マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

オンデマンド授業とオンライン授業の違いは配信方法!学習効果を最大化させる授業方法もご紹介

2021/9/16
オンデマンド授業とオンライン授業の違いは配信方法!学習効果を最大化させる授業方法もご紹介

はじめに

コロナ禍によって学校教育だけでなく、塾や家庭教師においてもオンライン授業が推進されています。オンライン授業の形態のひとつとして「オンデマンド授業」がありますが、オンライン授業とオンデマンド授業の違いとは一体何なのでしょうか?
この記事では、オンデマンド授業とオンライン授業の違いやそれぞれのメリット・デメリット、ふたつの形態を上手に運用し授業効果を更に向上させる活用方法についてご紹介します。

オンデマンド授業とオンライン授業の違い


オンデマンド授業とオンライン授業、一見同じようなものにも見えてしまいますが、違いとは何なのでしょうか?

  • オンデマンドとは?

そもそもオンデマンドとは、ユーザーが希望した画像や動画等のサービスを提供することを指します。近年、オンデマンドサービスが更に充実し、動画配信サービスやeラーニング等のさまざまなコンテンツがオンデマンドで楽しめるようになりました。

ビデオ・オンデマンドサービスを想像するとわかりやすいですが、ユーザーが好きなときに好きなコンテンツにアクセスできる、というのがオンデマンドです。

有名なオンデマンドサービスというと、Youtube・Netflix・hulu・Amazon Prime Video・AbemaTVなどのビデオ・オンデマンドサービスが挙げられます。

また、ダウンロード不要のゲームストリーミングサービスもオンデマンドのひとつで、Googleが提供するStadiaが有名です。eラーニングも昨今コロナ禍で注目が集まっており、プログラミング研修などに用いられています。
参考元:オンデマンドとは?意味や用語解説、人気動画配信サービスも紹介!/起業LOG

  • オンデマンド授業とは?

オンデマンド授業とは、ユーザー(学生)がオンデマンド授業サービスにアクセスし、自分が好きなときに動画/音声/文書で勉強できるコンテンツです。講師/学生どちらもリアルタイムで授業を行う必要がありません。
参考元:オンデマンド授業ガイド/北海道大学

  • オンライン授業とは?

オンライン授業とは、広義にはインターネットを使用した授業のことをはします。オンライン授業の中にはライブ授業(同時配信授業)とオンデマンド授業があり、それぞれを上手に組み合わせることで授業効果を上げる例も多数あります。
厳密にはオンデマンド授業はオンライン授業に含まれますが、基本的にはZoomやSkypeなどを用いたライブ授業を指すことが多いです。
参考元:オンライン授業とは?/北海道大学

オンデマンド授業とオンライン授業のメリットデメリット

オンデマンド授業とオンライン授業を踏まえた上で、それぞれにどのような違い・特徴があるかを知り、メリット・デメリットをはっきりさせることで、最適な形で授業に活かせるようになります。

  • オンデマンド授業

メリット:好きな場所・時間に授業を受けられる。
オンライン授業と比較すると通信料が少なくて済む。

デメリット:リアルタイムで質問や意見交換、討論ができない。
双方向の授業ではないため、オンデマンド授業用の工夫が必要。
オンデマンド授業を受講したのか確認する必要がある場合もある。

  • オンライン授業

メリット:好きな場所で対面授業に近い授業を受けられる。
質問や意見交換、討論をその場で行える。

デメリット:十分なインターネットの接続環境が必要。
教師・生徒間でスケジュールを合わせる必要がある。

相性が良い指導方法

  • オンデマンド授業

オンデマンド授業を用いる場合は、基礎的な知識を詰め込む授業と相性が良いです。
オンデマンドは一方通行になってしまうため、その場で質問ができないので、予習しておくべき重要なポイントや宿題等、各自好きな時間に学習を委ねることで、教師と生徒が時間を自由に使うことができます。

  • オンライン授業

オンライン授業では、特に教師-生徒間や生徒-生徒間等のやり取りを活発に行う授業が向いています。
討論を行う授業や、発展的な学習を伴う授業内容の場合は、教師と生徒の双方向のやり取りをする必要のある授業はリアルタイムのオンライン授業でしかできません。

両方を取り入れたブレンド型授業とは


オンデマンド授業とオンライン授業のデメリットを打消しメリットで補い合えるような組み合わせとなる、更なる学習効果を向上させる手法のひとつとして「ブレンド型授業」というものが挙げられます。

オンライン授業をする場合、限られた授業時間の中で「知識のインプット」→「知識のアウトプット」→「フィートバック」を行うのが難しい場合も多いです。

そのため、教師と生徒の双方向のやり取りの必要がない学習をオンデマンド授業に移行し、やり取りが必要な授業をオンラインで行うことで、オンデマンド授業とオンライン授業のメリットを最大限に活かすことができます。

【ブレンド型授業の一例】反転授業

反転授業とは?

反転授業とは上記の画像の通り、「知識をインプットする作業(予習)」をオンデマンド授業で生徒自身が行い、「知識をアウトプットする作業(復習・フィートバック)」を双方向のオンライン授業で行うことを指します。

反転授業を行うことで、教師→生徒への一方的な知識の伝達になりがちだった知識のインプットの時間を生徒自身が任意の場所・時間に行うことができ、復習をオンライン授業にて教師⇔生徒間で活発にやり取りできるので、学習の取りこぼしを防いで発展的な内容まで繋げることができるのです。

このように、オンデマンド授業とオンライン授業の違いを逆手に取って上手に活用することで、対面授業とはまた違った学習の幅を持たせた授業を展開できるようになります。

ブレンド型授業の学習効果


ブレンド型授業の学習効果

  • 個々の学習ペースに合わせられる
  • 授業の時間をアウトプットする時間にできる
  • 生徒と先生の負担を減らせる
  • 生徒の興味やモチベーションを向上させられる


  • 個々の学習ペースに合わせられる

オンデマンド授業を取り入れることで、生徒が各々のペースで学習できるようになります。
個別指導に導入する場合は他の生徒とオンデマンド学習の足並みを揃える必要もないため、オンデマンド授業で学習した範囲のオンライン授業のフィートバックを生徒のペースに合わせられるメリットがあります。

  • 授業の時間をアウトプットする時間にできる

通常の授業の流れだとどうしても「単元の内容(知識)を一通り学習する」→「演習する」という流れになってしまいますが、知識のインプットに時間がかかってしまって授業が押してしまうことも多々あるのではないでしょうか?

「時間が足りないので問題演習は宿題でやってきてね」という流れはごく一般的ですが、演習を生徒に任せてしまうとわからない問題を一人で解決できずに宙ぶらりんになってしまいます。反転授業を取り入れることで生徒の演習時間をたっぷり確保し、苦手な問題/単元に対するフォローや応用/発展問題に取り組む余裕が出てくるのです。

  • 生徒と先生の負担を減らせる

反転授業の場合、双方向のオンライン授業の主体は生徒になるため、教師側は授業準備の手間を省けるという大きなメリットがあります。オンデマンド授業に外部サービスを使わず教師自身が準備する場合は別途手間はかかりますが、それでもオンデマンド授業は一回準備しておけば済むため、オンデマンド授業が整備できれば教師の負担が減ります。

また、反転授業は生徒の負担も減らせる側面があります。学期の途中から入ってきて周りに学習の進捗が追いついていない生徒でも、自宅でオンデマンド授業をすることによってすぐにオンライン授業に追いつけます。

  • 生徒の興味やモチベーションを向上させられる

授業内で映像を上手に扱うことで、生徒の関心を集めたり授業にメリハリをつけることができますが、オンデマンド授業でも同様に上手に映像や音声を有効活用して生徒の集中力・モチベーションを向上させられます。授業で知識をインプットする場合、教科によってはどうしても教科書の文章を読むだけの時間など、単調な授業になってしまいがちです。
オンライン授業では映像で視覚的・聴覚的な工夫をしやすく、生徒が飽きないような授業作りがしやすいです。

オンライン授業

ブレンド型授業の効果を出せるオンライン家庭教師

実際に個人塾を経営されている方で、マナリンクで反転授業を実践されている原野先生にお話をお伺いしました。

例えば個人塾を経営されていて指導技能もある方であっても、個人でオンライン授業システムを導入したり、そのために集客をしたりすることは、予算や労力だけでなく時間も必要なので大変難しいことだと思います。そういう方こそすでに環境が整っているマナリンクさんを利用すれば、すぐに力が発揮できると思います。


原野先生のインタビュー全文はこちら↓
個人塾経営者だからこそオンライン家庭教師をする理由 | マナリンクTeachers

コロナ禍によって更にオンライン環境を使った授業が普及し始めましたが、それでも対面授業をメインに行っていた方たちにとって、いきなりブレンド型授業を導入するのはリスキーに思えてしまいます。

オンライン家庭教師マナリンクなら、ご自身の塾でオンライン授業を導入する前に実際にオンラインで指導できます。マナリンクのオンライン授業のシステムを使って実際のブレンド型授業の流れが掴みやすいです。

まとめ

オンライン授業とオンデマンド授業の違いを正しく理解することで、インターネットを使ったオンラインの授業をより効果的に扱うことができます。オンデマンド授業を活用する際は生徒がいつでもオンデマンド授業にアクセスできるプラットフォームを用意しましょう。

また、オンデマンド授業だけでは不十分な場合が多いため、オンライン授業と上手に混ぜたブレンド型授業を取り入れる等して授業効果を上げましょう。