質を実現! 教育動画・eラーニングコンテンツ制作サービス
KIYOラーニング株式会社

授業動画であれば、「動画マニュアル制作」で発注すると良いでしょう。

また、低価格ながら高品質のサービスなのも魅力的です。10年以上のコンテンツ製作実績があり、多くのユーザーから指示されています。

まとめ

この記事では、オンライン教材の作り方や作成のポイントを解説しました。オンライン授業が浸透している現代では、オンライン授業の質を高めるために授業動画を作成することは効果的です。

しかし、そもそもオンライン授業ができるプラットフォームなければ意味がありません。「オンライン家庭教師のマナリンク」では、時給3,000円以上で講師として登録することが可能です。

ご興味ある方は、以下をご覧ください。

「時給3,000円以上!在宅でできるオンライン家庭教師を始めてみませんか?」