マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

予備校講師の転職事情!転職や独立のノウハウを徹底解説

2021/7/1
予備校講師の転職事情!転職や独立のノウハウを徹底解説

同業他社への転職はできる?


同業他社への転職はできる?

予備校講師として実績を積んだ方は、「別の予備校で働きたい」と考えることもあります。

予備校講師が同業他社へ転職するのは不可能ではありませんが、念のため雇用契約を確認しておきましょう。

予備校には、予備校ならではの学習テクニックや教育方法など、社外秘の情報が数多く存在しています。
そのため予備校によっては、はじめの雇用契約の段階で転職に関する雇用契約を結ぶことが少なくありません。
たとえば「退職後〇年間は、同業他社と雇用契約を結ぶことを禁止する」というような契約をしていませんか?
定められた期間内に同業他社へ転職してしまったら、トラブルの元です。
訴訟などを起こされないためにも、今一度雇用契約書を確認してみてください。

予備校講師から独立は可能?


立て積みの本

予備校講師として教育のノウハウを身につけた方は、独立して自分の塾や予備校を持ちたいと考えることが少なくありません。

予備校講師から独立は可能ですが、開業と同時に今までと同じような収入を得ることはなかなか難しいのが現実です。

予備校と雇用契約を結んでいる間は、月給で支払われます。
経営状況に左右されず、毎月一定額は受け取れるのが特徴です。
しかし独立となると、完全な「歩合制」です。
あなたの独立を知って付いてきてくれる生徒がいれば良いですが、開業する場所によっては地理的に通えないケースも出てきます。
イチからすべてを創り上げなければならないのが、開業時の厄介なところ。
しかし軌道に乗れば、今まで以上の収入を得ることも不可能ではありません。

独立を考えるなら、念入りに「下準備」を整えてからにしましょう。
自分に都合の良い場所で開業したいものですが、その地域に集客の対象年齢となる子どもたちが少なければ、経営効率が悪くなります。
「自分が開業したい場所で集客する」よりも、「子どもが多い場所にあえて出向いて集客する」と考えるようにしましょう。

また、賃貸物件で開業をすれば、「家賃」という毎月一定額の支払いは免れません。
生徒が集まったときは良いのですが、開業したばかりで生徒数が少ない段階でも、確実に支出はあるのです。
貯金をしっかり確保しておかないと、すぐに破綻となりかねません。
半年間は、収入がなくてもきちんと支払っていけるよう、予備校講師の仕事で資金を溜めてから行動に移すことをおすすめします。

何より、生徒を集めるためには宣伝が必須です。
「オープンしました」と開業後に集客するよりも、「〇月〇日にオープンします」と先んじて広めておきましょう。
そのためには何をすれば良いのか、逆算すると方法が見えてきます。
新聞の折り込みチラシを作製したり、ホームページをつくって告知したり、費用を惜しまず様々な方法であなたの開業を伝えてください。

そのときに、あなたの経歴をしっかり記載しておきましょう。
「〇〇予備校で△△の教科を□年担当」など、具体的であればあるほど良いです。
講師としてスキルのあることをアピールすれば、生徒も保護者も依頼しやすくなりますから。

転職で給料アップは目指せる?


コインと若葉

転職する場合、どうしても気になるのが給料面ですよね。
今の予備校よりも収入が下がってしまったら…と思うと、動くに動けなくなるものです。

転職によって給料が上がるか下がるかは、人それぞれです。

同業他社への転職を考えているのなら、それぞれの募集要項をよく確認しておきましょう。
高い月給で掲載していても、「残業あり」「休日出勤あり」など待遇面で気になる内容が書かれていることも。
給料はもちろん大切ですが、長く働くことを考えると、様々な角度からトータルで検証することが重要です。

一方、独立を考えているのなら、開業からしばらくは今より収入が下がることは覚悟しておきましょう。
経営が軌道に乗る・乗らないだけではなく、運営形態もポイントです。

生徒数が少ないと、それだけ受け取れる月謝は少なくなります。
マンツーマン授業や2~3名の少人数授業は、生徒と深く関われて魅力的ですが、月謝はあくまで「人数分」。
回転数を多くしないと、今よりも収入を上げることは至難の業です。

予備校のような20~30人の団体授業を目指しているなら、それだけ月謝も多く受け取れます。
ただ一人ひとりの理解力を気にかけにくいため、授業時間以外のサポートが不可欠です。

予備校の経験が活きる仕事は?


教壇

予備校講師として勤めているなら、そのスキルが生かせる仕事に就くのがおすすめです。

同業他社に転職することはもちろん、独立して「自分が理想とする教育」を形にするのも良いでしょう。

あるいは、塾講師家庭教師も最適です。
「元〇〇予備校講師」という経歴は、即戦力として重宝されます。
有名な予備校であればあるほど、転職活動を有利にすすめられるでしょう。

特に家庭教師は、コロナ禍におけるオンラインサービスの普及にともない、急速に市場を拡大しつつあります。
中でも注目が集まっているのが、「オンライン家庭教師」。
従来の家庭教師と同等のサービスを、画面越しに受けられると人気です。
生徒がどこかに出掛ける必要がなく、講師も自宅で指導ができるので、お互いにメリットだらけ。
予備校講師をはじめ塾講師や学校教師など、教育の仕事に就いている方の副業としても活用されています。

予備校講師として勤務していながら転職や独立を考えているなら、オンライン家庭教師サービスでさらにスキルを上げませんか?
特に独立を考えている方は、経営が軌道に乗るまでの間はどうしても収入が落ち込みがちです。
生活を安定させるための「第二の収入源」として、オンライン家庭教師サービスを活用してください。

在宅で安定した収入を得るオンライン家庭教師とは?


チョークを持ちながら授業をする先生

オンライン家庭教師 マナリンクでは、オンライン家庭教師サービスを展開しています。

決まったシフトはなく、ご都合の良い日時にスケジュールを組めるので、講師という多忙な職業に就いている方でも安心です。

授業内容も、費用も、あなたの自由です。
マナリンクでは、先生一人ひとりが「得意」を生かしながら授業をおこなっています。
マナリンクの一員でありながら、独立した仕事ができるので、開業を目指す方のスキルアップにも最適です。

あなたの、予備校講師としてのスキルを待っている生徒たちがいます。
オンライン家庭教師サービスのマナリンクで、無理なく本格的な副業をしましょう!

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

まとめ


予備校講師として勤務しながらも、転職を考えていたり独立を志したりしている方は少なくありません。
「仕事は好きだけど今の環境が…」とお悩みなら、オンライン家庭教師サービスのマナリンクをご活用ください。

決まったシフトも、ノルマもありません。
独立した働き方ができるので、店を構えて開業しなくても、自分の理想を形にできます。

オンライン家庭教師サービスのマナリンクで、予備校講師のスキルを存分に生かしながら安定した収入源を確保してください。