マナリンクTeachers
  • TOP
  • 先生マメ知識
  • 私立なら副業できる?教師のノウハウを生かせるオススメの仕事は?
先生マメ知識

私立なら副業できる?教師のノウハウを生かせるオススメの仕事は?

2021年6月17日
私立なら副業できる?教師のノウハウを生かせるオススメの仕事は?

私立の学校であれば副業は可能?


私立の学校は、それぞれ就業規則が違うため、教師の副業が許されているケースもあれば、禁止されているケースもあります。
そのため、まずは通っている私立の学校で教師の副業が許可されているか確認しておきましょう。
もしも、教師の副業が禁止されている場合は、他の場所で働いていることがバレてしまうと、就業規則に違反するため処罰を受けるリスクが高まります。
最悪の場合、「解雇」につながる可能性があることを覚悟しないといけません。

どんな副業がオススメ?


どんな副業がオススメ?

私立の教師が経験を生かして副業をするのであれば、以下の3つがおすすめです。

ライター


未経験の私立教師でも始めやすい副業の中に「ライター」という仕事があります。
テーマに沿って文章を書いていく仕事なので、日頃から文章作成に慣れている教師にとって挑戦しやすい副業です。
ライターの募集の中には、私立の教師が書きやすい「教育」や「資格試験」などのテーマもあります。
最初の頃は、自分が書けそうなテーマに絞って応募するのがおすすめです。
ライターの仕事に慣れてきたら、徐々に書けるテーマを増やし、仕事の幅を広げていきましょう。
また、ライターの仕事は、「単発」と「継続」の2種類があります。
本業が忙しくて副業をする時間が少ない時には、短期で仕事を終えられる単発の仕事を選んだり、本業が暇で作業時間が多く取れそうな時期は継続の仕事を選んだり、その時の状況によって上手く案件を使い分けましょう。

オンライン家庭教師


私立の教師が、ノウハウを生かして働きやすい副業といえば、やはり「オンライン家庭教師」です。
生徒へ指導する場所が、私立の学校から自宅へ変わっただけなので、これまでの経験を存分に発揮できます。
オンライン家庭教師なら、私立学校のように突発的な雑務が発生したり、複雑な人間関係のトラブルに悩まされることもありません。
勉強を教えることだけに集中できるので、教師の本来の仕事を楽しめます。
また、学校以外で色々なタイプの生徒たちに出会うことで、教師の経験値も上がります。
どんなタイプの生徒でも上手く指導できるようになれば、それは最終的に本業である私立学校の仕事にとっても良いことです。
オンライン家庭教師の副業は、「教師としての腕を磨く良い経験」になります。
関連記事:【決定版】オンライン家庭教師のやり方と失敗しない会社選びとは

事務


私立の教師は、文章の作成能力が高い人が多く、「事務」の副業にも向いています。
「Word」や「EXCEL」を使った資料作成が得意な人であれば、抵抗なく取り組めるでしょう。
「報告書」「会議資料」「請求書の発行」など、様々な文章作成スキルが求められますが、事務の副業で培ったスキルは本業でも生かせます。
事務は一度身につければ、「一生もの」のスキルです。
将来、教師以外の仕事をすることになった時にも役立つので、挑戦してみる価値があります。

副業で高収入を目指すなら指導の経験が役に立つ?


りんごと本

副業で高収入を目指す場合、私立教師の経験は非常に役立ちます。副業の世界では、「即戦力」を求めることが多く、「未経験」よりも「経験者」の方が優遇されやすい傾向があります。

更に、単価が低い副業が多い中で、オンライン家庭教師のような教育系の副業は「時給が高い」のが特徴。単価が安いライターの仕事を例にすると、4000文字×0.3円=1記事1,200円にしかなりません。1記事1,200円と聞くと、「悪くないじゃん!」と思う人もいるかもしれません。

しかし、ライターの仕事は、それほど甘くありません。
4,000文字を書くためには、テーマに対するリサーチが必要になるため、1時間で仕上げることは不可能です。4,000文字の記事を1本書くのにかかる時間は、個人差はありますが2時間~4時間程度。
つまり、1記事1,200円のライターの仕事は、時給にすると300~600円ということになります。

ライターで高収入を稼ぐためには、「相応の時間」が必要。そのため、本業を持つ私立の教師にとって、ライターで高収入を目指すことは意外にハードルが高く難しいものです。

一方、オンライン家庭教師の時給は平均的に2,000円程度。本業を抱えながら、プライベートのわずかな時間を生かして副業をするなら、断然オンライン教師の方が高収入を期待できます。

副業する際に気を付けなければいけない点

費用を計算中
私立の教師の場合、副業の収入が20万円を超えるようになると「確定申告」が必要になります。また、副業の収入が20万円以下だと確定申告は不要になりますが、自治体へ「住民税」の申告が別途必要です。

そして、確定申告や住民税の申告をする時に注意をしたいのが、私立の学校に教師の副業がバレてしまう可能性があるという点です。
確定申告や住民税の申告を行うと、本業の収入と合算されて「住民税」が決定するため、住民税が副業の分だけ高くなります。
一般的に住民税は給与から天引きされることが多いので、毎月引かれる住民税の天引き額が本業にかかる住民税の額より高いと、学校に副業のことがバレてしまうのです。

そのため、住民税から副業がバレないようにしたい場合は、副業の確定申告をする時に、税金の徴収方法を、給与から天引きされる「特別徴収」ではなく、自分で納税通知書を使って支払う「普通徴収」にしておくことをおすすめします。

教師としての経験を活かすならオンライン家庭教師がオススメ!


チョークを持ちながら授業をする先生

私立教師の経験を生かして副業をするなら、オンライン家庭教師の中でも「マナリンク」がおすすめです。
マナリンクがおすすめな理由は、「料金」を自分で自由に設定できる点。
会社が一方的にレッスン料金を決める場合、講師にとっては納得できない報酬額になることもありますよね。

しかし、マナリンクなら、自分で望んだ料金で仕事ができるため、報酬に対する不満が少なくなります。

また、一般的な家庭教師では、授業報酬から60%程度の手数料が引かれますが、マナリンクの場合は30%と手数料が安く済むのも魅力。
せっかく生徒が沢山ついても、手数料として天引きされる金額が多ければ、働き損になってしまいます。

オンライン家庭教師を選ぶ時には、手数料がどのくらいかかるのかチェックしておくことが重要です。
オンライン家庭教師に挑戦しようか迷っている人は、まずは下記のリンクからマナリンクについてチェックしてみましょう。

オンライン家庭教師マナリンクへの登録はこちら

まとめ


私立の教師が副業できるかどうかは、学校の就業規則によって決まります。副業の確定申告をすると「住民税」が上がり、副業が学校にバレてしまう可能性があるので注意が必要です。

住民税が上がったことを悟られないようにするためには、副業の確定申告をする時に「普通徴収」を選択しておきましょう。また、教師としての経験があると、オンライン家庭教師のような時給単価の高い副業に恵まれます。

オンライン家庭教師であれば、短時間でも副業で高収入を望めるため、興味がある人は是非挑戦してみましょう。