マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

主婦が月20万円以上稼ぐための在宅ワークをご紹介!

2021/9/8
主婦が月20万円以上稼ぐための在宅ワークをご紹介!

はじめに

自宅で家事や育児をしながら、あいた時間を有効に使って、稼げる在宅ワークを始めたいと考えている主婦の方はいらっしゃいませんか?今回は、在宅ワークの中でも、「主婦が月20万円以上稼げるもの」をピックアップします。ぜひ、ご一読下さい。

在宅で稼ぐ主婦が増加【副業や本業】

2013年時点での在宅ワーカーの数は、約126万4千人と推計されています。その内訳は、専業で在宅ワークを行う人が91万6千人、副業で在宅ワークを行う人が34万8千人です。

引用元:在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン (mhlw.go.jp)


さらに厚生労働省の資料によると、在宅ワークで月に10万円以上稼ぐ人が54.3%、月に20万円以上稼ぐ人も35.8%いることがわかります。その中には、もちろん主婦も含まれています。こう考えると、月に20万以上稼ぐことは、夢ではないと言えるでしょう。

主婦が在宅ワークを選択する理由


「家庭は女性が守るもの」という堅苦しい考え方は減少傾向にあるものの、やっぱり子どもが小さいうちは家にいて、子どもの成長を見守りたいと考える主婦の方は少なくありません。

中には、子どもを預けて外で働きたいと思っているものの、保育園に空きがなく、仕方なく家にいる方もいらっしゃるでしょう。いかなる理由であるにしろ、自宅で家事や育児にいそしんでいる主婦の方の注目を集めているのが、在宅ワークという働き方です。

なぜ在宅ワークを選択する主婦が多いかというと、やはり一番の理由としては、「家計の足しにするため」が挙げられます。コロナ禍において、家計全体の収入が落ち込んでいる家庭は少なくありません。また、今は大丈夫でも先行きが不透明な中、稼げるときに稼いでおきたいという主婦の方は少なからずいるでしょう。

でも、それだけではありません。厚生労働省が行った在宅ワークを始めた理由(複数回答可能)に関するアンケート結果によると、40.8%の人が「スキルや趣味をいかした仕事をしたいため」と答えています。主婦を含む在宅ワーカーの多くが、自分がこれまで培ってきた能力を発揮する場として、在宅ワークを捉えていることがわかります。

参考元:在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン (mhlw.go.jp)


月収20万円稼ぐ在宅仕事まとめ【期間と稼働時間をご紹介】


月収20万円稼げるまでの期間順

月収20万円稼げるまでの期間が短い順に在宅仕事をいくつかご紹介します。


①在宅コールセンター
学歴、年齢、経験を問わずに始められるのがこの仕事です。収入は、完全歩合制、一部歩合制、時給制によって変わります。

在宅コールセンターの仕事は、企業のコールセンターやコールセンター代行サービスに所属して、顧客からかかってきた電話での問い合わせに対応したり、申し込み手続きに対応したりする受信業務(インバウンド)の仕事と、発信業務(アウトバンド)の仕事に分かれます。発信業務は、歩合制というイメージが強いですが、最近では時給制の求人案件も増加傾向にあります。

今回は、在宅コールセンターの受信業務で有名な、ある企業のお客様対応に焦点を充ててみましょう。短時間勤務の場合、時給は1,100円です。

週に35時間勤務すると、約17万円稼げる計算になります。これに深夜手当や休日手当が加わると、およそ20万円程となります。よって、20万稼ぐには、月に140時間の勤務が必要です。フルタイムとなれば、週40時間実働で、月27万ほどのお給料が見込めます。最初は覚えることも多いので、10万円を目標に、コツコツ努力を重ねれば、半年で20万円も夢ではありません。

②Webライター
クラウドソーシング上でクライアントと直接業務委託契約を結び、執筆を行います。あるいは、求人サイトを見て、クライアントと直接契約を結ぶパターンも考えられるでしょう。ライター報酬は、1文字0.1円~3円ほどと、どんな分野の記事を執筆するかによって幅があります。

医療系や不動産など専門的な知識が問われる分野だと、高単価が期待できます。そうでなくても、ライターとして最低1年ほどの経験があれば、1文字2円など高単価の記事に挑戦してみることも可能です。

例えば、1文字2円のライターで、1,000文字を30分で書けるとしたら、時給は2,000円となります。月に20万円稼ぐためには、50時間働く必要があります。週に12.5時間だとすると、週に3日、4時間ちょっと働けばよい計算になります。ただし、クラウドソーシングサイトを経由しての受注であれば、報酬から5~20%ほどの手数料が引かれる点に注意が必要です。

③アフィリエイト
アフィリエイトとは、企業の商品やサービスを自分のサイトやブログで紹介して、そこから申し込みが入ったら、報酬がもらえる仕組みのことを言います。

成果報酬型広告とも言います。アフィリエイトを行っている人のうち、約7割の人は収入が発生しており、3割を超える人が1万円以上稼いでいるというデータがあります。

しかしながら、収入を得るのには時間がかかります20万円稼ぐには、1年くらいみておいた方が良いでしょう。その間、経験を積み、知識を増やし、サイトやブログの記事を充実したものに仕上げることに徹します。好きな時間に作業できるので、主婦に人気の在宅ワークです。月に〇〇時間働かなければならないという縛りはありません。

参考元:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2020年


④プログラミング
初心者の方は、まずWeb系のプログラミング言語を学びましょう。なぜなら、副業でできる在宅ワークの仕事が多いからです。

最近は、ネット上でWeb系の基礎を学べるプログラミングスクールも増えてきています。1週間無料体験などを積極的に利用し、まずは自分に向いているか考えてみましょう。できそうだと思ったら、スクールを検討してみて下さい。

基礎力の習得には、200~250時間必要だと言われています。週に5日、1日4時間勉強したとして、およそ2~3カ月要します。実際に稼ぐ際には、Webライターと同じくクラウドソーシングを使用します。1つ5,000円の案件を週に2つこなせれば、月に4万円稼げます。

まずはそこから始めて、1つ1万円の案件を週に5つ(1つ8時間かかるとすると、月に160時間)できるようになれば、目標の20万円を稼ぐことが可能です。基礎力習得の時間も踏まえて、やはり20万円稼げるようになるには、2年はかかるでしょう。

上記以外に、主婦におすすめの副業について紹介している記事を載せておきます。ぜひ、参考になさってください。

主婦の方におすすめしたい副業7選+α | マナリンクTeachers (manalink.jp)


在宅ワークを選ぶポイント


在宅ワークを選ぶ際には、自分がやりたいことでかつやれることを選ぶようにしましょう。在宅ワークなら、子どもが手を離れた後、パートなどで外に働きに行くことになっても、副業として続けられます。

キャリアを重ねれば、稼げる額も増えていくでしょう。良いこと尽くしです。そのためには、シンプルに自分が好きなことを選択しておく必要があります。

しかしながら、好きだからと言って、本業の主婦業に支障をきたすようでは、本末転倒です。睡眠時間を削らなければできないという在宅ワークは、もってのほかです。自分の能力を考慮に入れて、最初だけならまだしも、継続的に無理をしないとできないお仕事は、避けた方が賢明です。

さらに、初期費用がかからないお仕事を選択することも大切です。有料の研修をすすめたり、専用の機材を売りつけてくる会社は要注意です。

主婦が在宅ワークを探す方法

まず、求人サイトで探す方法が考えられます。中には、自分の住んでいる地域と、在宅ワーク名を入力して検索する方法もあります。最近は、働く女性を積極的に採用したい企業が集まる、主婦のための求人サイトも人気です。もちろん、在宅ワーク求人も豊富です。上記は、雇用型の住宅ワーク求人サイトです。

一方で、クラウドソーシング(仕事マッチングサイト)で探す方法もあります。仕事する場所、内容、量もすべて自分でマネジメントできることから、「自営型」と区分できます。

掲載している数や幅の広さで定評があるサイト、初心者向けのサポートが充実しているサイト、自分のスキルを出品できるサイトなど、色々なサイトがあります。

【事前に確認】在宅ワークのデメリット


最初慣れるまでは単価の低い仕事が続きますが、そこが我慢のしどころです。しっかり稼げないからと匙をなげそうになる自分を抑えつつ、自分で目標をたて、在宅ワークに費やす時間を決め実行しなければなりません。強い意思を持ち、自己管理を行う必要がある点は、デメリットの1つです。

また、多くの仕事が成果報酬を採用しており、かかった時間は考慮に入れられない点もデメリットだと言えるでしょう。しかし逆に言えば、短時間で結果を出せば、時間給で支払われるより、報酬額を受け取った方が得になるので、働き方によってはメリットにもなり得ます。

月20万円以上自宅で稼いでいる主婦をご紹介

先に述べた以外に、月20万円以上を稼げる仕事として、オンライン家庭教師があります。オンライン家庭教師なら、毎月安定した収入を得ることができます。さらに、夏期講習の時期はより稼ぎやすくなります。今回は、オンライン家庭教師マナリンクで活躍されているめぐみ先生をご紹介します。

オンライン家庭教師は場所に関係なくキャリアアップを実現できる! | マナリンクTeachers (manalink.jp)


上記の先生は、もともと旦那様の転勤先でパートをしていましたが、現在はオンライン家庭教師で、昼間は家事や趣味の時間に、夜は授業をして、安定した収入を得ています。しっかり収入を得られるため、以前のパートは退職されています。マナリンクは、長く続けるほどキャリアが積み上がり、時給単価を上げることができるので、さらに上を目指せます

オンライン家庭教師マナリンクという選択

教えることが大好きな方はもちろん、何か得意な教科・分野がある方に、オンライン家庭教師マナリンクをおすすめします。マナリンクなら、自分で指導教科、指導内容、料金、授業日時を決められます。主婦業と並行して行うには、もってこいのお仕事です。

まとめ

今回は、主婦が20万円以上稼げる仕事をご紹介しました。仕事を選ぶ際には、やりたいことでかつやれることをポイントに探しましょう。最初から稼げる仕事はありません。地道な努力を継続した先に、明るい未来が待っています。ぜひ、最初の一歩を踏み出してみて下さい。