マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

小学校教師の仕事が辛い理由【小学校の先生の資格や経験がいかせる仕事も紹介】

2021/7/1
小学校教師の仕事が辛い理由【小学校の先生の資格や経験がいかせる仕事も紹介】

小学校教師が辛いと感じる原因

悩んでいる女性

教師の中でも特に小学校教師が大変な理由は以下の3つです。

  • 時間外労働が多い
  • 保護者対応が大変
  • 学習指導以外も多い


それぞれ確認していきましょう。

時間外労働が多い


小学校教師は担任の先生が1クラス分の全ての授業を指導します。
そのため、

  • 授業の準備
  • テストや宿題の採点


などを複数科目こなさなければいけません。

授業の準備以外にも、行事の支度や保護者対応、プリントの作成など業務内容が多岐にわたります。授業中は児童への指導に集中しなければいけないので、これらの業務はおのずと授業後に行う必要があります。そのため時間外労働をする小学校教師は多く、残業時間も増えがちです。

保護者対応が大変

小学校は中学校や高校よりも、保護者対応する頻度が高いです。児童の相談やいじめに関する問題なども、教師が行う必要があります。児童だけでなく、保護者対応も行わなければいけないのも小学校教師が辛いと感じてしまう理由のひとつです。

学習指導以外も多い

小学生は学習面だけでなく、生活面の指導も必要な時期です。

  • 時間通り行動すること
  • お友達やクラスメートと仲良くすること
  • 着替えや箸の持ち方など生活面の知識


これらの指導も、小学校教師がしなければいけなくなりつつあります。指導科目以外のことも教えなければいけない点も、小学校教師を辛いと感じてしまう理由のひとつです。

小学校教師のモチベーションを保つ方法

モチベーションの保ち方
続いて小学校教師がモチベーションを保つ方法を紹介していきます。

  • 児童の成長をこまめに感じる
  • 小学校教師の良い面に目を向ける
  • 問題解決できたときの達成感を味わう


それぞれ詳しく解説していきますね。

児童の成長をこまめに感じる

児童の成長をこまめに感じるようにすると、小学校教師を続けるモチベーションを保ちやすくなります。
小学生は大人がびっくりしてしまうほど、成長速度がはやいです。

  • 入学式の際に不安そうにしていた1年生が元気に小学校に通うようになった
  • 6年生が最上級生の自覚を持って頼りがいのある顔つきになった
  • クラスの児童が苦手な科目を克服してくれた


上記のように、児童が成長している様子に気付けると、「自分が教師をしていてよかった」「このまま小学校教師を頑張ろう」という気持ちになれますよ。

小学校教師の良い面に目を向ける


「小学校教師を続けるのが辛い」「モチベーションが保てない」と思ったときには、小学校教師の良い面に目を向けてはいかがでしょうか。
小学校教師には、

  • 長期休暇時にまとまった休みを取りやすい
  • 給与が比較的安定している


などのメリットもあります。

他の仕事に転職をする場合、上記の恩恵が受けられなくなる可能性があると考えてみてください。

問題解決できたときの達成感を味わう


小学校教師は様々な問題に対応する必要がありますが、同時に問題解決の達成感を味わう頻度も多いです。自分で対処法を考えて解決に苦労した問題を、解決できたときの達成感はかなりのものです。

小学校教師は辛いときもあるけれど、やりがいも感じられる仕事といえるでしょう。

学級崩壊を防ぐ方法

授業中の様子

小学校教師が恐れるもののひとつに学級崩壊があるかと思います。学級崩壊が起きてしまうと、担任の先生一人では対処できず、関係者に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

学級崩壊を防ぐ絶対的な方法は残念ながらありません。
しかし、学級崩壊を防ぐために普段から意識すべきことはいくつかあります。

  • 教室をきれいに保つ
  • 児童の出来る部分に目を向ける


教室をきれいに保つようにすると、学級崩壊しにくいです。教室が汚い、荒れた環境だと児童の行動や気持ちも荒れてしまいます。

そして小学校教師は、児童の出来る部分に目を向けるようにしてみてください。時間やカリキュラムに追われて、小学校教師は児童に対してつい小言を言ってしまうこともあるかもしれません。

出来ていない部分を細かく叱るより、出来ている部分を褒めて伸ばした方が児童の心にも響きやすく、学級崩壊を防げます

人間関係がつらいと感じるときは?

石の横で落ち込む人

「小学校教師が思っていたよりも辛い」
「小学校教師の人間関係に疲れてしまった」

上記のように考えてしまう方は思い切って、別の仕事に目を向けてみてはいかがでしょうか。学習指導自体は辛くないけれど、小学校教師の人間関係だけが辛いときには自宅で出来る仕事をするのもおすすめです。在宅ワークや自宅で出来る仕事をすれば、仕事の余計な人間関係を減らして仕事のみに集中できます。

小学校教師の資格や経験をいかせる自宅で出来る仕事はいくつかありますが、中でもおすすめはオンライン家庭教師です。オンライン家庭教師はインターネットを通じて、生徒に対して授業を行う仕事です。インターネットを通じてオンラインで授業を行うので、全国各地から指導する生徒を見つけられます。

そのため対面式の家庭教師と違って、「生徒が見つからなくて収入が不安定」といったリスクも減らせます。
オンライン家庭教師に授業を依頼する生徒は、

  • 難関校合格を目指したい子
  • 発達障害や学習障害など勉強にトラブルを抱えている子
  • 不登校の子
  • 勉強の方法や学習習慣を学びたい子


など多岐にわたります。様々な生徒と向き合うことができるので、小学校教師同様にやりがいを感じられるはずです。

オンライン家庭教師ならマナリンクがオススメの理由


マナリンクのロゴ
オンライン家庭教師の登録会社はいくつかありますが、質が高い授業の提供と報酬を実現したいなら、オンライン家庭教師マナリンクがおすすめです。

オンライン家庭教師マナリンクの魅力は以下の3つ。

  • 授業料金の設定は家庭教師ご自身で可能
  • 独自のチャットシステムにより、保護者や生徒と直接連絡が取れる
  • オンライン家庭教師マナリンクに支払う手数料は授業料の30%のみ


オンライン家庭教師の登録会社の中には、授業料の設定を家庭教師自身で出来ない場合もあります。それに対してオンライン家庭教師マナリンクでは、家庭教師自身で授業料やコースを設定できるので自由度が高いです。

またオンライン家庭教師マナリンクでは、独自の個別質問機能が用意されています。個別質問機能では保護者や生徒の方と直接やりとりができるので、質問への回答やアプローチが手軽に出来ます。

オンライン家庭教師の登録会社の中には、登録会社が授業料のうち60%を手数料として取るパターンが多いです。オンライン家庭教師マナリンクの手数料は授業料の30%と良心的です。

自由度の高さと手数料の低さから、オンライン家庭教師マナリンクはプロの講師に親しまれています。オンライン家庭教師に興味がある方は、ぜひオンライン家庭教師マナリンクにご登録ください。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

まとめ

小学校の教師はやりがいのある仕事である一方で、辛い部分もあります。仕事が辛いと思ったときは、小学校教師の待遇の良さや達成感など良い部分にも目を向けてみましょう。

しかしそれでも、

  • 保護者や他の先生との人間関係に悩む
  • 時間外労働が多くワークライフバランスが崩れてしまう
  • 学習指導以外の負担が大きい


上記のように小学校教師の仕事が辛いのであれば、学習指導のみをメインとした別の職業にトライするのもひとつの手です。小学校教師の経験や資格がいかせる仕事はいくつかありますが、中でもおすすめはオンライン家庭教師です。

オンライン家庭教師の登録会社はいくつかありますが、中でもオンライン家庭教師マナリンクは自由度の高さや手数料の低さが魅力となっています。興味のある方は、オンライン家庭教師マナリンクに登録してみてはいかがでしょうか。
オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら