マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

教育実習なしで取れる?社会人の教員免許取得方法から取得までの期間を解説

2022/8/2
教育実習なしで取れる?社会人の教員免許取得方法から取得までの期間を解説

社会人の教員採用状況

採用者数に占める民間企業等勤務経験者の割合は、小学校・中学校・高校教員の合計で3.4%と低い傾向にあります。

出典元:文部科学省「令和3年度(令和2年度実施)公立学校教員採用選考試験の実施状況のポイント」2022年1月31日
https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/content/20220131-mxt_kyoikujinzai01-000020184-6.pdf

また、令和2年度教員採用選考試験の、基本的年齢制限は下記の通りです。


出典元:文部科学省 総合教育政策局 教育人材政策課「令和2年度教師の採用等の改善に係る取組事例」2020年8月7日https://www.mext.go.jp/content/20200722-mxt_kyoikujinzai01-000008797-7.pdf

教員採用試験の年齢制限は年々緩和されています。しかし年齢が上がるにつれて、教育実習の受け入れ先は少なくなる傾向にあります。受け入れ先は早めに探しておきましょう。
とはいえ、人生経験を積んだ社会人経験のある教員が重宝される時代。教員免許の取得に挑戦する価値は、大いにあるといえます。
教員

社会人が教員として働くまでのステップ

社会人が教員として働くまでに必要な、4つのステップについて解説します。

教育免許の種類

教育免許は、特別免許・臨時免許・普通免許の3種類があります。
ここでは、一般的に取得される普通免許について説明します。普通免許は、1種免許(四年制大学卒業)・2種免許(短期大学卒業)・専修免許(大学院卒業)の3種類です。

<h3>教育免許取得にかかる時間と費用
ここでは、一般的な1種免許の取得について説明します。
大学卒業・短大卒業・大学卒業(2年以上在籍・62単位取得済み)の人は、4年制大学に3年次から編入します。したがって、教員免許取得までの期間は、最短でも2年必要です。費用は最低20万円以上が目安となります。
大学中退(2年未満の在籍または62単位未取得)・高校卒業の人は、4年制大学への入学が必要です。4年制大学に通う場合は最短4年、費用相場は70万円以上となります。
また、大学在籍時に途中まで教職課程を受講した場合、大学で取得した単位は免除になります。卒業大学から「学力に関する証明書」を発行してもらい、必ず確認してください。

教育免許の取り方

自分の取得したい種類を決めたら、教員免許の取り方を選択しましょう。
ここからは教員免許の取り方について、主な3つの方法を紹介します。

教員資格認定試験制度

教員資格認定試験は、広く一般社会に人材を求め、教員の確保を図るため、大学等における通常の教員養成のコースを歩んできたか否かを問わず、教員として必要な資質、能力を有すると認められた者に教員への道を開くために文部科学省が開催している試験です。
引用:独立行政法人教職員支援機構「教員資格認定試験」
https://www.nits.go.jp/menkyo/shiken/

教員資格認定試験では、幼稚園教諭・小学校教諭・特別支援学校教諭の2種免許を取得できます。教育実習が不要なので、教育実習なしで小学校教員を目指したい人におすすめです。中学校・高校の教員を目指す方は、この制度を使えないので注意しましょう。

教職特別課程

教職特別課程とは、文部科学省によって次のように定義されています。

教職に関する科目又は特別支援教育に関する科目の単位を修得させるために大学が設置する修業年限を一年とする課程。
引用: 文部科学省「教職特別課程について」
https://www.mext.go.jp/content/20200624-mxt_kyoikujinzai01-000008164-6.pdf

1年間で教職に関する科目を受けられる制度で、中学校・高校の専修免許、1種免許、特別支援学校の1種免許が取得できます。幼稚園教諭、小学校教諭の免許取得はできません。
現在、教職特別課程を受講できる大学は、慶應義塾大学・工学院大学・岡山理科大学・琉球大学となります。
教職特別課程のメリットは教員免許を短期間で取得できること、学生や教員との関わりを持てることです。デメリットは短期間での受講なので、勉強が大変なことです。教育実習や介護等実習を含めると、かなり厳しいスケジュールとなります。

通信大学

通信大学のメリットは、通学するより学費が安いこと、本業と両立しやすいことです。教育実習は必要ですが、社会人が無理のないスケジュールで教育免許取得を目指す際、通信大学は1番現実的な選択肢といえます。
デメリットは、実践的な指導力を身に着けるのが難しいことです。通信大学でも模擬授業は行われていますが、直に指導が受けられないからです。
通信大学を選ぶ際は、指導力が身につくカリキュラムがある大学を選びましょう。また、塾講師や家庭教師の副業をするのもおすすめです。実際の教育現場で指導経験を積めます。

教育免許取得後にやること

教育免許を取得した後にも、採用試験の準備や受験などが必要です。ここからは、教育免許取得後にやることを、公立学校と私立学校に分けて説明します。

公立:教員採用試験を受ける

公立学校の常勤教員になるためには、各都道府県・指定都市教育委員会が行う教員採用試験の合格が必要です。
教員採用試験の出願・採用試験の日程は、県や市によってさまざまです。一般的なスケジュールを下記にまとめました。


出典元:文部科学省「教育免許状に関するQ&A」
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoin/main13_a2.htm

私立:各学校の試験を受ける

私立学校は、学校や学校法人で採用が行われています。採用までの主な流れは、教員適性検査を受検した後、面接の実施です。

公立・私立学校ともに、採用試験の実施時期は決まっていることがほとんどです。教育免許取得後も、実際に教員として働くまでは期間が必要といえるでしょう。
大学

教員免許が取れる通信大学おすすめ3選

社会人が教育免許取得を目指す際、最も現実的な方法は通信大学に通うことです。
ここからは、教員免許が取れるおすすめの通信大学を3つ紹介します。取得できる教員免許の種類・かかる費用・特徴についても解説していくので、通信大学選びの参考にしてください。

佛教大学

佛教大学は、全国でも最大規模の通信制大学です。テレビ会議システムで学習相談を行っているので、迷った時はすぐに相談できます。
テキスト履修科目はすべてオンラインで行いますが、年に数回行われるスクーリング授業は、原則京都での受講となります。
コースは、4年制大学卒業を目指す「学部(本科)」、大学・短大を卒業した人が教員免許取得を目指す「課程本科」、必要な科目のみを履修できる「科目履修コース」、高校や中学を卒業していない人が大学入学を目指す「本科入学資格コース」、すでに教員経験のある人が上位免許を取得する「免許法認定通信教育」の5つです。
大学・短大を卒業して、これまで教職課程を履修していない人は「課程本科」で学びます。
課程本科で卒業までかかる費用の概算は55~65万円です。

明星大学

明星大学は、東京都日野市に通学キャンパスを持つ大学です。
入学コースは、大学の卒業資格を得られる「正科生」、4年制大学卒業者が教育免許取得を目指す「正科・課程履修生」、一部の不足単位だけを履修できる「科目等履修生」の3つです。
4年制大学を卒業して、これまで教職課程を履修していない人は「正科・課程履修生」として学びます。
「正科・課程履修生」で卒業までかかる費用の概算は67~117万円です。費用の幅が広いのは、スクーリング受講費などが科目によって異なるからです。
また、平均で毎年3~4週間実施されるスクーリング受講期間は、東京キャンパスに通学する必要があります。

環太平洋大学

環太平洋大学は、岡山にキャンパスを構える大学です。
通信教育課程の専攻は大学卒業資格を取得できる「正科生」、一部の不足単位だけを取得できる「科目等履修生」、高校や中学を卒業していない人が大学入学を目指す「特修生」の3種類があります。
大学や短大卒業者が教育免許取得を目指す場合は、正科生で3年次からの編入となります。
環太平洋大学の1番の特徴は、スクーリングを全国8箇所で行っていることです。2022年現在、北海道・宮城・東京・神奈川・千葉・愛知・大阪・兵庫・岡山・福岡で受講できます。自宅から近い場所を選べるので、費用を抑えることができます。
正科生で3年次より編入した場合、学費は50~60万円ほどです。
勉強する社会人

教員免許取得と社会人生活の両立

ここまで、社会人が教育免許を取得する方法について解説してきました。
教育実習なしで教育免許を取得できる方法として「教員資格認定試験制度」がありますが、中学校・高校の教員を目指す方は使えません。
小学校の教育免許を取得する場合でも、教育実習なしで取得するのはスケジュール的に困難です。
さらに教員免許取得後も、実際に採用が決まるまでは時間がかかります。社会人で教員免許取得を目指す際は、スケジュール管理以外にも、収入についても考えておくことが必要です。実際に教員として働くまでの間に、安定した収入があると安心ですね。

安定収入を得ながら教員免許取得を目指すなら、オンライン家庭教師がオススメ!

安定した収入を得ながら教員免許取得を目指すなら、オンライン家庭教師のアルバイトに挑戦してみませんか?
オンライン家庭教師とは、ZoomやGoogleMeetなどのオンラインツールを試用して、マンツーマンで指導する家庭教師のことです。通勤時間が0となるので、本業や勉強の合間に効率よく働けます。
中でも、マナリンクは時給3,000円以上で働けるので、安定収入を得るにはぴったりです。担当しているご家庭からの「感謝の声」が溜まると単価が上がり、さらに収入アップが望めます。
また、マナリンクでは、生徒さんからの問い合わせが来やすくなるように自己紹介動画を一緒に作成してくれるほか、運営後のサポートも充実しています。初めてオンライン指導に挑戦する方にもオススメです。
定期的に先生同士の勉強会を実施しているので、スキルアップも可能。オンライン家庭教師として安定収入を得ながら指導経験を積み、教員免許の取得を目指しましょう。
オンライン家庭教師の働き方ガイド

免責事項

こちらの情報は執筆段階でのリサーチ・状況において執筆されたものであり、随時内容のメンテナンスを行っておりますが、 現時点での正確性を保証するものではございませんのでご了承いただけますと幸いです。