マナリンクTeachers
先生マメ知識

高校教師が辛いと感じるのはなぜ?原因や対処法を徹底解説

2021年1月12日
高校教師が辛いと感じるのはなぜ?原因や対処法を徹底解説

高校教師が辛いと感じる原因


高校教師が辛いと感じる原因

高校教師が辛いと感じる原因は、主に「時間外労働」「部活」「生徒への対応」「保護者への対応」「職場内の人間関係」の5パターンに分かれます。

時間外労働


高校教師の仕事は、「授業をする」というだけではありません。
授業の準備をはじめ、補講受験対策雑務など多岐にわたります。

特に会議は、高校教師にとってかなりの負担に。
生徒が下校した後に始まるため、定時を過ぎるのは当たり前になるでしょう。
定時をどれほど過ぎても手当てがつかない学校も多く、モチベーションが下がる教師が続出しています。

部活


高校教師として働く以上は、何かしら部活の顧問を任されることになります。
「学生時代はずっと野球をしてきたから野球部の顧問になりたい」など要望があったとしても、ほとんどの場合は学校側の都合で一方的に振り分けられます

未経験のジャンルの顧問になると、新しいことをイチから覚えなければならないうえ、生徒からも「この先生は頼れない」というレッテルを貼られてしまいます。

情熱をもって部活に取り組んでいる高校生と、本望ではない部活を任された高校教師。
モチベーションの差が歴然として、辛くなってしまいますよね。

生徒への対応


高校教師の仕事のメインは、「生徒へ授業をすること」です。
しかしやる気のない生徒は居眠りしますし、ボイコットや遅刻、授業中の悪ふざけなど対応に困るケースは多々あります。

一生懸命に準備した授業も、まじめに聞いてはくれず、テストの成績も散々。
これ以上どうすればいいんだ」とスランプに陥ってしまう高校教師は少なくありません。

またクラスの担任や副担任を任されると、生徒のプライベートまで関わることもあります。
万引きや喧嘩などで休日に連絡が入ったり、いじめなど生徒間のトラブルの対応に追われたり…。

問題児であっても、教師という立場上、放っておくわけにはいきません。
しかし、関わってもなかなか改善の兆しが見えにくいのが現実です。

時には休日返上のケースもあり、心身ともに疲弊する高校教師が多いのです。

保護者への対応


「モンスターペアレント」と呼ばれる保護者の急増により、対応に苦慮する高校教師が後を絶ちません。

教師との面談で納得しないと、教育委員会やPTAまで持ち込み大ごとにされることも。

高校生は、「大学受験」や「就職」など人生な重大な選択をする年齢です。
そのため、特に成績に関することでは保護者からのクレームがつきやすく、「事実」と「要望」の板挟みで悩む高校教師がたくさんいるのです。

職場内の人間関係


同じ教師という職業に就いていても、先生の性格は様々です。
どうしてもソリが合わない人も出てきますし、理不尽な要求をする先輩もいます。
特に他の学校から異動してきた方は、前の学校のルールを強要することも少なくありません。

学校という職場は、基本的に「縦割り社会」です。
あなたがいくら正論をかざしていても、「役職が上の人の意見は絶対」「先輩の意見は絶対」という風潮に身を置くのは、とても辛いですよね。
時には教師としての信念を曲げなければならないこともあり、「授業は好きだけど職員室にいるのが苦痛」と感じる方が多くいるのです。

高校教師のモチベーションを保つ方法


肩を組む家族

せっかく高校教師の仕事に就いたのですから、嫌なことがあっても乗り越えて、生き生きと過ごしたいですよね。

高校教師のモチベーションを保つためには、いくつかの方法があります。

生徒たちの笑顔を励みにする


高校教師になるのは、子ども好きな方ばかりです。

高校教師の仕事が辛いと思ったら、生徒の笑顔を思い出してください。
どのクラスにも一人は、あなたに「ありがとう」と笑顔を向けてくれた子がいるはずです。
生徒のためにこの仕事に就いたのですから、生徒の笑顔こそがモチベーションになるでしょう。

高校生ともなると、先生はもちろん、親にも面と向かって「ありがとう」なんて言わなくなります。
口には出さなくても、きっと自分にはたくさんの味方がいる」と、生徒の存在すべてを励みにしてみませんか。

テストの成績にやりがいを見出す


あるいは、テストの成績が上がったことを励みにしても良いでしょう。
「この生徒、前回のテストでは60点だったのに今回は85点まで上がっている」なんて気づけたら、しめたもの。
成績は数値化されるため、あなたの授業に対する明確な評価になります。
「自分の授業で理解してもらえてうれしい。これからも頑張ろう」と、モチベーションを上げるきっかけにしてみてくださいね。

辛い時にはリフレッシュしよう!


シャボン玉で遊ぶ人

残業や休日の対応が多い高校教師は、短い時間でいかにリフレッシュするかが大切です。
辛いときには、一度休憩してください。
心も体もリセットすれば、明日からまた仕事に精を出せるでしょう。

リフレッシュの方法は人それぞれですが、まずは自分の好きなことをしてください。
音楽が趣味なら、音楽鑑賞やライブに行っても良いでしょう。
映画が趣味なら、映画館に行ったり、DVDをレンタルして自宅で観たりしても楽しめます。
友人と会うのが好きなら、ランチやショッピング、飲み会もおすすめです。

翌日に疲れを持ち越さない程度に楽しんで、良い気分転換をしてくださいね。

人間関係が辛いと感じるときは?


空色の部屋

どの職場にも、一人二人は苦手な相手がいるものです。
しかし仕事上どうしても接さなければならないことも多く、とてもストレスになりますよね。

でも、生徒だったり気の合う同僚だったり、あなたを必要とする人も必ずいるはずです。
ほんの数名のために退職するなんて、勿体ありません。

オンライン家庭教師サービスのマナリンクなら、家にいながら教師の仕事ができます。
先輩も上司もいないので、わずらわしい人間関係に頭を悩ませる必要はありません

高校教師として勤めているなら、そのスキルを生かして、副業で生徒の学習をサポートしませんか?
人間関係を気にせず、1回1回の授業に全力を注ぎましょう
※副業の場合は就業規則など、現在お勤めの学校の条件が可能かどうか事前に確認をお願い致します。

オンライン家庭教師ならマナリンクがオススメの理由


マナリンクのロゴ

オンライン家庭教師のサービスを展開している企業はいくつかありますが、副業として働くならマナリンクが一番です。

スケジュールが自由に組めるので、なにかと時間の拘束が多い高校教師にぴったり。
無理なくシフトを入れて、スキルを生かしながらやりがいを持って働けるでしょう。

授業内容も、金額も、あなた次第です。
マナリンクで副業をして、教師としての腕を磨きながら、生徒の学習をサポートしてください。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

まとめ


高校教師は激務で知られる職業ですが、そのぶん大きなやりがいがあります。
ただ職場内の人間関係に悩む方も多く、「良い先生だったのに辞めてしまった…」と惜しまれる高校教師がたくさんいます。

人間関係で辛い思いをしている方はもちろん、教師としてのスキルを上げたい方、収入を得たい方にはマナリンクの副業がおすすめです。

生徒一人ひとりにしっかりと目を掛けて、「先生のおかげで受験に合格した!」なんて最高の笑顔をもらいましょう。