マナリンクTeachers
  • TOP
  • 先生マメ知識
  • スクールカウンセラーのやりがいとは?仕事内容や平均年収と共に解説
先生マメ知識

スクールカウンセラーのやりがいとは?仕事内容や平均年収と共に解説

2021年6月17日
スクールカウンセラーのやりがいとは?仕事内容や平均年収と共に解説

「スクールカウンセラーの仕事でやりがいを感じるのはどんなとき?」
「スクールカウンセラーの平均年収はいくら?」

本記事では上記のように考えてる方に向けて、スクールカウンセラーのやりがいや年収について解説していきます。

スクールカウンセラーとは、学校で生徒や保護者、教職員の心のケアをする仕事です。
スクールカウンセラーとは、子供たちの健やかな成長に関わることができるので、やりがいを感じられる仕事です。

年収に関しても、病院や企業勤めのカウンセラーと同程度もらえるので、責任感ややりがいに見合った収入を得られます。

本記事を読めば、スクールカウンセラーのやりがいがわかり、自分の経験や強みをいかせる働き方がわかります。

スクールカウンセラーとは?


スクールカウンセラーとは、学校で児童・生徒や保護者の心のケアを行う仕事です。

近年では、児童・生徒や保護者の心のケアだけでなく、教職員の心のケアに対応する機会も増えてきています。

子供達の心のケアをすることへの重要性が理解されてきたのを機に、近年スクールカウンセラーの需要は高まりつつあります。

平成28年時点で、スクールカウンセラーは2万5500校の公立小中学校に配置済みで全公立小中学校の約93%にスクールカウンセラーが在籍している計算です。

スクールカウンセラーの需要は高まっているので、今後も公立小中学校でスクールカウンセラーを配置する流れは続くでしょう。

スクールカウンセラーのやりがい


スクールカウンセラーは学校に通う子供たちやその保護者、教職員の心のケアをする仕事で、大変やりがいのある仕事です。

スクールカウンセラーのやりがいは大きく分けて以下の3つ。

  • 子供たちの成長に関われる
  • 相談を受けたときに「ありがとう」と言ってもらえる
  • 自分の積極的な行動が生徒や学校の役に立ったとき


それぞれ詳しく解説していきますね。

子供たちの成長に関われる


スクールカウンセラーは学校で児童や生徒たちの成長に関わることが可能です。

心のケアという観点で、生徒の悩みや不安に寄り添い適切なカウンセリングやアプローチで、子供たちの健やかな成長を応援できます。

  • 学校で楽しく過ごしてほしい
  • 毎日、出来るだけ不安な気持ちや辛い気持ちを抱えずに生活してほしい


子供たちに対して、上記のように思う方にスクールカウンセラーの仕事はぴったりです。

スクールカウンセラーは、子供たちの成長や日々の生活に密接に関わる仕事なので、責任感も大きいですがやりがいもその分大きいです。

相談を受けたときに「ありがとう」と言ってもらえる


子供たちや保護者、教職員の相談を受けたときには、感謝してもらえることも多いです。
心の悩みを抱えていた子供たちがカウンセリングなどを通じて、笑顔になる姿を見てやりがいを感じるスクールカウンセラーもいます。

またカウンセリング終了後や卒業などのタイミングで、メールや手紙で感謝の気持ちを伝えられることもあります。

相談を受けたときや相談者が元気になったときに、感謝してもらえると「また頑張ろう!」と思えるスクールカウンセラーも多いです。

自分の積極的な行動が生徒や学校の役に立ったとき


スクールカウンセラーは、相談に来た方の対応をするだけの受け身の仕事ではありません。

  • いじめや子供同士のトラブルに関する問題
  • 社会情勢や子供を取り巻く環境によるストレスケア


相談者がいないときでも、上記のような子供たちの成長に悪影響を及ぼす要因を排除するために行動する必要があります。

  • 子供たちに対して、講義を行う
  • スクールカウンセラーの気軽な利用を促す
  • 教職員に対して研修を行う
  • 保護者向けにプリントを配布する


上記のように、カウンセリング以外にもスクールカウンセラーの仕事はたくさんあります。

相談以外の仕事に励み、そもそも子供たちがスクールカウンセラーに相談しなくても良い環境づくりを進めることにやりがいを感じる方も多いです。

スクールカウンセラーはどんな人に向いている?


スクールカウンセラーに向いている人の特徴は以下の通りです。

  • コミュニケーション能力の高い人
  • 共感能力が高く相談者の気持ちに寄り添える人
  • 口が堅く秘密を守れる人
  • 心理学に関する専門知識がある人
  • 論理的な思考・対処ができる人


スクールカウンセラーの仕事のメインは、生徒などの相談に寄り添い話を聞いてあげることです。

相談者が心を開くためのコミュニケーション能力が求められます。

「この人なら信頼して何でも話せる」と思ってもらえるような口の堅さも重要です。

そしてスクールカウンセラーになるには、

  • 臨床心理士
  • 公認心理師
  • 精神科医(医師免許)


のいずれかが必要です。

心理学に関する専門知識やカウンセリングの経験が求められます。

また、いじめ問題や家庭環境の問題などに対処するための論理的思考力も必要です。

子供たちの相談内容によっては、ただ話を聞いてあげるだけではなく、保護者や教職員を巻き込んで状況を改善してく必要があるからです。

スクールカウンセラーの平均年収


スクールカウンセラーの年収は雇用形態や経験、勤続年数でも異なります。

正社員で雇われているスクールカウンセラーの年収例は以下の通りです。

経験3年、28歳の年収400万円
経験7年、35歳の年収550万円
経験15年、45歳の年収800万円

上記のように正社員で雇われている場合、勤続年数と年齢が上がるにつれて年収も上がっていきます。

やりがいや責任感に合ったお給料がもらえている、と感じる方も多いのではないでしょうか。
実際に、病院や企業に雇われてカウンセラーとして働いた場合も、スクールカウンセラーと同程度の年収かと思います。

しかしスクールカウンセラーの多くは非常勤職員として時給で働いているケースがほとんどです。
時給制なので、いくつかの学校でスクールカウンセラーを兼任している方も多いです。

非常勤職員としてスクールカウンセラーで働く場合の平均時給は、5,000円程度となっています。
時給に関しても正社員の年収同様に経験や勤続年数によって、幅があります。

子どものメンタリングならオンライン家庭教師もオススメ!


スクールカウンセラー以外で、子供のメンタリングに関わる仕事がしたい方は家庭教師の仕事もおすすめです。

家庭教師の仕事は塾講師の仕事と比較して、生徒の自宅に訪問して授業を行う分、生徒や保護者との心理的距離が近くなりやすいからです。

家庭教師の仕事は、単純に生徒に指導科目の勉強だけを教えるのではなく、

  • 生徒や保護者の進路相談に乗る
  • 生徒に学習習慣を身につけさせる


などの仕事もする必要があります。

スクールカウンセラーの知識や経験を活かせば、生徒のモチベーションを保ち成績アップも狙えそうです。

家庭教師の仕事は夜に行われるケースが多いので、スクールカウンセラーの副業として取り組むのもおすすめです。

そして、時間や場所の制約を受けずに家庭教師の仕事をしたいのであれば、オンライン家庭教師という選択肢もあります。

オンライン家庭教師なら、インターネット環境さえあれば、時間や場所を選ばずに授業ができます。
オンライン家庭教師をこれから始めるのであれば、オンライン家庭教師紹介会社に登録するのが近道です。

オンライン家庭教師紹介会社にはいくつかありますが、
中でもオンライン家庭教師マナリンクは教師側にとってのメリットも大きくおすすめです。

オンライン家庭教師マナリンクの魅力は以下の通り。

  • 授業料金の設定は家庭教師ご自身で可能
  • 独自のチャットシステムにより、保護者や生徒と直接連絡が取れる
  • オンライン家庭教師マナリンクに支払う手数料は授業料の30%のみ


オンライン家庭教師マナリンクは、授業の自由度が高く支払い手数料も低いので、あなたの強みをいかして高収入を得ることもできますよ。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

まとめ


スクールカウンセラーとは、学校で生徒や保護者、教職員の心のケアをする仕事です。
心のケアを通じて、生徒の成長に関われるので、やりがいがあります。

カウンセリングを通じて、生徒に笑顔が戻り感謝されるときにやりがいを感じるスクールカウンセラーも多くいます。
スクールカウンセラーの年収は正社員であれば、病院や企業勤めのカウンセラーと同程度もらうことが可能です。

勤務時間や日数が少なく、スクールカウンセラーとしてだけでは収入が足りないと感じる方は、オンライン家庭教師をしてみるのもおすすめです。

オンライン家庭教師であれば、スクールカウンセラーの経験を活かして生徒に寄り添った指導ができますよ。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら