マナリンクTeachers
  • TOP
  • 先生マメ知識
  • オンライン家庭教師として開業する際に必要な準備とは?オンライン家庭教師会社に登録するメリットについてもご紹介します。
先生マメ知識

オンライン家庭教師として開業する際に必要な準備とは?オンライン家庭教師会社に登録するメリットについてもご紹介します。

2020年12月16日
オンライン家庭教師として開業する際に必要な準備とは?オンライン家庭教師会社に登録するメリットについてもご紹介します。

オンライン家庭教師として起業する際に必要な準備


出かける準備中

家庭教師の起業を始めるには、後でご紹介する「マナリンク」のようなマッチングサイトに登録するのが一番です。
マッチングサイトに登録する際は、特に必要な準備はありません。
しいて言えば、自分の強みを発見し、プロフィールを充実させることです。
あるいは、家庭教師専門サイトではなく、ココナラなどのスキルマーケットに登録するという手もあります。
マナリンクやココナラなどのマッチングサイトなら、料金の支払いもサイトを通じて行えるので、安心です。
ただ、その分手数料がかかります。
それぞれの手数料を比較し、よく考えてどこに登録するか、十分検討する必要があります。

ビジネスが軌道に乗り始めたら、ホームページやSNSで募集して、直接契約する道も視野に入れてみるといいでしょう。
やり方としては、まず自前のWebサイトを立ち上げます。
その中でレッスン案内を行い、どういったレッスンを展開しているか説明しつつ売り込みます。
サイト内で申し込みの受付、レッスンの予約ができるように設定することも大切です。
レッスン料の授受については、個人事業者でもオンライン決済がしやすい「ペイパル」を使うのが一般的です。
この準備も必要です。

これまで実際のレッスンは、無料通話が可能なSkypeを使うことが通例でした。
しかしながら、当然、生徒の数が増えてくれば、他の講師も増員してスクールの規模を大きくしていく必要がありますが、
そもそもSkypeは「スクール専用」に開発されたわけではないので、指導の方法に制約があり、また複数の講師を一元管理するのが難しいという欠点があります。

よって最近では、Zoomを利用するケースが増えてきています。
「接続安定性の高さ」や、講師からのURL通知をクリックすると自動的に起動してレッスンを受けられるなど、「参加のしやすさ」に定評があるからです。
Zoomを利用するなら、主催者向けのマニュアルを熟読し、まずZoomソフトをダウンロードすることから始めましょう。
あとは、順番通りに準備を進めます。
実際に授業をスタートさせるには、当然生徒にもZoomをダウンロードしてもらう必要があります。
身近な人にお願いして、一度試しに生徒役をやってもらうといいですね。

オンライン家庭教師で起業する際の注意点


こちらをみつめる子ねこ

注意点としてあげられるNo1は、契約についてです。
家庭教師は、1回きりの取引ではなく、長期にわたっての付き合いになることがほとんどです。
よって、契約に関するトラブルには、注意が必要です。
例えば相手の都合でレッスンのキャンセルが続いたり、講師の体調不良などによりレッスンを続けることが難しくなったりした場合、どういう対応をしたら良いか、最初に契約書に明記してお互いに確認しておかないと、いざという時トラブルになりかねません。

また、指導時間以外の対応についてもきちんと決めておく必要があります。
最初からサービス内容を教科の指導のみに限定している場合は別ですが、大抵の場合、勉強の仕方や進路についても相談に乗る必要が出てきます。
これは本人の相談の場合もあれば、保護者の場合もあります。
線引きがないと、どんどん家庭教師に依存してしまい、毎日のように連絡がきて、その都度対応を迫られることも。
そうならないように、あらかじめサービス内容の範囲を明確にしておくことが大切です。

自己資金はいくらぐらい必要?


費用を計算中

オンライン家庭教師なら、パソコンさえあれば始めることができます。
さらに、顔を映す用のWebカメラと手元のノートやテキストを写す用の書画カメラ、パソコンで音声通話をするためのヘッドセットがあれば万全です。

先述したように、自前のWebサイトを立ち上げなくても、今は登録無料のマッチングサイトもあるので、うまくいけば広告費もいりません。
開業資金は、0円でもスタートできます。
かつ、失敗のリスクがほとんどないので、チャレンジしてみる価値はあります。

どうしてもホームページを作成したいなら、ホームページ制作業者に依頼するのもアリです。
デザインのできあがっているテンプレートを利用するタイプの業者なら、ページ数にもよりますが、だいたい3万円~10万円程度で済みます。
ただし、制作者が写真や文章など素材を用意する場合、最低でも20万円~30万円ほど必要になることを覚えておいてください。
さらにホームページは、作って終わりではなく、月々の管理費もかかります。
自社で管理するか、制作会社に依頼するかによって、金額に差があります。
5千円~5万円程度の資金が必要です。

個人でオンライン集客をする方法


パソコンで作業中

個人でオンライン集客をするためには、TwitterやInstagramといったSNSを活用するのが、一番手っ取り早いです。
Twitterの大きな特徴は、リツイートによる拡散性の高さです。
より多くの方にリツイートしていただけるよう、言葉選びには細心の注意を払いましょう。
Instagramは、動画を投稿することが可能なので、オンラインレッスンのイメージを伝えるのに相性の良いツールだと言えます。
ハッシュタグをたくさんつけて投稿しましょう。
もちろん、ホームページを作成し、生徒を募集するのもありです。

個人でオンライン集客をする際には、自分の強みを知り、自分に合ったターゲット層を絞ることが大切です。
一言に家庭教師と言っても、定期テスト対策、中学受験、高校受験、大学受験と様々な種類があります。
さらに大学受験でも、国公立、私立、医療系それぞれで、指導内容は大きく変わります。
手広くやった方が、集客が見込めるような気がしますが、実はその逆。
自分が得意とするターゲットに絞って指導することで結果が出て、自分の自信にもなりますし、今後の売り上げにつながります。

安定した集客を目指すならオンライン家庭教師マナリンクがオススメ!


マナリンクのロゴ

先に述べた通り、マッチングサイトを利用すれば、オンライン家庭教師を開業することは比較的ハードルが低いかもしれません。
ただ、生徒をすぐ獲得できるかはまた別問題です。
親御さんにとって、大事な子供の将来を預けるわけですから、なにより信頼できる人にたのみたいと思うものです。
そのため、講師選びは当然慎重になります。

オンライン家庭教師マナリンクには、学生の講師がいません。
あるいは、指導未経験の方は登録できないようになっています。
プロフェッショナルの集団であるため、生徒も親御さんも安心して利用することができます。

さらにマナリンクにおいて講師は、自由に料金設定やコースの設定を行うことが可能です。
大抵の場合、料金は業者が決めることが多い中、講師自ら料金を設定できるのは、大きな特徴だといえるでしょう。
信頼できる器の中にありながら、自由に授業をやらせてもらえる点から、マナリンクはオンライン家庭教師の中でも人気です。
その結果いい先生が集まるので、評判を呼び、安定した集客につながります。

さらに、手数料が30%のみというのも魅力。
手数料が同業他社に比べてリーズナブルなので、その分料金設定を安くできます。
これも、集客が安定する要因の1つです。

まとめ


教育関係の仕事をされていて、オンライン家庭教師として開業をお考えの方には、
自己資金が不要で、安定した集客が見込めるマナリンクをおすすめします。

料金設定自由!オンライン家庭教師の募集・登録 | マナリンク (manalink.jp)