マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

家庭教師会社経由の生徒を個人契約に持ち込むことはできるのか

2021/8/16
家庭教師会社経由の生徒を個人契約に持ち込むことはできるのか

はじめに

大手の家庭教師会社に登録して講師をされている方の中には、手数料が高く、講師がもらえる報酬が少ないといった不満をもっている人がたくさんいらっしゃるでしょう。今回のテーマは、家庭教師会社経由の生徒を個人契約に持ち込むことはできるのか、否かです。

今後家庭教師を本業、あるいは副業とする上で、個人契約の形をとるのか、家庭教師会社に登録するのかは、大きな分岐点です。どちらにもメリット、デメリットはあります。最終的にどのような道を選択するのがベストか、この記事が、答えを出すきっかけになれば幸いです。

家庭教師会社経由の生徒を個人契約に持ち込むことは可能?


家庭教師は、一人ひとりのお子さんにじっくり向き合い、そのお子さんに応じた教え方ができるので、集団塾と比較すると結果を出すことが比較的容易です。生徒の立場からしても、1対1なので、わからないところを質問しやすく、問題をその場で解決できるのは大きなメリットです。

また、家庭教師を依頼するお子さんの中には、思春期を迎え様々な悩みを抱えているものの、親には話せず困っているお子さんもいます。家庭教師はマンツーマンだからこそ、勉強の合間にお子さんの悩みを聞き、相談にのることが可能です。そこでうまくコミュニケーションが取れてお子さんに笑顔が戻れば、勉強にも集中できるようになるでしょう。さらに成績が上がれば、お子さんはもちろん、親御さんからの信頼も得られること間違いありません。

そうしてご家庭との信頼関係ができていれば、家庭教師会社経由の生徒を個人契約に持ち込むことはできるのでしょうか。もちろん、信頼関係ができていて、お互い納得の上であればできなくはないですが、基本的に禁止行為としている会社がほとんどなので、おすすめはできません。

例えば、今まで何の問題もなく講師派遣していた家庭から、急に休会もしくは退会の申し出があり、その同時期に講師も辞職希望を出した場合、個人契約が疑われます。また、講師が個人契約プラス家庭教師会社の登録を同時進行している場合、個人契約中の生徒宅と家庭教師会社を通して契約した生徒宅がご近所だったり、友達同士だったりしてつながるケースがあります。

情報がまわってばれたとき、面倒なことになります。ばれたときに加え、ご家庭との関係が上手くいっているときはいいですが、何かトラブルが発生した場合損をしてしまうので、もったいないです。
そう考えるとやはり、家庭教師会社が獲得した生徒を個人契約に持ち込むことは、控えた方が賢明でしょう

ご家庭から不信感をもたれる可能性も


講師側から見た個人契約にする一番のメリットは、仲介会社に引かれる手数料がなくなるため受け取る報酬が増えるということです。その分、指導の料金を下げることで、ご家庭にも金額的なメリットはあります。ただ、保護者としては多少金額が安くなるより、お子様に関わることなので、トラブルなくお子様に熱心に向き合ってほしいという気持ちが強いでしょう。報酬が上がればその子にかける時間が増えると説明すれば納得するご家庭もあるかもしれませんが、受け取り方は保護者によって様々です。

さほど変化がないと感じるケースもあるでしょう。逆に家庭教師会社を介していた時は、講師は指導をしてくれる人で、それ以外のことは会社がしてくれていたからこそ、良好な関係を保てていたという可能性もあります。トラブルが生じた場合や、講師に直接言えない不満があったりした場合を想定すると、ご家庭側は仲介会社を通した方がメリットが多いのが事実です。

ましてや手数料分全てをご家庭のお支払いから引かずに、講師の報酬のみ上がるとしたら、ご家庭はお金の匂いがしていやな気持ちになるでしょう。講師は仕事でやっていることがわかっていても、確実にイメージダウンになり、せっかく築き上げた信頼関係が崩れてしまう可能性もあります。

リスクが大きい

個人契約になると、ご家庭は、講師と生徒、あるいは講師と保護者の関係が悪化した場合などに、相談する窓口がなくなります。また、指導日時が講師とどうしても合わない場合、他の講師を派遣してもらうことができません。さらに、指導日以外の電話やFAXによる業者フォローが受けられません。

講師側にとっても、相談窓口が無くなることは、大きなデメリットです。ご家庭から何かご指摘があった場合、講師とご家庭でトラブルに発展する可能性があります。そういった場合、派遣会社に仲介役に入ってもらうことで大事に至らず済んだというケースはよくあります。講師一人では、志望校への合格率、偏差値判定など、データ収集率に乏しいことも問題です。

加えて、志望校情報、入試情報などを入手することも、家庭教師会社と比較するとどうしても難しくなります。さらに講師研修を受けられないため、指導力アップや困ったときの対処法のマスターなどものぞめません。

講師側、生徒側両方とも「やめたい」と言いずらく、ズルズルと続けざるを得ない点も難点です。

家庭教師としての収入を上げたい!


ただ、家庭教師という仕事は、指導する時間以外の給料が発生しない時間でも、移動時間や授業準備など業務が多いです。よって、先生側から不満が出る気持ちもわかります。では、どうしたら良いのでしょう。

個人で集客をし、直接契約をする

仲介会社を通して知り合ったご家庭ではなく、新たにご自身で集客してつながったご家庭なら、もちろん規約違反ではありません。時間、月謝などすべてご家庭と相談の上、決定できます。手数料をとられることなく、働いた分だけの収入を得られるのは大きな魅力です。ただ、知り合いや友達などの身近な人づたいに家庭教師を個人で依頼されることはあるものの、それ以外の方法で仕事を受けるのは困難です。

また、先に述べた通り、個人契約にはリスクはつきものです。お子さんとそもそも相性が合わず勉強してくれない、月謝の滞納が続いている、などデリケートな悩みも、すべて自分で解決しなければなりません。だからといって契約を解除するのも一苦労です。
そういった問題を回避するためにも、契約前にしっかり約束事を決めて伝えておくこと、お子さんに一度体験授業をうけて頂いて、納得の上で契約してもらうことを忘れないで下さい。

指導スキルを正当に評価してくれる仲介会社を利用する


個人契約で家庭教師をスタートさせるのはやはりデメリットが多いからといって、とりあえず名の知れた家庭教師会社に登録するのはやめた方がいいでしょう。学生のアルバイトとの区別がなく、低価格を売りにしている家庭教師では、たとえ指導経験があったとしても、それが評価されることなく、頂ける報酬はかなり低いことが想定されます。経験やスキル、資格を考慮し、ランク別に値段設定をしてくれる会社を慎重に選びましょう。

そういった会社であれば、ご家庭にとってもメリットはあります。何より、誤解なく、求める講師を最初の段階で選べるのは大きなポイントです。けれど、講師とご家庭双方が納得して話をすすめようと思っても、仲介会社が手数料をたくさんとるのであれば、講師のモチベーションは下がってしまいます。その点も十分注意して、仲介会社を選択しましょう。

オンライン家庭教師も視野に入れよう

一般的な生徒宅に赴いていく家庭教師ではなく、ZoomやSkypeを使ってリアルタイムでマンツーマンの学習指導を提供するオンライン家庭教師も視野に入れてみて下さい。

オンライン家庭教師なら、通勤時間は0時間です。全国どこにいても、インターネット環境さえ整っていれば、指導が可能です。遠くの生徒でも担当できるので、生徒さんからしても講師からしても選択肢が広がります。相性ピッタリの相手を指導できます。また、他人のご家庭にお邪魔するという独特の緊張感がなくなるのも、オンラインのメリットの1つです。

ただ、ご家庭とのコミュニケーションがとりにくくなるのではないか、授業に緊張感が生まれにくくなるのではないかといった心配も懸念されます。また、一般的な家庭教師会社に登録するのと同じように、オンライン家庭教師会社に登録した場合も、手数料をたくさんとられるのではないか、そもそも生徒さんは集まるのかといった不安も当然あるでしょう。


そこでおすすめしたいのが、オンライン家庭教師マナリンクです。マナリンクの手数料は、他者よりずっと安いです。一般的な家庭教師会社は60%に対し、マナリンクなら30%です。しかも、時給3,000円以上と、高時給です。自分で料金を設定できるので、自分の経験や実力に見合った額を手にできます。また、集客に関しても、プラットフォームサイトになっているので心配ありません。自己紹介動画をもとに、生徒さんは事前に講師の雰囲気を確認できるので、ミスマッチが生じにくいです。

さらに、ご家庭と直接指導日以外もやり取りが可能な、マナリンク専用アプリも好評です。これにより、気軽にご家庭とのコミュニケーションをとれます。また、マナリンクは自由度が高い会社なので、自分の努力次第でいかようにも改善できます。
マナリンクでのオンライン家庭教師の働き方について詳しく知りたい方には、無料で「オンライン家庭教師の働き方ガイド」を差し上げています。ぜひ、お問い合わせください。

まとめ

家庭教師会社経由の生徒を個人契約に持ち込むことはできなくはないですが、リスクが大きいのでおすすめはできません。しかしながら、一般的な家庭教師会社に登録する方法を選択すると、多額の手数料が発生します。また、通勤時間など余計な時間がかかる点も難点です。ならばと、個人で集客をし、直接契約をする道を選択するのもアリですが、集客は難しく、トラブルに発展した場合のリスクはつきまといます。

そこでおすすめしたいのが、オンライン家庭教師マナリンクに登録するという道です。オンライン家庭教師なら、通勤時間0時間です。しかもマナリンクなら、指導教科・指導分野が選べるので、自分の得意な分野だけを指導できます。さらに、金額を自分で設定できる上、手数料は30%と良心的です。自由度が高い会社ですが、フォロー体制も整っています。ぜひ、オンライン家庭教師マナリンクを、選択肢の1つに加えてください。