マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

【タブレット導入で差別化】ICT教育で学校教育はどう変わるのか

2021/7/1
【タブレット導入で差別化】ICT教育で学校教育はどう変わるのか

はじめに

ICT教育において、オンラインで授業を受けることができることによって多くのメリットが生じます。通学時間を短縮することができるばかりでなく、情報通信技術について学ぶことを「日本政府も後押し」していて、この技術の習得には、タブレットを導入することで、更に、有意義な授業を受けることができるようになります。

小中学と、低学年層にも学べる環境が整っていて、オンラインで検索したり、グラフや表を参考にしながら授業を受けることが可能となり今、注目されています。また、ICT環境の実現として文部科学省でもタブレットの導入を勧めていて、学びにおける時間も合理的になり、様々な面で有意義な学習が可能となります。

文部科学省がタブレット導入を推進

文部科学省においても、タブレットの導入を勧めていて、今後は多くの学校でICT教育が導入が予定されています。

平成の時代はパソコンやタブレットは学校にあったらいいなという教材で
したけれども、いよいよ令和の時代はですね、なくてはならない教材として、しっかり
ICT環境の実現を図ってまいりたいと思います。

引用元:10月10日 衆議院予算委員会 萩生田文部科学大臣答弁−文部科学省

また、世の中のデジタル化にも標準を合わせることができ、よりスムーズな授業を展開することができます。「ICT環境整備の充実」を図るために日本政府も支援に乗り出しています。また民間企業からの支援などもあり指導体制を改善しています。

学校教育でのタブレット利用の効果


学校教育においてタブレットを導入することで、小中の学年層がデジタル機器を応用して学習をすすめることができ、低学年の頃から、デジタル機器を使用した授業を展開することが可能です。また、視覚に直接影響するような学習を行うことが可能となり、今後は更に有意義な学習ができるようになるなど様々なメリットが期待されます。

一般の学習においては、AIドリルなど先端技術を活用したガイドラインなどもあります。日常で、システムを活用できる体制を整えるとともに、教育アドバイザーなどがワークショップ等を開催して更なる環境整備が進められています。

最新の教材への更新をしやすい

ICT学習を導入するその他のメリットとしても、新たなデジタル教材をその場でダウンロードして、「教材を何度もダウンロード」して最新の状態を保つことができるのも大きな魅力です。デジタル教材の今後を見据えて、より経済的であるという利点もあります。

授業時間のロスを削減

ICT教育にデジタル機器を導入することで、更新や新たなアプリケーションを追加していくことができます。そのため、授業中のプリント配布や回収時間を削減することができ、授業における指導時間をより多くできます。授業の質を向上させることで、生徒全体の学力向上を目指すことが可能となります。

情報共有が簡単にできる

情報共有が簡単にできるので、授業における問題や回答の提出から採点まで、非常にスムーズに授業をすすめることが可能となります。情報共有をデジタル上で即座に行うことができ、「採点を行ないその場でアドバイス」や改善点を指摘することができるようになり、より合理的で時間ロスの少ない授業を行うことができるようになります。
クラウドを活用することを前提によりシステムを使いやすいように改善することが可能です。クラウドサービス事業者が管理し、また十分なスペックの端末を生徒に配給することができれば、非常に画期的で魅力のある学習が可能になります。

生徒がICT機器に慣れる

もう一つのメリットとしても、生徒がより積極的にデジタル機器に触れることができるようになることでデジタルに標準を合わせた授業を展開することができ、手や目がデジタルに慣れるばかりでなくシステムや、利用の仕方なども学ぶことができるようになるのは、低学年や中学年の生徒にとっても非常に有意義な時間を提供することができます。将来的に社会に出た時にデジタル機器の取り扱いにもなれて社会適応性を身につけることが可能です。

アクティブラーニングが可能

アクティブラーニングを可能にすることによって、より生徒が自ら学ぶ姿勢を鍛えられます。受動的な授業から生徒による積極的な授業参加が可能となります。

校務負担の軽減

タブレットを導入することで、教材費からその他の文房具なども必要最低限で授業を完結化できるようになります。今まで紙媒体でファイリングを行い管理をしていたものが、インターネット上で管理することによってまとめやすくなるだけでなく情報を引き出しやすくなることも大きな魅力です。校務が軽減することで生徒にかけられる時間を多く捻出できるようになります。

タブレット導入の課題


タブレットを導入する際の課題として、学習がスムーズに進む設備を整えることが重要です。

セキュリティ

アクティブ・ラーニングの利用者はセキュリティ面でのケアも必要です。校内のシステムを誰しもが安全に利用することができるように対策しておかなければ、情報流出の危険があります。常に生徒が安全に通信環境の中で学び、保護者も安心してお子様を通わせられるようにセキュリティ対策は徹底しなければいけません。

生徒の情報モラル

インターネットを生徒が健全かつ安全に利用するためには、導入前に学校が生徒とのICT機器利用の規約について十分に考慮しておく必要があります。また導入後も定期的に生徒のICT機器の使い方を確認し、トラブルが起こっていないか様子を見ることも必要となります。

教師側の活用スキル

生徒だけでなく管理者や教員も、システムの利用や管理について学ぶ必要があります。そのため学校などの教育施設ならば通信機器に精通したアシスタントを常駐させるなどして、安定したICT教育が可能となる対策を検討する必要が出てくる可能性もあります。

ネット環境の整備

ネット環境の整備も十分に行う必要があります。ネット環境は、タブレットを導入する場合一般のLAN回線でなく、WI-FI回線が必要となります。安定した通信回線を保つためにはネット環境を十分に活かせるような通信管理を行う必要があります。

タブレット導入に付随する費用

タブレットの費用は、機種にもよりますが、1台あたり3万円あたりが相場です。大手メーカーのタブレットとなると値段はきりがないので、学習がスムーズに行えるスペックを考慮した場合には、3〜4万円は安くても見積もる必要があります。仮に34人の生徒へのタブレットの配給を考えた場合には、人数分かけるタブレットの値段で割り出すか、または、ローテーションでタブレットを使用することも可能な指導方法の場合、各クラスごとに5台〜10台を予算に考えると良いでしょう。

保護者からはICT教育は高く評価されている

ICT教育導入当初は、反対する保護者が多かったが、自宅でタブレットやクラウドを用いて積極的に学習に取り組むようになった子供の姿を見て、現在では以下のように保護者からも支持が増えているといいます。

「学力向上に効果的」と思う者が93%、「学力意欲向上に効果的」と思う者が98パーセントに上るなど、今ではほとんどの保護者がICT教育を高く評価している。

引用元:クラウドで教育をより良くICT教育ガイドブック–総務省

タブレット利用時の注意点と対策

タブレットを利用する際には、まずは十分に充電できるような環境も求められます。そのため、充電用のコンセントの増設、また、できるだけ電力配給も十分な環境が求められます。また常に最新のコンディションを保つために常時アップデートをするなど、上記でのべたセキュリティ以外の面でタブレットの整備も重要なポイントです。

学校でのタブレットの導入率は?

学校のタブレットの導入率は公立でも10ー20%程度です。今までにコンピュータ学習教室などを設けている公立の学校は全国で50%以上ですが、ICTタブレットの導入はまだまだこれからの学校が多いのが実情です。
出典元:主なICT端末(スマートフォン、タブレット等)の利用率−総務省

しかし、都内の大学や、市立の高校などでは、すでにタブレット学習を導入しているところもあります。またテクニカルな授業を行っている専門学校などでもすでに導入しているところもあり、より複雑なスキルの取得や授業などには非常に有意義な設備として認知されています。

タブレット導入で他学校との差別化をはかろう


タブレットを導入することで、より効果的な授業を行うことができるほか、時間や教材費の節約など多くのメリットがあります。今後導入を検討している学校などの教育施設においても差別化を図ることができ、効率的で技術的な授業の実現が可能となります。

タブレットを活用した指導方法とは

オンライン学習は多くの専門学校等が「オンライン学習が可能なような設備」を整えていて、特に資格取得のための学習なども自宅で行うことができるようになりました。

そのため、オンラインで常に、快適に学ぶことが可能で、タブレットの導入も同じくオンラインで学ぶような指導をします。また同時に教員も、タブレットを使用した授業を進行することができるように図る必要があり、オンラインで生徒が同時に同じことを学ぶことができるようにする必要があります。

黒板への画像や動画の投影

黒板での画像や動画の紹介は、プロジェクターを使用すると、よりわかりやすく提示することができます。大手企業などの会議などではすでに導入されていますが、今後はタブレットの導入に伴い、同時にプロジェクターの利用が教育業界でも需要が高まることも予想されます。その他には、黒板の代わりに、大きな液晶モニターなどを活用しているセミナーなどもあります。導入費用はかかりますが、より鮮明な映像を生徒に提示できるというメリットがあります。

発表資料の作成・プレゼンテーション

ICT機器を用いれば、生徒自身が資料作成からプレゼンテーションまでできます。発表資料のプレゼンテーションにおいても、液晶モニタや、プロジェクターが適しています。大きさを比べればプロジェクターのほうが扱い安く、大人数に発表することが可能ですが、外部講師が遠隔で授業に出演することも可能です。

進路指導

進路指導からその他の特別授業などにも活用することができるICTの目的は、学びにおいてさらなる時間の短縮や合理化を考えたものになります。そのため、今よりも内容の濃い学習が可能になるばかりでなく進路指導においても、システムを大いに活用することで各生徒により的確な進路指導ができるようになります。

オンライン授業になっても教材や課題を共有できる

オンライン授業においても教材や課題を共有することができ、遠隔授業に切り替わったとしてもスムーズに授業をすすめることが可能となります。そのため、状況の変化による学習進度への影響も少なく、安定した授業進行を期待できます。

まとめ

ICT等、タブレットを学習の場に設けることで、多くのメリットがあり、更に有意義な学習が可能となります。そのためにはインフラやサーバー、データ管理などの必要性があり、専門の管理者が必要となりますが、それ以上に様々な面でのメリットがあり、公共の学習の場だけでなく、専門学校や、塾などでの導入も進んでいます。