マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

【決定版】オンライン家庭教師のやり方と失敗しない会社選びとは

2021/8/17
【決定版】オンライン家庭教師のやり方と失敗しない会社選びとは

はじめに

昨今のコロナ禍であらゆるサービスのオンライン化が急ピッチで整備されました。塾や家庭教師等の教育業界においても対面授業の感染対策が進められています。しかし、複数回に渡る緊急事態宣言や自粛活動での休校による学校の授業の後れを取り戻そうと、感染する可能性のないオンライン家庭教師の需要が生徒たちの間で急速に高まっているのも事実です。

生徒の自宅に赴く対面授業が主流であった家庭教師ですが、授業をオンラインで代替することは可能なのでしょうか?この記事では、オンライン家庭教師についての詳細や、オンライン授業に必要な環境・メリットについてご紹介します。

【オンライン家庭教師がきてる!】大注目のオンライン家庭教師とは


脚光を浴びているオンライン家庭教師ですが、その定義とは「オンラインで授業を行う」ことにあります。つまり、従来の「生徒の自宅に赴いて対面授業を行う」授業形式ではなく、zoomやskype等のビデオ通話アプリを使用して生徒と遠隔で授業を行うのです。コロナウイルス流行に伴い、様々な企業・業種が「出勤せずに自宅でテレワークをする」働き方に移行していきました。オンライン化の波は家庭教師にも及び、多様な家庭教師の在り方のひとつとして「オンライン家庭教師」の認知が広まっています。

家庭教師との違い

オンライン家庭教師と従来の家庭教師の違いは先生が生徒のところまで移動せずに授業や面談をオンラインで完結させることにあります。多くの人が「家庭教師」と聞いて想像するのはやはり「先生が自宅まで来てくれて、マンツーマンで指導してくれる」イメージではないでしょうか。

  • 生徒の自宅には行かない

オンライン家庭教師は従来の家庭教師とは違い、生徒の自宅まで通勤する必要がありません。塾が近距離になかったり、小学生や部活動をしている中高生を夜遅くに送迎したりするには保護者の協力が不可欠ですが、家庭の都合や多忙等で塾まで子供を通わせられないご家庭は多いです。そのため家庭教師のひとつの利点として「通塾(送迎)の労力・時間がかからない」ことが挙げられ、家庭教師を選ぶ際の決定打になることが多く見られます。

また、生徒側が家庭教師に期待するものに「マンツーマン」「きめ細やかなフォロー態勢」も挙げられます。しかし「保護者の送迎の必要がない」「マンツーマン・きめ細やかなフォロー態勢」等の従来の家庭教師の特徴はオンライン家庭教師でもそのままメリットとして挙げることができます。つまり、従来の家庭教師との違いは「授業・通勤形態の違い」だけしかないのです。

  • 対面でない

対面でないことがひとつの大きな強みとしてオンライン化を打ち出せるようになりました。塾・家庭教師業界を大きく悩ます「受験シーズンのインフルエンザ・風邪対策」に加え「コロナウイルス感染対策」も新たな課題になりましたが、オンラインで非接触の授業することによって問題を根本から解決できます。

特に家庭教師の対面授業は生徒との距離が近い場合は多く、生徒から別の生徒へと講師を介してウイルスを運んでしまう可能性も否めません。生徒の人生を左右しかねない大きなイベントである受験を、サポートしてきた講師自身が潰してしまう可能性をゼロにできるのです。

オンライン家庭教師に必要のものとは


オンライン家庭教師を始めるにあたって最低限必要なものをご紹介します。

  • 機材
  • 通信環境
  • 生徒の集中力を保つための工夫

オンラインと聞くと「揃えるものが多そう」「対面授業と勝手が違いそう」と身構えてしまう方も多いですが、オンライン授業を行う最低限の機器は意外に少なく、授業に大きな違いはありません。必要機材や経費は性能・グレード・授業内容によっても変わってきますが、パソコンの搭載機能等で代替できるものも多くあるので、導入コストが気になる方は以下でご紹介する機材・通信環境のみ最低限準備しましょう。

  • 機材

【 絶対に必要なもの 】
◎カメラ付きのパソコン
※カメラ機能のないパソコンの場合はウェブカメラ、マイク機能がないならマイク付きヘッドセット・スタンド式マイクなど
最低価格相場:新品約3万円・中古約2万円
カメラ付きのパソコンさえあれば、いつでも・どこでもオンライン授業が可能ですオンライン授業はビデオ通話サービスを使用して授業を行うので、カメラとマイクさえついていれば先生の身ひとつで授業が成立します。安いパソコンを購入する際はスペックを確認し、複数のタスクを立ち上げても問題なくオンライン授業できるかどうか注意しましょう。

【 あると便利なもの 】

  • タブレット(教材作成・計算機能・板書等に便利)
  • 書画カメラ(手元の参考書を参照したり、紙の板書を見せられる)
  • ペンタブ(画面にスムーズに書き込みできる・板書の色の使い分けで便利)
  • ヘッドセット(雑音等が気になる場合)
  • ホワイトボード(タブレットやペンタブがない場合)

上記のあると便利なものはオンライン授業に絶対に必要なものではありません。「図やグラフを書くことが多い」「資料を見せながら授業を進める必要がある」等、科目やご自身の授業スタイルに合わせて用意していきましょう。

  • 通信環境

推奨通信速度

参照元:zoom×日商エレクトロニクスサポート, Skypeサポート

現在の通信環境を調べる方法

基準をクリアする工事不要のモバイルWi-Fiの最低価格はおよそ3,000円前後です(※キャンペーン適用やモバイルWi-Fi端末代により大きく変動する可能性があります)。

  • 生徒の集中力を保つための工夫

対面授業と比較すると、生徒の緊張感を保つ工夫が必要になります。対面授業では生徒がある程度緊張感を持って授業を受けられますが、オンラインでは緊張が緩んでしまう可能性があります。また、講師側が生徒の表情・態度の変化に気づきにくい環境でもあるため、生徒の関心を引く・集中力を保つような工夫が求められます。説明の時間を細切れにしたり、こまめに問題演習をはさむ等、生徒の様子を身ながら試行錯誤を繰り返しましょう。

オンライン授業の指導方法

オンライン授業での指導方法は対面授業と少し勝手の違うものもあります。また、オンライン授業ならではの便利な機材を活用することで、対面授業に近い指導方法も実現可能です。

  • 黒板やホワイトボードを用いた指導方法

黒板やホワイトボードは対面授業でよく使われていますが、オンライン授業にも導入できます。集団授業で使われる大きなホワイトボードを講師の背後において画面を広々と使いながら説明したり、携帯できる手持ちのホワイトボードをカメラに近づけたりすることで生徒に見せることもできます。

  • 双方的な板書での指導方法

パソコンのペイント機能を使って画面共有をすれば板書として活用することもできますが、生徒が同じ画面に書き込めません。例えば関数をグラフにする問題を出した場合、問題を出してから生徒が画面共有をして回答する手間が生まれてしまいます。他にも、口頭では英語のスペルのチェックができない等支障が出てしまいます。画面共有やチャット機能の手間を考えると双方向で板書が理想です。タブレットやペンタブを使用すればお絵描きチャット等を使用して双方向での板書が可能です。

  • 書画カメラを用いた指導方法

書画カメラは手元の本やノートを写せるカメラです。タブレット・ペンタブのように板書することも可能な上、書籍等の資料を見せられます。安いもので1万円程度で購入可能なので、資料・参考書を使った授業をしたい方は検討することをおすすめします。

【タイプ別】オンライン家庭教師会社の選び方

  • 出勤ありのオンライン家庭教師
  • 在宅のオンライン家庭教師

オンライン家庭教師を始める際、どのような形態で働くかによってオンライン家庭教師会社の選び方も変わってきます。それぞれどのような特徴があり、どんな方に向いているのかご説明します。

出勤ありオンライン家庭教師


オンライン家庭教師と聞くとすぐに在宅のイメージが浮かぶ方も多いと思いますが、実は出勤する家庭教師会社もあります。

こんな方におすすめ!

  1. 自宅にパソコンがない
  2. 通信環境が悪い
  3. 自宅周辺の騒音がひどい
  4. 出勤した方が気が引き締まる


  • 自宅にパソコンがない

オンライン家庭教師を始めるにはパソコンが必要不可欠ですしかし、パソコンは場所を取る上、高価な買い物になってしまいます。
すぐにオンライン家庭教師を始めたくてもすぐに手元に用意できないことも多いため、パソコンの準備が難しい人は通勤するオンライン家庭教師会社を選ぶと良いでしょう。

  • 通信環境が悪い

もし通信速度に不安がある場合はルーターの位置を変えたり光回線にすると改善される場合もありますが、すぐに改善が見込めない・Wi-Fiの契約変更できない場合はオンライン家庭教師を始めても満足に授業ができない可能性があります講師側の通信の問題で授業の映像や音声に支障が出てしまうとクレームにも繋がってしまうので、通勤ありのオンライン家庭教師会社で万全な状態で授業することをおすすめします。

  • 自宅周辺の騒音がひどい

パソコンやマイクの性能によっては周りの音を拾い過ぎてしまうものもあり、線路沿いに自宅がある方や飼い犬がずっと鳴いている状態だとそのまま生徒に筒抜けになってしまいます。授業に関係ない音があまりにも入ってしまうと、生徒が講師の声よりも音に気を取られてしまって授業に集中できなくなってしまう場合も考えられるので、通勤を視野に入れましょう。

  • 出勤した方が気が引き締まるという方

在宅での仕事が向いてない方は通勤ありのオンライン家庭教師を選びましょう。他にも、家族の都合でオンライン家庭教師をする部屋がなかったり家が騒がしい等の事情がある場合は出勤した方が集中できます。

在宅でのオンライン家庭教師

在宅でのオンライン家庭教師は感染対策や通勤時間を削減できること以外にもメリットがたくさんあります。

こんな方におすすめ!

  1. パソコンやその他必要な機器の準備ができる
  2. 在宅で仕事がしたい
  3. 海外在住
  4. 出張先や転勤が多い方
  5. 感染対策を徹底したい方
  6. プライベートの時間を増やしたい方


  • パソコンやその他必要な機器の準備ができる

既に自宅にカメラ付きのパソコンがあったり、すぐに必要な機器の準備ができる方は在宅でオンライン授業をする方が通勤時間がかからず効率的に仕事ができます。まずはオンライン家庭教師を始めてみて、必要だと思う機器を順次買い揃えたり交換していくとより快適な授業ができるようになるでしょう。

  • 在宅で仕事がしたい

満員電車が嫌、育児中なので家で働きたい…等自分の好きなライフスタイルに合わせて働けるのが在宅型オンライン家庭教師最大の魅力のひとつです

特に家庭教師という仕事の性質上、従来であれば近距離に生徒がいない場合通勤時間がかかる生徒の自宅に訪問することも多く、通勤時間によって稼働時間が圧迫されて1日のうちにあまりコマ数を稼げない、という悪循環に陥りがちでした。平日は学校や部活の後に家庭教師に来てほしい生徒が多く、夕方~22時頃に授業が集中しますが、通勤時間がかかってしまうと効率的なスケジュールを組めません。

在宅でオンライン家庭教師をすれば通勤に時間を割くことがなくなるので、従来までの形式よりもスケジュールを詰めることができ、今までと同じ時間で授業を多くこなせます。

  • 海外在住

海外在住の方は従来の訪問形式の家庭教師ができませんでしたが、オンラインなら海外にいても本業・副業として家庭教師として働けます。家庭や仕事の事情で家庭教師をしたくてもできなかった、という方でも在宅のオンライン家庭教師であれば海外の自宅から日本の生徒とマッチングできます。

  • 出張先や転勤が多い方

「受験・卒業までずっと特定の先生にお願いしたい」という塾や保護者は多いため、出張・転勤が理由で働けない人が多く見られました。しかし、在宅・オンラインで働ければ出張先であろうが授業を受け持つことができ、急な転勤でも契約を終了する必要がありません。出張中でもパソコンと通信環境さえあれば宿泊先でオンライン授業が可能なので、出張中の隙間時間を上手に使えます。出張が多くても副業したい方や、家族の転勤に帯同する方にオンライン家庭教師は特におすすめできる在宅ワークです。

  • 感染対策を徹底したい方

塾や家庭教師で働きたくても、さまざまな子どもと対面授業をしてもし感染してしまったら…と一歩を踏み出せない方も多いです。オンライン家庭教師の場合は生徒・保護者はもちろんのこと、オンライン家庭教師業者とも接触する機会がないため、持病を持っている方・ハイリスクな家族がいる方等感染リスクを徹底的に回避したい方でも安心して働けます

  • プライベートの時間を増やしたい方

先述の通り在宅のオンライン家庭教師は通勤時間がかからず、授業スケジュールを上手に調整することで、今までと同じコマ数を稼ぎながらも家族や趣味の時間を増やせます。好きな時間に集中して授業を詰めたり、間に休憩時間をはさんだりとワークライフバランスをより確保しやすくなるでしょう。

ご家庭とのやり取りの仕方も会社によって異なる

通勤・在宅の家庭教師会社をご紹介しましたが、勤務の形態に限らず保護者とのやり取りの形式は会社によってさまざまです。直接的・間接的に保護者とやり取りするメリット・デメリットを踏まえ、検討しましょう。

  • 家庭教師会社を通した間接的なやり取り


保護者と家庭教師会社でやり取りする場合、授業以外に業務に時間を割く必要がないためより授業に授業に集中できます。教室長や事務員と講師が分かれている塾等では講師が保護者と関わる機会が少ないことが多く、保護者とあまり関わった経験がなく緊張してしまう、という方には家庭教師会社を通した方が合うでしょう。

デメリットとしては今後の進路・授業方針を保護者とすり合わせしづらく、宿題の呼びかけ等の保護者の協力が得づらい可能性が挙げられます。

  • 生徒や保護者との直接的なやり取り


保護者と直接やり取りすることで手間が増えてしまう半面、生徒の自宅での様子や学習状況の把握、過去の成績を保護者からスムーズに教えてもらえるメリットがあります。学習の進捗を保護者に報告することで保護者からの信頼を得やすいです。

自分に合うオンライン家庭教師会社を選ぼう!

人によってオンライン家庭教師を選ぶ理由や希望の働き方はさまざまです。個々人のライフスタイルに合わせて働くために、オンライン家庭教師会社はそれぞれの会社の特徴を入念に調べ、自分に合うところを慎重に検討する必要があります。

自由度の高いオンライン家庭教師ならマナリンク


オンライン家庭教師マナリンクでは家庭教師の皆様のライフスタイルを尊重し、指導を必要としている生徒さんとマッチングできます!
「副業として」「家事・育児の合間に」「海外から」「得意教科だけを教えたい」…等々、ひとりひとりのご希望に沿った理想のスタイルを追及でき、時給3,000円を下回ることなくお好きな場所から指導が可能です。保護者の方と直接連絡を取り、生徒に合った指導でやりがいのある仕事をしませんか?マナリンクは、仕事もプライベートも充実させたい人にぴったりのオンライン家庭教師会社です!

マナリンクでは先生方に随時インタビューを行っています!

副業としてオンライン家庭教師をされている方や家事育児と並行してお仕事をされている方、オンライン家庭教師1本で生計を立てている方など、マナリンクには様々な先生方がいらっしゃいます!また塾講師や教師などの指導経験のある方からエンジニアなど専門的なお仕事をされている方まで、みなさんが得意な分野でご活躍されています!