マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

主婦が在宅で出来る英語の副業は?必要なスキルや資格を確認しよう

2021/9/16
主婦が在宅で出来る英語の副業は?必要なスキルや資格を確認しよう

英語のスキルが役に立つ副業


英語のスキルが役に立つ副業

主婦が在宅で挑戦できる英語の副業として、以下の仕事が挙げられます。

在宅翻訳


英語のスキルを生かせる「在宅翻訳」の副業は、好きな時間にマイペースに働けるので主婦におすすめです。
在宅翻訳の仕事は、「書籍」「マニュアル」「ビジネス文章」などの紙ベースから、「映画」「動画」などの映像翻訳まで、様々なタイプがあります。
未経験の主婦でも、高い語学力があれば、在宅翻訳の仕事は可能です。
ただし、単価の良い大きな仕事は、経験者でなければ、なかなか仕事を取ることができません。
そのため、在宅翻訳で生計を立てられるほどの報酬を稼ぐのであれば、一つ一つ実績を積み重ねていく必要があります。

オンライン英会話講師


人とコミュニケーションを取るのが好きな人には、「オンライン英会話講師」がおすすめです。
オンライン英会話講師の募集には、「大人向け」と「子供向け」があるため、英会話スクールのポリシーや特徴などをよく確認して選びましょう。

オンライン家庭教師


在宅翻訳やオンライン英会話講師をするほどの高い英語力がない場合は、「オンライン家庭教師」がおすすめです。
オンライン家庭教師なら、在宅翻訳やオンライン英会話講師ほど高い英語力が要求されません。
そのため、英語の資格がなくても、オンライン家庭教師になることは可能です。
また、オンライン家庭教師で、生徒に選んでもらうためには、やはり「出身大学」の名前も重要。
英語力に加えて、有名大学を卒業していれば、より集客に期待がもてます。

どのくらいの英語スキルが求められる?


english language

主婦が在宅で英語の副業をする場合、どのくらいのスキルが必要になるかは「職種」によって違います。
TOEIC860点以上の高い語学力を求められるケースもあれば、無資格でも挑戦できるケースがあります。
具体的には、どのくらいの英語スキルが必要なのか?
代表的な例をチェックしてみましょう。

在宅翻訳で必要な英語スキル


在宅翻訳の副業の場合、必要になる英語のスキルはTOEICで860~900点以上。
英検の場合は、準1級以上とボーダーが高めに設置されているのが特徴です。
更に「医学」「金融」「IT」など、専門的な文章を訳す場合は、その分野の専門知識を身につけていることが望ましいです。

オンライン英会話講師で必要な英語スキル


オンライン英会話講師の副業でも、在宅翻訳と同様にTOEIC860点以上、英検準1級以上が求められるケースが多いです。
特に、オンライン英会話講師では、「高いコミュニケーション能力」が求められているため、人好きな主婦の方に向いています。
また、世界的に通用する英会話講師の資格である「ケンブリッジCELTA」を取得しておくと、英会話講師の仕事では高く評価してもらえるのでおすすめです。

オンライン家庭教師で必要な英語スキル


オンライン家庭教師の副業では、特に英語の資格は必要ありません。
むしろ、オンライン家庭教師では、いかに相手にわかりやすく指導できるかの方が重要です。
飛びぬけた英語力がなくても、人に教える能力が高い人は、オンライン家庭教師で活躍できます。
特に、教員や講師の経験がある人は、そのノウハウを副業に生かしてみましょう。

どんな資格を持っていると便利?


書類と万年筆

主婦が英語を使う仕事に就く場合、持っていると便利な資格は以下の4つです。

英検


学生が最も多く受験している英語の資格といえば、やはり「英検」です。
英検を取得していると、受験の時に優遇されて追加点がプラスされたり、英語のテストが満点扱いになるケースもあります。
そのため、小学生・中学生・高校生向けの塾や家庭教師では、英検対策向けのコースも人気。
受験の時に優遇対象になりやすい「2級」「準1級」「1級」を指導できれば、講師の仕事をした時にも役立ちます。

TOEIC


日本でもビジネス英語のスキルを判断する資格として人気がある「TOEIC」。
主婦が英語の副業を探す時にも、語学力の照明として有効です。
ただし、どんなに高スコアでも、TOEICは出来るだけ直近1~2年以内に取得したスコアを提出するのが基本。
高スコアを取得してからブランクが長いと、英語力が鈍っている可能性があるため、最新のスコアを提出しましょう。
あまり英語を使用しない国内企業では730点程度あれば良い方ですが、外資で勤務をする場合は800点以上が求められます。
どんな仕事や企業を受けるかによって、TOEICで必要となるスコアは大きく違ってきます。

TOEFL


北米への留学の際に語学能力を証明する資格としてよく使用されているのが「TOEFL」です。
TOEFLの受験や留学経験がある場合、「留学アドバイザー」やTOEFL対策ができる「家庭教師」や「塾講師」として活躍の場を広げることができます。
留学アドバイザーは、留学経験を重視されるため、TOEFLで高得点を取る必要はありません。
一方、家庭教師や塾講師の場合、TOEFL対策講座を取る生徒の多くが、留学先の入学条件に必要なスコア(IBT61~80点)を狙っているため、講師であればIBT100~110点以上を取得している方が望ましいです。

ケンブリッジCELTA


ケンブリッジCELTAは、世界で通用する「英語講師の資格」です。
ケンブリッジCELTAを取得するためには、「外国語学習の指導法」「教室での模擬練習」など、120時間程度の実践的な指導経験を積まないといけません。
ケンブリッジCELTAの取得は、研修期間を通して総合的に判断されます。
単純に合否が判断される英検とは違い、ケンブリッジCELTAの取得は特殊です。
ケンブリッジCELTAを取得した人は、「PASS A」「PASS B」「PASS」の3段階で成績を評価されます。
英会話講師を目指す場合は、ケンブリッジCELTAを取得していれば、大きな武器になるのでおすすめです。

英語のスキルを副業で活かすならオンライン家庭教師がオススメ!


主婦が気軽に在宅で英語の副業をするのであれば、オンライン家庭教師が一番おすすめです。
オンライン家庭教師なら、英語の資格不要ですぐに副業を始められます。
特に、マナリンクの場合は、自分で指導内容も料金も決めることができるので、希望の報酬で働けるのが魅力です。
「もうちょっと自分のお小遣いが欲しい」
「子供の習い事の足しにしたい」
今よりも収入を増やしたいと思っている人は、是非以下のリンクから応募してみましょう。
関連記事:【決定版】オンライン家庭教師のやり方と失敗しない会社選びとは

まとめ


主婦でもハイレベルの英語力がある人は、取得した資格を利用して「在宅翻訳」や「オンライン英会話講師」に挑戦することができます。
一方、英語の資格を現在の時点で取得していない人は、在宅翻訳やオンライン英会話講師を始めるのが難しいため、無資格でも挑戦できるオンライン家庭教師から副業を始めてみましょう。
オンライン家庭教師は、自宅で好きな時に指導することができるため、育児や家事と両立できます。
在宅ワークの中でも非常に時給が高いので、短い時間でも効率的に稼げるのでおすすめです。