マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

【塾講師の服装】自由ゆえに悩んだら◯◯で解決

2021/9/16
【塾講師の服装】自由ゆえに悩んだら◯◯で解決

「塾講師の服装は自由ですよ」といわれ特にスーツを準備する必要もなくラフで良かったと思っても、教える立場でラフすぎても・・・

「いったい何を選んだら良いの?」塾講師としてスタートするその塾から服装は自由といわれ悩んでいる方にこの記事では羽織ることで印象をフォーマルに変えてくれるアイテム「ジャケット」をお勧めする理由と男性・女性それぞれの服装を紹介します。

塾講師にとって服装が第一印象を決める


服装はその人の印象を決めますよね。生徒さんやその保護者さんからの印象を決める大切な服装です。

第一印象を決める服装に気を配るのは大切

服装はさほど重要ではないのではと思われる方もいらっしゃるかもしれません。服装にこだわるより授業の内容にこだわって良い授業をすることが重要と思われる方もいらっしゃると思います。

ただ第一印象を決めるひとつに服装はあがります。また相手にするのは生徒さんのみならず面談業務もある塾では保護者さんとの対談もあります。

塾講師の服装ときいて重要度をあげると学習にきている生徒さんは大切な顧客です。敬意をはらいその敬意を表現するのが服装と考えることが社会人のマナーでしょう。

ただ服装にだけ集中してしまうと生徒さんと自分までも緊張してしまうので良好なコミュニケーションをとれるラフな普段着の上にジャケットを羽織ることをお勧めします。ジャケットはどんなラフなスタイルでも羽織るだけでフォーマルな印象に変えてくれます。

送迎のついでにお子さんの状況を確認したいという保護者の方もいらっしゃるでしょう。突然の対応のときにも助けてくれるアイテムです。塾講師としてスタートを控えているなら服装選びにも気を配ることで相手との良好なコミュニケーションを取るための手段として大切な準備の1つでしょう。

生徒さんの年齢が若ければ若いほどファッションに興味や関心も高く、講師の服装を気にかけていることも多くその分重要になってきます。服装によってあなたの印象をよくする、ということは逆にあまり良くない印象を与える可能性もあります。

社会人として最低限のマナーを意識して塾講師業務の場面にあった服装を選ぶことは相手から受ける印象はもちろん、こちらの敬意の現れでもあります。

優秀アイテム【ジャケット】


羽織るだけでフォーマルに変えてくれるので、大学の授業を受講した後やプライベートで出かけた後その足で塾へ直接行くことを可能にしてくれます。

ジャケットが優秀な理由

羽織るだけで、わざわざ着替える必要はありません。着替えるための時間はいらないので時間的に余裕がうまれ、講義の準備にあてられます。素材や着心地にこだわった商品もあります。自宅の洗濯機で丸洗い可能で常に清潔に保てる上、クリーニングの出費がかからない、シワ防止加工でアイロンがけの必要もないという嬉しい特徴をもったジャケットもあります。

パンツとセットアップで売ってるお店もあるのでスーツスタイル必須のシーンにも使えるでしょう。優秀なジャケットを1着ロッカーに常備しておきましょう。

おすすめカラー

ジャケットのカラーはパンツやスカートに合わせて選ぶのも良いですが、1枚ロッカーに常備するなら基本的にどんな色にも合わせやすいカラーを選びましょう。

常備するジャケットのおすすめカラーは4色

  • ネイビー
  • ベージュ
  • グレー
  • ブラック


服装はアルバイトと正社員では違う?

正社員の服装規定はスーツという塾も多いです。アルバイト先の塾から服装は自由といわれたら正社員の方のスタイルを参考にするのも良いでしょう。生徒さんも塾の見慣れた雰囲気で安心するでしょう。

オリジナルを出すのもいいですね。ファッションが好きでオリジナルを出すことで生徒さんとコミュニケーションがとれ会話も弾みます。心を開いてくれ学習の促進効果にもつながるのではないでしょうか。服装を生徒目線で考えて受験を控えているなら、少しでも気持ちを軽く、緊張をやわらげてあげたいものです。

オリジナルを出しすぎて引かれるほど個性的で目立つ先生が生徒さんたちから選ばれ人気講師ということもあります。授業の良さが人気の理由であることは違いありませんが、服装が全く関わってないともいえません。義務教育の公立現場では現実味はありませんが、民間の塾講師だからこそできるので特別な衣装として揃えるのも良いでしょう。


次からはおすすめの服装を性別ごとに具体的に紹介します。

女性におすすめの服装


女性の服装のイメージを決める大事なポイントは清楚さではないでしょうか。注意するのは肌の露出をしすぎないことです。

スタイル

清楚な印象のブラウス、パンツスタイルまたはミモレ丈のスカートでベーシックなスタイルがお勧めです。

カラーや柄

カラーもデザインもシンプルがお勧めです。柄はアクセント程度のワンポイントにおさえ、なるべく無地のものを選びましょう。上着のブラウスカラーはライトブルーかホワイトですね。
パンツやスカートはネイビーやブラック・ダークグレーの落ち着いたカラーコーディネートで決めましょう。

アイテム

スカートを選ぶなら丈の長さは重要です。清楚なイメージには膝下丈(ミモレ丈)がお勧めです。ただマナーのうえで素足は避けましょう。パンツスタイルを選ぶならストレートタイプのフルレングス丈がお勧めです。

男性におすすめの服装


男性は爽やかさと清潔さがポイントです。

スタイル

ポロシャツやTシャツは無地のもの、ワイシャツも良いですね。
襟があるとフォーマルなイメージがより強くなります。
パンツを組み合わせ、すっきりと爽やかな印象を与えてくれるでしょう。

カラー

ライトブルーは定番カラーです。選ばれるには理由があって集中力を高めます。
男性なら淡いピンクを入れると優しい落ち着いた印象を与えるのでお勧めです。
ホワイトカラーを選ぶ際は汚れが目立つので注意が必要です。生徒さんから指摘されることがないよう注意しましょう。

アイテム

パンツ(スラックス)はフルレングス丈か短くても、くるぶし丈までが良いですね。丈は重要です。膝丈タイプの短パンはラフすぎるので避けましょう。
塾講師の業務は生徒さんを相手に授業をすることだけではありません。保護者さんを含めた面談業務もあります。

次では業務場面による服装をお伝えします。

場面によって服装を変える

塾講師の業務は生徒さんを相手に講義をすることだけではありません。保護者さんを含めた3者面談業務を任されることもあります。業務の場面それぞれにあった服装のポイントを紹介します。

講義の服装

生徒さんと初顔合わせなど緊張して入塾した生徒さんに対し親近感を与えるラフなポロシャツがおすすめです。オンライン講義も増えてきました。オンラインは顔色を明るくしてくれるカラー選びがポイントです。

どうしてもライトによっては明るさと影で暗くなってしまう場合もあります。顔色をよりよく明るく写してくれるライトブルーやオフホワイトカラーを顔に近い上着にもってくるのがポイントです。

保護者面談の服装

学期ごとに保護者面談を設けている塾もあります。数ある塾の中から選んで信頼をし高いお金を払ってお子さんを預けてくださっている大切な顧客です。心から敬意をはらいスーツで対談するのが最も望ましいでしょう。

ここで注意したいのが足元です。普段の講義の延長でスニーカーはお勧めしません。スーツのフォーマルにスニーカーは相容れず逆にスニーカーのアンバランスさが際立ってしまいます。足元まで気を配り、女性ならパンプス・男性なら革靴を選びましょう。

目的にあったアイテムカラー選び

印象を左右する服装選びにプラス意識すると良いのはカラー、色・配色です。カラーセラピーという言葉があるように相手に与える影響はカラーによってそれぞれ違います。カラーの特徴をしり上手に取り入れることで生徒さんのやる気や集中力をUPする効果も期待できます。

カラー主に9種別の印象を紹介

主な9種類のカラー特徴・効果をあげます。


上着とパンツやスカートのカラーをかけ合わせると印象はさらに変わります。生徒さんの好きなカラーを着るのも良いでしょう。そうすることで親近感がわき会話も弾みます。

避けたいNGアイテム

お勧めの服装を紹介してきました。普段の講義は自由で良いので、スーツにネクタイで決めすぎてしまうと堅苦しく感じ生徒さんも自分も緊張してしまいます。

そこでこれだけは社会人である以上やはり避けておきたいアイテムをあげると

  • デニムパンツ
  • ノースリーブ
  • アロハシャツ
  • サンダル
  • 肌の露出が多い

これらさえ避ければ基本的には大丈夫です。もし自分が生徒だったら、または保護者の立場だったら、塾講師がどんな服装だと好印象をもち、逆にNGな服装か?想像してみると自ずと分かるでしょう。

塾講師にお勧めなアイテムはジャケット

塾講師の服装について紹介してきました。普段の講義での服装と面談の服装を使い分けることがポイントです。ポロシャツやTシャツのラフさを上に羽織るだけでフォーマルに変えてくれるお勧めのアイテムがジャケットです。

とても便利なアイテムなので塾のロッカーに常備しておくといいですね。突然の対応にも役立ちます。またジャケットを羽織る動作がプライベートから仕事モードへ、塾講師として気持ちの切り替えにもなるでしょう。
メルマガ