マナリンクTeachers
  • TOP
  • 先生マメ知識
  • 教師以外の教える仕事5つを紹介【教師から多職種に転職する際の注意点も解説】
先生マメ知識

教師以外の教える仕事5つを紹介【教師から多職種に転職する際の注意点も解説】

2021年6月17日
教師以外の教える仕事5つを紹介【教師から多職種に転職する際の注意点も解説】

教師以外で教える仕事はどんなものがある?


教える仕事というと教師を真っ先にイメージしてしまいがちですが、教師以外にも教える仕事はたくさんあります。
教師以外で教える仕事の具体例は以下の通り。

  • 学習塾
  • 予備校講師
  • 家庭教師
  • 語学学校講師
  • 学童保育教員
  • 児童館職員


それぞれ詳しく解説していきますね。

学習塾・予備校講師

学習塾や予備校の講師も教師同様に生徒に対して勉強を教える仕事です。学習塾や予備校の種類によって、生徒の学年や一度に教える生徒の人数も選べます。教員資格やこれまでの教師のスキルを活かしたいと考えている方に向いています。

学習塾や予備校の正社員となり、講師だけではなく教室長の立場を任される可能性があります。教室長になった場合、生徒の集客業務や教室の運営業務など教える以外の業務も増える点は注意しておきましょう。

家庭教師

家庭教師も学習塾や予備校の講師同様に、生徒に勉強を教える仕事です。学習塾や予備校の講師と違うのは家庭教師の場合、1対1もしくは1対少人数の形式で授業を行うのが一般的です。

ご自身で営業活動をして生徒を探す他に、家庭教師の登録会社に登録して生徒を紹介してもらう方法もあります。インターネットの普及や通信技術の発達により、近年ではオンライン家庭教師の需要も高まっています。

オンライン家庭教師の場合、インターネットを使って授業を行うので全国各地から生徒を探せるのがメリットです。

オンライン家庭教師の働き方についてはこちらの記事で解説しています!
【決定版】オンライン家庭教師のやり方と失敗しない会社選びとは

語学学校講師

語学学校の講師として日本語もしくは外国語の指導を行う仕事もあります。語学学校によって生徒の年齢や属性が異なるので、様々な環境で働きたい方にぴったりです。

小学校で英語の授業が本格的にスタートした背景もあり、幼児や小学生向けの英語教室の需要は上がってきています。英語塾の教師として雇ってもらう他にも、ご自身の自宅等で英語教室を開校することも可能なので働き方の自由度が高いです。

学童保育教員

学童保育教員は、学童で子供を見守る先生です。勉強を教えるだけではなく、学童に通う子供たちを監督するのが役目です。

教える仕事に転職する際に持っておくといい資格は?


教師以外の教える仕事をする場合でも、資格があった方が有利に働く場合があります。教える仕事に就くのに役立つのは以下の通り。それぞれ解説していきますね。

  • 保育士免許
  • 幼稚園教諭免許状
  • 教員免許


もちろん、教える科目や内容に関する専門的な資格もあった方が就職に有利に働くでしょう。教えたい科目や内容がハッキリしている場合には、関連する資格を取っておくと就職や転職がスムーズに進むかもしれません。

保育士免許

未就学児や未就園児と触れ合う職場で働く場合、保育士免許を持っていると就職に有利に働く可能性が高いです。

  • 幼児教室
  • 幼児向けの英語教室


などで働きたいと思っている場合には、保育士免許の取得を検討しても良いかもしれません。

幼稚園教諭免許状

幼稚園教諭免許状も保育士免許同様に、子供と触れ合う仕事に就く際に重宝されます。ご自身で幼児教室や幼児向けの英語教室を開くときにも、資格があった方が生徒を集めやすいでしょう。

教員免許

教える仕事に就く場合、教員免許があった方が有利に働きます。

  • 学習塾や予備校講師
  • 家庭教師


上記の職業は教員免許がなくても働けますが、教員免許がある場合、教える知識を持つ人・即戦力として扱ってもらえます。学校の先生になりたい方以外でも、教育分野の仕事に就きたい方は教員免許の取得を考えたおいた方が良いでしょう。

他業種に転職する場合に注意する点

立ち入り禁止テープ
教師から別の職種へ転職する際にはいくつか注意すべきことがあります。

  • 教師が転職市場では評価されにくいことを知っておく
  • 転職したい理由をはっきりさせておく
  • 転職エージェントを活用して効率よく転職活動を行う

それぞれ解説していきますね。

教師が転職市場では評価されにくいことを知っておく

教師の仕事から多職種に転職したい方は、教師の仕事が転職市場では評価されにくいことを知っておきましょう。

  • ビジネスに関する意識が低い
  • ITスキルが低い
  • 転職先で即戦力にならない


教師が転職市場で評価されない理由は、上記のようにいくつかあります。ご自身の評価と転職市場での評価に大きなずれがある場合には、転職活動が成功しにくいのでご注意ください。

転職したい理由をはっきりさせておく


転職したい理由をはっきりさせておきましょう。教師から多職種に転職したい方の多くは「教員の仕事が忙しいから転職したい」と考えているかと思います。教師の仕事から逃げる以外の転職理由を持っておくと、応募する企業や業界の志望理由を面接などでも説明しやすくなります。

転職エージェントを活用して効率よく転職活動を行う

教師の仕事をしながら、多職種に転職を考えている方は転職エージェントを活用して効率よく転職活動を行いましょう。教師の仕事は授業以外にもやるべきことが多くあり、転職活動に割ける時間がそもそもない場合も考えられます。

転職エージェントを活用すれば、担当エージェントが企業への応募や面接日程の調整などを行ってくれるので、転職活動の負担を減らすことが可能です。

自由な働き方を目指すならオンライン家庭教師がオススメ!

りんごと本
「教師のように拘束時間が長い仕事は嫌だ」
「教える仕事でワークライフバランスが充実する仕事はないのだろうか」

上記のように、考えている方におすすめしたいのがオンライン家庭教師です。オンライン家庭教師はインターネットを使って、生徒に勉強を教えます。

インターネットを利用するので、生徒の自宅に訪問する必要がなく自宅や好きな場所で仕事をすることが可能です。

  • 全国各地から生徒を探せるので収入が安定しやすい
  • 生徒の自宅に通う必要がないので時間を有効に使える


従来の対面式の家庭教師と比較して、オンライン家庭教師が優れている点は上の2点。教える仕事はしたい、でも教師のようにプライベートの時間が減ってしまう仕事は嫌だと考えている方にオンライン家庭教師は向いています。

オンライン家庭教師はスキマ時間で働くことも出来るので、別の仕事をしながらオンライン家庭教師の仕事をすることも可能です。オンライン家庭教師の登録会社にはいくつかありますが、中でもオンライン家庭教師マナリンクは以下の点が魅力的です。

  • 授業コースや授業料は教師自身が自由に設定可能
  • 独自の質問機能で保護者や生徒と直接やり取り可能
  • 支払い手数料は授業料の30%のみ


オンライン家庭教師マナリンクは、授業の内容や料金の自由度が高く支払い手数料が低く、家庭教師の個性や得意分野をいかせるシステムとなっています。

「教える仕事がしたい」「自由な働き方がしたい」と考えている方は、オンライン家庭教師マナリンクへの登録を考えてみてはいかがでしょうか。
オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

まとめ

教える仕事というと教師を真っ先にイメージする方が多いかもしれませんが、教師以外にも教える仕事は様々な種類があります。
本記事で紹介した教師以外の教える仕事は以下の5つ。

  • 学習塾、予備校講師
  • 家庭教師
  • 語学学校講師
  • 学童保育教員
  • 児童館職員


転職を考えている教師の方も、上記のように教える仕事であればこれまでのスキルや経験をいかせそうですね。

「教える仕事は続けたい。でも自由な働き方をしたい」

こんな風に考える方には、オンライン家庭教師が向いています。
オンライン家庭教師であれば、生徒の自宅に通わずにインターネットを使って授業が出来るので場所を選ばずに働けます。オンライン家庭教師になるなら、手数料が低く授業の自由度が高いオンライン家庭教師マナリンクがおすすめです。
オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら