マナリンクTeachers
先生マメ知識

元塾講師が転職して活躍できる方法・オンライン家庭教師

2021年6月17日
元塾講師が転職して活躍できる方法・オンライン家庭教師

塾講師としての経験が活かせる仕事とは?


教壇

仕事をするにあたり、経験やそこで得た知識は必ず役に立ちます。だからこそ、自らの経験を活かせる場所を転職先に希望する方が多く見られます。

それぞれの職業によって経験や知識は異なるものですが、塾講師という生徒に指導する職業は、学力や知識だけでなく指導力や生徒に対するコミュニケーション能力などさまざまな能力が求められます。
もちろん、塾講師の経験によって業界を問わず、営業や事務など企業でも活かすことができる能力はたくさん身に付いています。

しかし、やはり最も活かすことができるのは塾講師と同様、教育や指導に携わる職業でしょう。

では、塾講師としての経験を活かせる教育に携わる仕事を下記に挙げてみます。

  • 家庭教師
  • 教師
  • 教材開発
  • オンライン講座の運営会社


行為った教育に携わる仕事であれば、塾講師でなくても、教育業界であることは違いないので、必ず経験を活かすことができるはずです。

塾講師の方が辞めたいと思う理由


塾講師の方が辞めたいと思う理由

どんな職業にも、辞めたいと思う瞬間はあるものですが、具体的な理由についてはその職業ならではの労働環境や条件が関係しています。
続いては、実際に塾講師経験のある方が、塾講師を辞めるきっかけとなった理由についてよくあるものとその理由を挙げてみます。

授業以外の作業が多い
塾講師は、塾での授業以外にも保護者宛ての資料作成や受付対応、チラシ作り等の事務処理等の作業が多い。

指導する科目を選ぶことができない
人員不足の塾の場合、自分が希望する科目以外の授業を受け持たなければならないことも多い。

職場の人間関係
塾講師に限らず、職場に輪を乱すタイプの同僚や、気の合わない上司がいるとストレスに感じる。

帰宅時間が遅い
夜遅い時間帯の授業を受け持っていると、帰宅時間が遅くなる。

給与に不満
授業や指導以外の作業も含め、拘束時間や仕事量と給与が見合っておらず不満に感じる。

これは塾講師の経験があり、転職した方からよく聞く本音です。おそらく、今塾講師からの転職を検討されている方は思い当たるものがあるのではないでしょうか。

転職時の面接で押さえておきたいポイント


打ち合わせの様子

塾講師からの転職を検討しているのであれば、まずマスターしておきたいのが、面接での対応です。
各業界ごとに職業によって求められる経験や人物像が異なることから、塾講師としての活躍や身に着けた強みを面接時に伝える必要があります。

いかに自分が魅力的な人材であるかをアピールできるかが採用のカギを握っています。
そこで、塾講師からの転職時の面接で押さえておきたいポイントについてその理由も踏まえて見てみましょう。

コミュニケーション能力
受け持っている生徒やその保護者の方と接する機会が多いことから、年齢や性別を問わず高いコミュニケーション能力がある。

物事をわかりやすく伝達する力
塾講師とは教えることが仕事であるため、物事を誰にでもわかりやすく、かつ印象的に伝える能力が高い。

企画力
塾では定期的にイベントが行われるため、担当した経験がある場合には企画力もアピール可能。

事務能力
前述したように塾講師は事務作業も多いため、自然と事務能力も身につく。

マネジメント能力
塾の運営者や塾長などの経験者であれば、マネジメント能力をアピールすることが可能。

ただ指導していた経験や、自身の得意科目・指導科目を伝えるだけでは塾講師としての経験や実績を十分に伝えることができません。
転職時の面接対策としては、「指導+α」の一面をいかにアピールできるかどうかを重視して考えましょう。

塾講師ならオンライン家庭教師がオススメの理由


飛び跳ねる二人

転職先を考えるとき、中にはこれまでと全く違った業界で活躍したい方もいらっしゃるでしょう。
もちろん、全く新しい業界で再スタートするのことは、一つの選択肢として良いですが、やはりせっかく塾講師としての経験や知識があるのであれば、余すことなく活かす職業が適職と言えます。
塾講師からの転職で、特にオススメしたいのが、オンライン家庭教師です。

オンライン家庭教師とは、オンラインでの家庭教師指導のことです。
基本的にマンツーマンという指導方法は従来の家庭教師と同じですが、先生が生徒の自宅に足を運ぶ必要がなく、オンラインで指導するという今注目の指導方法です。

オンライン家庭教師であれば、塾講師で得た指導経験や能力、ノウハウを活かすことがでますし、何より塾講師と比較してネガティブな一面が少ない点が魅力です。
上記の「塾講師を辞めた理由」にも挙げたように、塾講師とは違って基本的に指導以外の事務作業などもないので指導に力を入れることができます。さらに、職場に足を運ぶことがでないので、上司や部下、同僚との相性など人間関係に悩む必要もありません。

指導する科目の選び方や給与面は、各家庭教師サイトや運営によっても異なりますが、弊社オンライン家庭教師マナリンクで言えば、指導する科目は自由に選ぶことができる上、指導に要する料金は実際に指導される先生方が設定することができます。
指導だけでなく伝達事項等も基本的に先生と指導を受ける生徒(保護者)との間で完結するので、誰かが介入することもなく精神的な負担が少ないと言えます。

塾講師を経験する上で、不満に感じていたことや辞めた原因となったことが当てはまらないことからも、デメリットが限りなく少ない働き方と言えるのではないでしょうか。

さらに塾講師を経験された方に知っていただきたいのが、マナリンクに所属されている先生方は皆さん指導のプロフェッショナルであるということです。家庭教師というと学生アルバイトの方が多い中でマナリンクは他の家庭教師とは違う強みであると同時に、高い評価を得ている理由です。

塾講師や教員としての経験がある方を始め、指導に対する熱い思いのある先生ばかりが活躍されているので、自らの経験を活かしたい、学ぶ楽しさを伝えたい方にピッタリと言えるのではないでしょうか。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

まとめ


塾講師として活躍された経験のある方や、現在塾講師として働いているけれど転職を検討しているという方必見の、塾講師の経験を活かせる仕事やあなたと同じように辞めたいと思う理由、塾講師からの転職ならオンライン家庭教師をオススメする具体的理由に至るまでご紹介しました。

転職することは覚悟が必要ですし、タイミングも重要です!転職したい、さらなる上を目指したいと思っている方は今がそのタイミングと言えるのではないでしょうか。

ぜひ、塾講師としてのこれまで培った経験やスキルを活かして、あなたが輝ける転職先を見つけてください。

もし、やっぱり指導する仕事に就きたいけれど塾講師よりも制限なく仕事がしたいという方は、弊社オンライン家庭教師マナリンクをご検討ください。