マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

【女性の多い職場は大変?】人間関係を気にせずに仕事に専念できる方法とは?

2021/8/17
【女性の多い職場は大変?】人間関係を気にせずに仕事に専念できる方法とは?

はじめに

女性の多い職場にいると、実際の業務内容の他に気を遣う事柄が多くストレスを感じてしまいがちです。女性ならではの悩みやストレス込みで日々仕事に集中しなければなりません。そんな女性の多い職場での人間関係にお悩みの方、人間関係に不安のある方に職場での付き合い方や対処法をご紹介します。

女性の多い職場のイメージ


「女性の多い職場」と聞くとプラスにもマイナスにも、様々なイメージがあると思いますが、実際の空気感や雰囲気等はどう違うのでしょうか?

  • 暗黙のルールが出来上がりやすい

女性が多いとどうしても暗黙のルールができやすい傾向にあります。「新入りが給湯室の掃除をする・全員のカップを洗う」「特定の誰かがお茶出しをする」ようなものから、特定のグループができやすく独自のルールが出来上がってるケースも多く見られます。

暗黙のルールは誰かが教えてくれることも少なく、自身で何となく空気を読んだり注意深く観察する必要があるので気疲れを起こしやすい原因のひとつでもあります。

  • 噂話が広がりやすい

女性同士だと噂が広がるのが速いです。女性同士は深くプライベートの話をすることが多く、特に親しい友達にだけ伝えたつもりでも瞬く間に部署内に広まっていた体験をした方も多いでしょう。女性が多いとゴシップ好きの人の割合も多くなってしまい、重大な話でも話のネタにされてしまいがちです。

  • 仕事以外での付き合いがある

ランチや飲み会をはじめ、小旅行や家族ぐるみのバーベキュー等、世話好きな人や社交的な人が多いと行きたくないイベントにも声をかけられてしまいます。女性が多いと集団の同調圧力がかかりやすく、断ったら陰口を言われてしまうかも?と不安になってずるずると参加してしまうことも多くなりがちです。お金がかかる付き合いも多いので、交際費が負担になってしまうことも悩みのタネです。

  • 服装や持ち物へのチェックがある

女性の中には他人の持ち物に興味津々で常にチェックしている人もいます。「バッグ変えた?」「そのリップどこのブランド?」「コートいくらしたの?」等ずけずけと聞かれて嫌な思いをすることもあるでしょう。同僚同士で距離感が違うと付き合いが苦痛に感じ、日々の会話すらストレスになることもあります。

  • プライベートを聞かれる

「彼氏できた?」「子ども作らないの?」等ハラスメントになりうる話題でも、女性同士ではなあなあになってしまいがちです。女性同士でも聞かれたくないことを話さざるを得ない空気になってしまい、翌日噂が広がっているということにも繋がってしまいかねません。
上手くかわすのにも頭を使ううえ、しつこく聞かれて結局流されてしまうこともあり自己嫌悪することも少なくありません。

女性の人間関係が難しい理由


日本労働研究雑誌において、文化や個人差があれど女性は男性よりも性別的な気質として社会への志向性が高いと記されています。また、男性に比べ女性は他者ありきの自己形成をしやすく、他者を通した自己に対して敏感でもあります。

文化による差や個人差は大きいものの,女性は男性に比べて他者や社会への志向性が高いという点で一貫している。この男女差は,自己概念における男女差の知見とも一致しており,多くの研究で女性の方が男性より「他者と共にある自己」という相互依存的・関係
的な自己概念をもつことが指摘されている(e.g., Cross & Madson 1997; Kashima et al. 1995)。

引用元:選好や行動の男女差はどのように生じるか(日本労働研究雑誌)

人間関係に何する悩みがある人の割合


引用元:仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスの有無及び内容別労働者割合(厚生労働省)

平成19年度厚生労働省の調査によると、労働においてストレスを感じていると回答した男性59.2%女性56.3%のうち、人間関係に強いストレスがあると回答したのはおよそ30.4%だったのに対し女性は50.5%という結果でした。上記のグラフを見てもわかる通り、仕事でストレスを抱えている女性の半数が人間関係で悩んでいることになります。やはり、女性は人間関係で悩みやすいということよくわかる結果です。

職場の人間関係が仕事に与える影響

では、職場の人間関係が仕事に与える影響とはどのようなものになるのでしょうか?

  • 離職率の増加


女性正規職員のうち、早期退職した人の退職理由の実に二割が「人間関係」になっています。これは「給与に不満がある」「労働時間が長い・休暇が少ない」「会社の経営方針や未来に不安がある」に次いだ割合で、多くの人が人間関係を理由に辞めていることがわかります。人間関係を理由に退職した男性は13.8%のため、女性の方が人間関係で退職するほどの強いストレスを感じている結果になりました。
出典元:仕事をやめた者の退職理由(厚生労働省)

  • 生産性の低下

人間関係が仕事の生産性の低下を招くことがホーソン実験で示されています。ホーソン実験とはアメリカのホーソン工場という場所で行われた有名な実験です。ホーソン実験では主に4つの実験が行われ、全ての実験の「労働条件・外的要因(照明など)は生産性に影響しないが、人間関係や労働者の感情によって生産性は低下する」という結果が出ました。
参照元:ホーソン実験とは?わかりやすく解説|ピグマリオン効果との違いや実務での活用法について/あしたの人事

一見、賃金や労働事件などの労働条件を改善することによって生産性が向上すると思ってしまうものですが、このホーソン実験では「休憩時間を設けたら一定の生産性の工場は見られたが、元に戻しても作業能率が向上した」との結果が出ています。

また、社員に対するインタビューの結果、会社に対する社員のエンゲージメントは外的要因ではなく個人の好みから来ているものだということもわかりました。エンゲージメントが個人の好みに左右されるということは、人間関係の如何によってエンゲージメントが決まるとも考えられます。エンゲージメントが下がると生産性が低下する、と言われると納得できる実験です。

人間関係を良好に保つ方法

人間関係を良好に保つためには工夫が必要になってきます。本来であれば余計な気を遣わずに気持ちよく仕事だけしたいものですが、女性が多い職場だとなかなか思うようにいかないことも多いです。すぐに転職できる環境ではない場合、以下を試してみましょう。

  • 悪口や噂話には参加せずに受け流す

悪口や噂話を言っている現場に遭遇したら、自然に受け流し参加しないようにしましょう。仮に悪口や噂を肯定していなかったとしても、相槌を打ったりその場に参加しているだけで「〇〇さんも同じこと言ってたよ」とあたかも自分まで加担していたかのように扱われることもあります。

後でトラブルになった際、言った言わないで争いになったり、ハラスメント扱いされグループで一括りにされ処罰される可能性も否定できません。受け流すのは技術も必要ですが、受け流しているうちに誘われなくなったりするので、自然なフェードアウトを目指していきましょう

  • 外見にも気を配る

女性が多い職場だとどうしても外見まで含めて人となりをジャッジされてしまうこともあります。身なりをきちんとしないと清潔感がないと思われるのはもちろんのこと、化粧が派手だと目立ってしまって目をつけられてしまいます。職場では目立ちすぎないナチュラルメイクを心がけ、他の人と同じ程度におしゃれすると良いでしょう。

職場にネイルしている人がいないのに自分だけネイルしたりすると目立ってしまいます。また、メイクしている人が多い職場では眉毛や頭髪を整え薄く化粧した方が無難です。

  • 職場ルールで行動する

職場のルールに従い行動しましょう。中には明文化されていない暗黙のルールも存在します。グループを注視して暗黙のルールがわかればいいですが、入社したばかりの頃や部署が変わった時などはどうしてもわからないことも多いです。

仲の良い先輩に相談するテイを取って聞き出すのも手のひとつでしょう。また、暗黙の了解以外にも職場のルールを破ってしまうと目立ってしまい、陰口にも繋がる可能性があるので、最低限の会社のルールは小さいものでも守るようにしましょう。

  • 仕事とプライベートを割り切る姿勢を貫く

プライベートを掘り下げることでコミュニケーションを取る人も多いですが、流されずに愛想よく受け流していくうちに「〇〇さんは秘密主義なんだな」と思ってくれます。徹底的にプライベートを持ち込まないことで自然と話を振られなくなり、他の話題にシフトしていってくれるので、嫌われないよう上手にかわしましょう。

転職を検討すべき人

職場のストレスに耐えられないけれど、果たして転職を考えるべきラインなのか思い悩むことも多いでしょう。馴染めるように努力していても、気疲れを起こしてしまい精神的に追い詰められては元も子もありません。転職によって現在の環境から抜け出し快適な生活を送れることも十分にありえるため、以下にあてはまる人は転職を考慮に入れてみましょう。

  • 職場の慣習が理解できない人

暗黙の了解や自然に出来上がった独特の慣習に納得できない場合は転職を検討した方が良いでしょう。職場によっては非合理的だったり特定の個人のみが得をするような慣習も存在し、問答無用で押し付けられることもあります。黙って呑み込めればそれでいいのですが、理解できないままだと徐々に苦痛になってしまいます。放っておいて解決する問題でもないため、自分から離れるのが得策です。

  • 人間関係によって仕事で本領発揮ができていない人

ホーソン実験によって人間関係が生産性に影響することがわかりました。人間関係を気にしてしまって仕事を進める手が止まってしまうのは非常にもったいないです。人間関係で悩んでいる方で、最近仕事の能率が悪くなったと感じている方は要注意でしょう。

本来はもっと良いパフォーマンスを発揮できるのなら、自分に合った環境で正当に能力を評価してもらえる場所に転職することをおすすめします。

  • キャリアアップを目指して働き続けたい人

積極的にキャリアアップをしたい人は、職場の人間関係に煩わされず仕事に集中できる環境に変えましょう。プライベートを掘り下げられたり余計な同僚付き合いがあると仕事に集中しづらくなってしまいます。転職そのものがキャリアアップになるケースも十分にあり得るため、どのような人がいる職場なのかまで含めて転職活動をしましょう。

人間関係を気にせず、キャリアアップを目指せる環境がある

オンライン家庭教師は職場の人間関係を気にすることなくキャリアアップを図れます。家庭教師の性質上、職場というものが存在せず基本はセルフプロデュースで仕事していけるので、仕事に集中したい方、職場での人付き合いが苦手な方や、転職準備期間がほしい方にもぴったりです。

オンライン家庭教師マナリンクで副収入源を形成し転職準備も


オンライン家庭教師マナリンクでは、煩わしい人間関係もなく授業に集中できます。時給3,000円以上で好きな時間に働けるため、転職のために資格の勉強をしたり、疲れたメンタルを休める期間にできます。カメラ付きのパソコンとインターネットの通信環境さえあればどこでもできるので、初期費用や準備期間を最小限に抑えられ、コスパが良いです。

また、好きな教科のみを教えることもでき、もし気に入ればマナリンク一本で生計を立てることも可能です(実際にマナリンクで生計を立てている先生がたくさんいます)!オンライン家庭教師マナリンクで自由な働き方を体験しませんか?