マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

家庭教師におすすめの副業は?選ぶときのポイントも徹底解説

2021/7/1
家庭教師におすすめの副業は?選ぶときのポイントも徹底解説

家庭教師として働いていても、軌道に乗るときばかりではありませんよね。
突然に契約を解除されたり、指導方針で上層部と折り合いがつかなかったり、登録会社に手数料を引かれすぎたりなど、何かと悩みは多いもの…。

今は、家庭教師も副業をする時代です。
本業として家庭教師の仕事を続けながら、空き時間や休日に副業をしてみませんか?

副業をすると、気分転換になるだけではなく、収入が増加したりスキルが上がったりと様々なメリットがあります。

家庭教師をしながら副業を活用して、充実した日々を送ってください。

家庭教師にオススメの副業とは?


家庭教師として勤めている方には、やはり「教育」に関係した副業がおすすめです。
厳選していくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

個別指導塾の講師


個別指導塾の講師なら、家庭教師と同じ1対1での授業なので、指導形態は本業と変わりません。
ただ、「家で教えるか」「塾で教えるか」が違うだけです。

まったく新しいジャンルに飛び込むのは、誰にとっても大変なことです。
時には副業をするために新しい知識を身につけなければならないことも…。
個別指導塾の講師なら、今までに培った教育スキルを生かしてそのまま働けます。
家庭教師を本業で抱えている方にとっては、効率的な副業といえるでしょう。

手元に入るお金はごくわずかなので、収入よりも「やりがい」を重視している方におすすめです。

家庭教師


「家庭教師として勤めているのに、副業にも家庭教師?」と疑問を抱かれるかもしれません。
しかし家庭教師の本業の傍ら、別の会社で家庭教師の副業をおこなう方は多数います。

会社が違えば、勤務形態も異なります。
本業の会社は『週5日勤務』が条件なのに、別の会社で『週1日、2~3時間からOK』なんて募集していたら、思わず副業として掛け持ちしたくなってしまいますよね。

家庭教師の大きな特徴は、生徒一人ひとりにしっかり目をかけられること。
塾での団体授業だと、個々の理解力まで気にかける余裕はなかなかありません。
「わかっている子」「わかっていない子」を区別できないまま授業がどんどん進んでいくので、テストの成績もバラバラに…。

家庭教師なら、受け持つ生徒は決まっています。
目の前の一人ひとりに対してしっかり指導ができるので、生徒のつまずきにも気がつきやすくなります。

成績が伸び悩んでいる生徒は、必ずどこかの単元でつまずいています。
生徒の苦手克服には、家庭教師が一番なのです。

オンライン家庭教師


上記「家庭教師」のサービスを、画面上のやり取りでおこなうのが「オンライン家庭教師」です。

コロナ禍で非接触が推奨される現在、画面越しに本格的な授業を実現できる「オンライン家庭教師」のサービスは大きな注目を集めています。

生徒にとってもメリットがあることはもちろん、講師として働く方にも大きなメリットをもたらしています。

本業でフルタイム勤務した後に副業の場所へ行くのは大変ですが、オンライン家庭教師の場合、副業の場所は「自宅」です。
自宅にいながら授業ができるため、移動時間をまるごと削減できるのが大きな特徴です。

さらにオンラインの特性により、好きな時間に好きなだけスケジュールを組めるので、副業でオンライン家庭教師として働く方は日に日に増加しています。
オンライン家庭教師は、家庭教師としてすでに教育スキルを持っている方におすすめの副業なのです。

副業を選ぶ際のポイント


副業を選ぶときには、いくつかのポイントがあります。
副業のノウハウを身につけて、納得のいく選択をしてください。

シフトが調整しやすい副業を選ぶ


本業を抱えながら副業にも精を出す方はたくさんいますが、副業に拘束されすぎると本業に影響を及ぼしかねません。

たとえば「副業先が残業や休日出勤ばかりで疲れてしまった…」と、ぐったりしながら本業に出勤するわけにはいかないでしょう。
また本業で受け持っている生徒が受験期に突入したら、それに合わせて授業数を増やしたり授業時間を伸ばしたりすることも出てきます。

「本業が忙しいので今週は副業ができません」など副業先の会社に連絡を入れると、同じシフトで入るはずの同僚に迷惑がかかったり、会社全体のスケジュールを調整しなければならないことも…。

本業と副業、どちらも大切な仕事です。
両方に精を出すのは良いことですが、どちらか一方に迷惑をかけるような事態になってはいけません。
メインは本業なので、副業は「シフトの調整が利きやすいもの」を選ぶことをおすすめします。

体調管理しやすい副業を選ぶ


本業でフルタイム勤務した後に副業をするのは、なかなか大変なことです。
休日に副業をするにしても、疲れた体を休める時間がないと疲労は溜まる一方でしょう。

拘束時間が長い副業は、避けるのがベストです。
副業をするなら、「疲れすぎないもの」を選ぶようにしてください。
肉体労働系はもちろん、現地までの移動時間もなかなか負担になるので、副業を選ぶ前には「本業に支障が出ない程度の拘束時間か?」「体調に影響が出るような仕事内容ではないか?」を自分に問いかけましょう。

契約している家庭教師会社に報告義務はある?


副業することを決めたら、応募する前に、契約している家庭教師会社との雇用契約を確認しましょう。

会社によっては、「他の会社との兼業不可」など副業に関して規定を設けていることがあります。
思わぬトラブルに発展しないためにも、雇用契約や就業規則などの確認は必須です。

反対に、副業先が「兼業不可」を掲げていることもあります。
トラブルなく2つの仕事を両立させるためにも、「本業」と「副業」の両方が兼業を許可しているかを確認しておきましょう。

在宅で高単価を目指すならオンライン家庭教師がおすすめ!


副業をするなら、「疲れすぎない」ことがポイントです。
仕事内容はもちろん、職場への往復もかなりの労力になります。
家にいながら高単価の副業ができれば、それに越したことはないでしょう。

マナリンクは、オンライン家庭教師サービスを提供しています。
家庭教師として本業を持ちながら、副業でマナリンクの講師として働いている方はたくさんいます。

人気の秘密は、マナリンクの仕事が「高単価の在宅ワーク」であること。
マナリンクには、決まった料金設定はありません。
授業内容はもちろん、費用も、スケジュールも、先生次第。
職場との往復もないため、収入面でも労力面でも「効率が良い」です。

すでに家庭教師として勤務している方は、1対1での教え方に長けています。
家庭教師のスキルを生かして、ぜひマナリンクで生徒の学習をサポートしてください。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

まとめ


家庭教師向けの副業はいくつかありますが、その中でも特に「オンライン家庭教師」がおすすめです。

自宅にいながら高単価の収入が得られるうえ、疲れずに自由なペースで副業できるのが特徴です。
オンライン家庭教師サービスのマナリンクで、あなたのスキルを生かしてください。
すぐに、「教え方がわかりやすい先生」として生徒たちから人気を集めるでしょう。