マナリンクTeachers
  • TOP
  • 先生マメ知識
  • 塾講師を辞める理由5つ【塾講師以外でおすすめの教える仕事も紹介】
先生マメ知識

塾講師を辞める理由5つ【塾講師以外でおすすめの教える仕事も紹介】

2021年2月3日
塾講師を辞める理由5つ【塾講師以外でおすすめの教える仕事も紹介】

「塾講師を辞める理由が知りたい」
「こんな理由で塾講師を辞めるのは甘えだろうか」

本記事では、上記のようにお悩みの方に向けて、塾講師を辞めるときのよくある理由を解説しています。

塾講師は生徒に勉強を教えるやりがいのある仕事です。

その一方で、指導以外の業務も多く塾講師を辞めたいと思ってしまう方もいます。

責任感が強い方ほど、指導している生徒のことを考えて塾講師を辞めるのをためらってしまうのではないでしょうか。


本記事では、塾講師を辞めるときによくある理由や塾講師以外で人に教える仕事を解説します。
本記事を読めば、塾講師を円満退職する方法や退職後のキャリアプランがわかります。

塾講師を辞めたい理由とその対処法


塾講師を辞める理由で多いのは以下の5つ。

  • 生徒への授業以外の仕事が多い
  • 生徒が言うことを聞いてくれず自信をなくす
  • 指導科目や学年を選べない
  • 職場の人間関係が合わない
  • 仕事内容や量に対して給料が低いと感じる


対処法と共に詳しく解説していきますね。

生徒への授業以外の仕事が多い


塾講師は生徒に勉強を教える以外にも、たくさんの仕事があります。
授業の前後の準備や生徒からの質問対応にも、以下のような仕事を任されるケースも多いです。

  • 保護者向けの資料作成
  • 新規生徒獲得のための営業や販促業務
  • 塾の受付対応
  • 備品の管理・教室の掃除


生徒に勉強を教えたいから塾講師になったのに、慣れない営業や事務作業をやるのは大変ですよね。

生徒への指導に特化した塾講師になりたいのであれば、

  • 指導力を高めて実績を残す
  • 受付や事務担当がいる大手の塾で講師になる


などの工夫が必要です。

生徒が言うことを聞いてくれず自信をなくす


「塾に通う生徒はみんな勉強に対してやる気を持っているはず」

こんな風に考えて、塾講師になった方ほど、生徒が思うように行動してくれないと自信ややる気を失くしてしまう可能性が高いです。
塾に通っている生徒の中には、生徒本人もやる気を持ち意欲的に通っていることもいますが、中には親に強制されて仕方なく通っている子もいます。

  • やる気のない生徒
  • 出来が悪くなかなか成績が上がらない生徒


上記の生徒を受け持ったときに、自分の指導力に対して自信を持てずに塾講師を辞めてしまう場合も多いです。

  • 全ての生徒が意欲的に塾に通うわけではない
  • 生徒一人ひとり伸びる速度や度合いは違う


このように考えて、生徒に対して適切な距離感を保つと塾講師の仕事を続けやすくなりますよ。

指導科目や学年を選べない


指導科目や学年を選べず、希望する科目・学年以外の指導をさせられるケースもあります。
自分の得意を活かすために塾講師になったのに、専門外の科目を指導させられるのは辛いですね。

今後のキャリア形成を考えた場合も、自分の希望していない科目や学年の指導をしている時間はないと考える方もいるのかもしれません。

指導科目や学年が希望通りにいかない場合、今の塾ではなく別の塾や予備校で勤務するのもひとつの選択肢かと思います。

職場の人間関係が合わない


塾講師は人間関係が重視される職業です。
生徒を通じて他の塾講師と関わる機会も多いですし、保護者対応や塾長、事務の方と接する機会も多いです。

職場を取り巻く人間関係に悩みを抱えてしまい、塾講師を辞める方も多くいます。

人間関係が原因で塾講師を辞めた場合は、

  • 別の塾や予備校で勤務する
  • 人間関係に悩まなくて良い家庭教師の仕事をする


のがおすすめです。

仕事内容や量に対して給料が低いと感じる


先ほど解説したように、塾講師は仕事量が多く拘束時間も長いです。
仕事内容や量に対して、給料が低くやりがいやモチベーションを保てずに辞めてしまう塾講師もいます。

塾講師の仕事自体に不満がない場合は、空き時間でオンライン家庭教師をして副収入を得るのも良いかと思います。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

退職の理由はどうすればいい?


塾講師を辞めるときの退職理由は「別にやりたいことが見つかった」などとポジティブな理由を伝えるようにしましょう。
人手不足の塾の場合、退職理由があいまいだと引き止められてしまう可能性もあるのでご注意ください。

率直に「今より収入を増やしたい」と伝えるのも良いでしょう。

職場や仕事内容に不満があったとしても、退職理由として不満を伝えるのが避けた方が良いかと思います。

また退職時には、

  • 生徒の引継ぎを完璧にする
  • 出来るだけ早めに退職について相談する


などの配慮も必要です。

職場や人間関係に不満があったとしても、あなたが退職して1番困るのは生徒のはずです。

生徒への影響が出来るだけ少ない形で退職できるといいですね。

退職を伝えるタイミングは3ヶ月から半年前程度が理想的です。遅くても退職の1ヶ月前には伝えて生徒の引継ぎを行いましょう。

塾講師以外の教える仕事について
塾講師以外にも、人に何かを教える仕事はたくさんあります。

塾講師以外で人に教える仕事は以下の通りです。

  • 教員
  • 家庭教師
  • カルチャースクールや習い事の講師


それぞれ解説していきますね。

教員


教員免許を持っているのであれば、教員を目指してみるのもいいですね。

塾講師と違って、教員は昼間に働く仕事ですし報酬も高めです。
収入や生活リズムが安定して、暮らしやすくなったと感じる方も多いのではないでしょうか。

ただし科目やお住いのエリアによっては、教員の仕事は人気で倍率も高いので、計画を立てて目指していく必要があります。

家庭教師


家庭教師であれば、生徒の自宅に訪問して授業を行うので、塾よりも人間関係に悩まされる心配がありません。
塾講師の経験をそのまま活かすことも可能です。

家庭教師の場合、

  • 生徒の自宅に訪問する時間の報酬は発生しない
  • 指導エリアによっては生徒の獲得が大変


というデメリットがあります。

上記のデメリットにお悩みの方は、全国各地から生徒を探せて、自宅でインターネットを使って授業を行えるオンライン家庭教師がおすすめです。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

カルチャースクールや習い事の講師


教える仕事がしたいのであれば、カルチャースクールや習い事の講師をしてみるのもいいですね。

  • パソコン教室
  • 幼児教育スクールの講師
  • 英会話教室の講師


など、あたなのこれまでの経験や特技を活かすことが可能です。

在宅でストレスなく指導をするならオンライン家庭教師がオススメ!


「塾講師のように長時間拘束される仕事は嫌だ」
「自宅で好きな時間に働きたい」

上記のように考える方は、オンライン家庭教師として働いてみてはいかがでしょうか。

オンライン家庭教師は、インターネットを使って生徒に勉強を教える仕事です。
オンライン家庭教師なら、これまでの塾講師としての経験も活かせます。

更に、インターネットを使って授業を行うので、

  • 全国各地から生徒を探せる
  • 生徒の自宅に訪問する時間を節約できる


メリットがありますよ。

オンライン家庭教師として仕事をするのであれば、生徒とマッチングさせてくれるオンライン家庭教師紹介会社に登録するのが効率的です。

国内にオンライン家庭教師紹介会社はいくつかありますが、中でもオンライン家庭教師マナリンクは以下の点で魅力的。

  • 授業料金の設定は家庭教師ご自身で可能
  • 独自のチャットシステムにより、保護者や生徒と直接連絡が取れる
  • オンライン家庭教師マナリンクに支払う手数料は授業料の30%のみ


オンライン家庭教師マナリンクは、授業の自由度の高さと支払い手数料の低さが強みです。

オンライン家庭教師マナリンクで、オンライン家庭教師になれば自宅で効率よくあなたの強みを活かして、お金を稼げます。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

まとめ


塾講師を辞める理由は人それぞれですが、主な理由は以下の5つです。

  • 生徒への授業以外の仕事が多い
  • 生徒が言うことを聞いてくれず自信をなくす
  • 指導科目や学年を選べない
  • 職場の人間関係が合わない
  • 仕事内容や量に対して給料が低いと感じる


生徒に勉強を教える仕事はやりがいもあるし好きだけど、収入や指導以外の業務が理由で辞めるのであれば、オンライン家庭教師の仕事をしてみるのがおすすめ。

オンライン家庭教師であれば、自宅でインターネットを使って生徒に勉強を教えられます。

全国各地から生徒を探せるので収入が安定しやすい
自宅で授業を出来るのでストレスフリーな状態で働ける

上記2点がオンライン家庭教師の魅力です。

オンライン家庭教師の仕事を始めるのであれば、授業の自由度が高く、支払い手数料が低いオンライン家庭教師マナリンクの登録をご検討ください。