マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

兼業主婦の1日のスケジュール例【スケジュール作成のコツも解説】

2021/9/16
兼業主婦の1日のスケジュール例【スケジュール作成のコツも解説】

「兼業主婦が毎日をどんなスケジュールで過ごしているのか知りたい」
「兼業主婦だけど家事・育児と仕事の両立に悩んでいる」

本記事では、上記の方に向けて兼業主婦の毎日のスケジュールや仕事と家事・育児を両立する方法を紹介しています。

兼業主婦は仕事と家事・育児を両立する必要があり、効率のよいスケジュールを立てて毎日行動する必要があります。
毎日メリハリを持ちつつ、無理のないスケジュールを組むためにスケジュールを組むためのコツも本記事で確認していきましょう。

本記事を読めば、兼業主婦のスケジュールの組み方がわかり家事や育児と両立しやすい仕事の条件もわかりますよ。

兼業で働いている主婦の一日のスケジュール


兼業主婦は仕事と家事・育児の両立をしなければならず、スケジュール管理が重要となってきます。

本記事では、

  • フルタイムで仕事をしている兼業主婦
  • 時短勤務・パートをしている兼業主婦


のスケジュールを紹介していきます。

フルタイムで仕事をしている兼業主婦


フルタイムで仕事をしている兼業主婦の1日のスケジュール例は以下の通りです。

6:00 起床後、家事や身支度
7:40 出勤
18:00 終業
19:00 帰宅後、夕飯の支度や片付け
22:00 自由時間
23:00 就寝

子供がいてフルタイム勤務の兼業主婦は上記スケジュールに育児が加わるので更に忙しい可能性も高いです。

時短勤務・パートをしている兼業主婦


続いて時短勤務・パートをしている兼業主婦の1日のスケジュールを確認していきましょう。

6:00 起床後、家事や自分と子供の身支度
8:30 子供の幼稚園・保育園の送り・出勤
15:00 終業
16:00 子供のお迎え
17:00 帰宅後、夕食準備や子供の世話
20:00 子供を寝かしつける
21:00 残りの片付けや家事をする
22:00 自由時間
23:00 就寝

時短勤務やパートをしている兼業主婦の多くは育児中の方が多いかと思います。

そのため勤務時間自体は短いですが、家事や育児にとられる時間が多く忙しさはフルタイム女性と変わらないケースもあります。

兼業をしている主婦の主な理由


先ほど紹介したように兼業主婦は仕事と家事・育児を両立する必要があるので、ハードスケジュールです。

兼業主婦がそんなハードスケジュールな生活を続けるのには理由があります。

兼業主婦が仕事をする理由は人それぞれですが、よくある理由は以下の3つです。

  • 家計のため
  • 仕事が好きだから
  • 生活にメリハリを付けたい


兼業主婦を続けていくのが大変で働き方を悩んでいる方は、ご自身が仕事を続けたい理由を一度整理してみてもいいのかもしれません。

それぞれ詳しく解説していきますね。

家計のため


家計を支えるために兼業主婦をしている方は多いです。
高度経済成長期やバブル期とは違い、男性のみの給料では生活をしていくことが難しくなってきています。

生活自体は男性のみの収入で何とかなる場合でも、

  • 子供の教育費を確保したい
  • 旅行や趣味などにもお金を使いたい


と考えて仕事をする兼業主婦もいます。

確かに専業主婦だといくら頑張ってもお給料は発生しないですが、兼業主婦として働けば自分が頑張った分だけお給料をもらえるのでやりがいがありますね。

仕事が好きだから


仕事が好きだから結婚や出産をしたとしても仕事を辞めたくない女性も一定数います。
まだまだ今の日本社会では、一度正社員の仕事を辞めた方が再び正社員の職に就くのはハードルが高いです。

  • キャリアを中断させたくない
  • 今のポジションを維持していたい


と考えて兼業主婦で努力し続ける方も多いです。

生活にメリハリを付けたい


一度は専業主婦になったものの生活にメリハリが欲しくて、再び兼業主婦になる女性もいます。

専業主婦は穏やかな日常を送れる一方で毎日家事や育児をするだけで物足りないと感じる方もいるようです。

特に小さい子供を育児中の方は、24時間子供といる生活に疲れてしまいメリハリを付けるために仕事をしているケースもあります。

スケジュールを決める際のコツ


兼業主婦がスケジュールを決めるときに意識しておきたいことは以下の3つ。

  • ひとりで家事・育児をしようとしない
  • 完璧主義をやめる
  • 自分や家族の求める家事・育児のレベルを考える


それぞれ詳しく解説していきますね。

ひとりで家事・育児をしようとしない


兼業主婦は男性のように仕事をしています。

そのため、ひとりで家事・育児をこなすのではなく、家族で協力して家事や育児をこなす意識を持ちましょう。

  • 旦那さんと家事・育児の分担を考える
  • 分担が難しい場合は自分のことを自分でしてもらう
  • 子供も自立できるようにしつけをしていく


などが必要です。

完璧主義をやめる


兼業主婦は仕事をしていて、そもそも家事や育児に時間を割くのが難しいです。

そのため完璧主義をやめて「今日できなかった家事は週末やる」くらいの気持ちでいた方がストレスなく過ごせます。

兼業主婦が完璧主義でいると、ストレスで体調を崩したり、家庭の雰囲気が悪くなったりする可能性もあります。

自分や家族の求める家事・育児のレベルを考える


スケジュールを決める前に自分や家族が求める家事・育児のレベルを考えておきましょう。

家事や育児には正解がなく、自分や家族が毎日気持ちよく過ごせれば十分だからです。
特に専業主婦だった方が仕事を再開して兼業主婦になる場合、専業主婦時代の家事・育児レベルを維持しようとしてしまいがち。

自分や家族が気持ちよく過ごせるなら必要のない家事はどんどん手放していきましょう。

兼業にオススメの仕事


兼業主婦を無理なく続けるには、仕事の種類もよく検討する必要があります。

そもそも仕事内容や勤務先によっては、家事や育児との両立が難しい場合もあるからです。

兼業主婦に向いている仕事や職場の特徴は以下の通りです。

  • スケジュール調整がしやすい仕事
  • やりがいを持てる仕事
  • 自分のペースで仕事ができる職場
  • 自宅や保育園と近い職場
  • 自宅でできる仕事


これから仕事をしようとしている主婦の方は上記の条件に合う職場や仕事を見つけてみてください。

お住いのエリアでは、なかなか良い条件の仕事が見つからない場合には自宅で在宅ワークなどをするのも選択肢のひとつです。

時間を自由に設定するならオンライン家庭教師がオススメ!


兼業主婦が家事や育児と両立しやすい仕事をするなら、オンライン家庭教師がおすすめです。

オンライン家庭教師は、自宅でインターネットを通じて生徒に勉強を教える仕事です。
オンライン家庭教師であればご自身で仕事量の調整もしやすく、自由な時間で働けます。

オンライン家庭教師の仕事をするのであれば、生徒を紹介してくれるオンライン家庭教師登録会社を活用するのがおすすめです。



オンライン家庭教師登録会社には複数ありますが、中でもオンライン家庭教師マナリンクは以下の点が魅力です。

  • 授業料金の設定は家庭教師ご自身で可能
  • 独自のチャットシステムにより、保護者や生徒と直接連絡が取れる
  • オンライン家庭教師マナリンクに支払う手数料は授業料の30%のみ


オンライン家庭教師マナリンクは上記のように、自由度の高さと支払い手数料の低さが魅力です。

家事や育児と両立しやすく報酬が高くやりがいのある仕事をしたい兼業主婦の方はオンライン家庭教師マナリンクへの登録をご検討ください。

まとめ


兼業主婦が仕事と家事・育児の両立をするためには、毎日のスケジュール管理が重要です。

仕事や子供の幼稚園・保育園の送り迎えなど、絶対に動かせない予定を基本にして毎日過ごしやすいスケジュールを作っていきましょう。

しかし仕事内容や職場によっては、兼業主婦や旦那さんがいくら努力をしたとしても家事や育児との両立が難しい場合もあります。
その場合には、家事や育児と両立しやすい仕事を選ぶのもおすすめです。

兼業主婦におすすめしたい家事や育児と両立しやすい仕事は、オンライン家庭教師です。

オンライン家庭教師であれば、自宅でインターネットを使って生徒に勉強を教えるやりがいのある仕事が出来ます。

オンライン家庭教師の登録会社にはいくつかありますが、中でもオンライン家庭教師マナリンクは、自由度の高さと支払い手数料の低さが魅力となっています。