マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

オンライン授業で生徒が飽きないコツ【対面授業とオンライン授業の違いも解説】

2021/7/1
オンライン授業で生徒が飽きないコツ【対面授業とオンライン授業の違いも解説】

「オンライン授業のコツが掴めない」
「オンライン授業で生徒が集中してくれない」

本記事では上記のようにお悩みの方に向けて、オンライン授業のコツを解説していきます。

オンライン授業を行う際には、対面授業との違いを認識しておくのが重要です。

対面授業との違いを認識しないままオンライン授業を行うと、

  • オンライン授業の強みをいかせない
  • 対面授業の劣化版のような授業になってしまう


などの問題点が浮かび上がることでしょう。

そうならないためにも、本記事では、対面授業とオンライン授業の違いやオンライン授業のコツを解説していきます。

本記事を読めば、オンライン授業のコツがわかり、生徒に理解してもらえるオンライン授業が出来るようになりますよ。

オンライン授業を始める前の準備


荷物をつめた後のバッグ

オンライン授業を行う前に必要な準備は以下の通りです。

授業を行う前にしっかりと準備しておくと、授業もスムーズに進められますよ。

  • 機材の準備
  • 使用ツールの選定
  • 共有するテキストの準備


それぞれ詳しく解説していきますね。

機材の準備


オンライン授業を行うために、機材等を準備しておく必要があります。

  • パソコン
  • カメラ
  • マイク


オンライン授業を行うには、最低限上記の機材や設備が必要です。

カメラは2つ用意しておくと、

  • 教師を写す用
  • 黒板やホワイトボードを写す用


と使い分けられるので、生徒も授業を理解しやすくなります。

使用ツールの選定


オンライン授業に使うツールを選定しておきましょう。

  • Skype
  • Zoom
  • Office Teams


などの双方向のやり取りが可能なチャットツールを活用すると、生徒も質問しやすいです。

オンライン授業を行う前には、チャットツールの操作にも慣れておく必要があります。

共有するテキストの準備


オンライン授業でオリジナル教材や資料を使う場合には、生徒と共有する準備をしておくといいでしょう。

  • Googleドライブ等を活用
  • 教材共有目的のホームページやポータルサイトを作成しておく


生徒自身が教材をダウンロードできる環境を整えておくと、生徒の理解度や習熟度が高まります。

対面授業とオンライン授業の異なる点


対面授業とオンライン授業の異なる点


対面授業とオンライン授業の違いを把握しておくと、オンライン授業を進めるときにも役立ちます。

対面授業とオンライン授業の主な違いは以下の3つです。

  • 生徒が理解しているか確認しにくい
  • 生徒自身が言葉で伝えるシーンが増える
  • 生徒の集中力を保つのが大変


どれも対面ではあまりみられない場面ですが、この違いをはっきりと理解した上でオンライン指導をすると、
生徒さんから褒められること間違いなしです。

生徒が理解しているか確認しにくい


オンライン授業は対面授業と違い、生徒が理解しているか確認しにくいです。

対面授業であれば、

  • 生徒が問題を解くスピード
  • 生徒の表情やちょっとしたしぐさ


などを目の前で確認できるので、生徒の理解度をリアルタイムで確認しながら授業を進められます。

それに対してオンライン授業では生徒と物理的な距離があるので、生徒から得られる情報量が対面授業よりも少なくなってしまいます。
また複数の画面の生徒を平面に映しているわけですから、少しの変化にも気づきづらくなります。

オンライン授業でも生徒の様子を確認しながら授業を行うには、

  • 「オンライン授業では生徒の様子を察しにくい」と講師側が認識しておく
  • 講師だけが情報の発信者にならない


のが重要です。

特に講師もオンライン授業に慣れていない場合、講師が授業内容を伝えることに集中してしまいがちなのでご注意ください。

生徒自身が言葉で伝えるシーンが増える


オンライン授業では生徒自身が自分の言葉で話すシーンが増えます。

オンライン授業で生徒の理解度や習熟度の確認をしようとすると、どうしても生徒に今の理解度や疑問点を教えてもらう必要があるからです。

コミュニケーションに慣れていない生徒の場合、自分の言葉で話そうとするときに時間がかかってしまう可能性があります。

  • 余裕を持った授業計画を立てる
  • 生徒が委縮しないように柔らかいコミュニケーションを心掛ける


上記2点を意識しておくと、生徒からの発言もいかしたオンライン授業をしやすいです。

生徒の集中力を保つのが大変


対面授業と違いオンライン授業は画面越しで行うので、生徒が集中しにくい可能性があります。

  • 生徒がオンライン授業に慣れていない
  • 発達障害や年齢など生徒側に何らかの集中しにくい要因がある


上記ケースでは、特に生徒の集中力維持に気を配っておきましょう。

  • 休憩をこまめに入れる
  • 双方向のオンライン授業を目指す


この2点を意識すると、生徒の集中力やモチベーションを維持しやすいです。

どんな授業を目指すべき?


新芽

よく誤解されるのですが、オンライン授業が目指すのは対面授業と同じ授業ではありません。

これまで紹介したように、オンライン授業と対面授業には様々な違いがあります。

オンライン授業で対面授業と同じ授業を目指そうとすると、結局のところ対面授業の劣化版になってしまいがちです。

  • 音声・映像のみでなくチャットやテキスト共有を活用した復習しやすい授業
  • 生徒の理解度や授業計画を講師・生徒で共有しやすい授業


上記のように、オンライン授業の強みをいかした授業を目指すことで、対面授業にはない魅力を持った授業を行うことが可能です。

例えば授業前に生徒と授業内容をテキストで共有しておけば、授業時間は問題演習に多く時間を使えます。

生徒側にもテキストデータが残っているので、授業後に学んだ内容の整理や習熟度の確認もしやすくなります。

オンライン授業で生徒が飽きないコツ


黒板の公式をチョークで差す人

オンライン授業では生徒が飽きないように工夫をする必要があります。

生徒が飽きないようにするコツは以下の3つです。

  • 扱う内容を細かく区切る
  • 適度に休憩を入れる
  • 生徒にも発言させる


オンライン授業でひとつの内容を長時間取り扱うと、ダラダラと間延びした授業になりがちです。細かくやるべき内容を区切ると、生徒も集中しやすくなります。

細かく内容を区切っておくと、ブレイクタイムも取りやすくなるのでメリハリを持った授業が可能です。他には講師側が解説をするのみの授業ではなく、生徒側にも発言させるスタイルの授業にすると生徒も集中しやすくなります。

  • 生徒に学んだ内容の要点を説明してもらう
  • 問題演習では、なぜその解き方をしたか生徒に解説させる


上記のように生徒が発言しやすい授業を行っていきましょう。

関連記事:【決定版】オンライン家庭教師のやり方と失敗しない会社選びとは

オンライン授業の経験を活かすなら、マナリンクがオススメ!


マナリンクのロゴ

場所を選ばずに授業を受けられるオンライン授業の需要は高まりつつあります。

オンライン授業の需要が高まる一方で、オンライン授業に対して苦手意識を持っている講師や教師は多いです。
コツを掴めば、今までよりも仕事の幅を広げることも可能です。

オンライン授業の経験を活かす仕事には、いくつかありますが中でもオンライン家庭教師はスキマ時間で効率よく働けます。

オンライン家庭教師は対面式の家庭教師と違って、全国各地から生徒を探せるので収入も安定しやすいです。まず仕事を探すには、オンライン家庭教師の紹介会社に登録するのが一般的です。

オンライン家庭教師の登録会社は複数ありますが、オンライン家庭教師マナリンクは以下の点でおすすめです。

  • 授業料金の設定は家庭教師ご自身で可能
  • 独自のチャットシステムにより、保護者や生徒と直接連絡が取れる
  • オンライン家庭教師マナリンクに支払う手数料は授業料の30%のみ


オンライン家庭教師の登録会社の中には、授業料の設定を家庭教師自身で出来ない場合もあります。それに対してオンライン家庭教師マナリンクでは、家庭教師自身で授業料やコースを設定できるので自由度が高いです。

自由度の高さと支払い手数料の低さがオンライン家庭教師マナリンクの魅力です。オンライン授業の経験を活かしたい方は、オンライン家庭教師マナリンクへの登録をご検討ください。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

まとめ

オンライン授業のコツを掴むためには、対面授業とオンライン授業の違いを認識しておくのが重要です。
本記事で紹介したオンライン授業と対面授業の違いは以下の3つ。

  • 生徒が理解しているか確認しにくい
  • 生徒自身が言葉で伝えるシーンが増える
  • 生徒の集中力を保つのが大変


オンライン授業と対面授業の違いを理解し、オンライン授業の強みをいかした授業を行うことが出来れば、生徒の授業に対する満足度も上がります。

オンライン授業のコツを掴んだ方は、そのスキルをいかしてオンライン家庭教師の仕事を始めてみるのもおすすめです。

オンライン家庭教師であれば、場所を選ばずにスキマ時間で効率よく働けます。オンライン家庭教師の登録会社にはいくつかありますが、中でもオンライン家庭教師マナリンクは自由度の高さと支払い手数料の低さが魅力です。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら