マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

オンライン授業での板書共有方法まとめ【生徒の学習効率が上がる】

2021/9/16
オンライン授業での板書共有方法まとめ【生徒の学習効率が上がる】

はじめに

オンライン授業に興味があるけれど、対面授業にはないオンライン授業特有のデメリットが気になってしまい不安になる方も多いでしょう。オンライン授業を導入する際に生じる「板書問題」ですが、オンライン授業で難しいとされる板書の扱いについて、どのようにすれば解決できるのでしょうか?
この記事では、スムーズな板書の仕方や、オンライン授業ならではの板書代替手段について解説していきます。

オンライン授業が対面授業に劣らない理由


対面授業が主流であった教育業界ですが、オンライン授業も対面授業に劣らないメリットがあります。

オンライン授業のメリット

  • 自由に使える時間が増える
  • コスト削減
  • 地域による教育の差に貢献できる
  • 需要や相性の良い生徒とマッチングすることができる
  • 引越しや帰省先でも継続して授業ができる
  • オンラインならではの機能を駆使して効果的な授業ができる



対面授業には対面授業の、オンライン授業にはオンライン授業の良さがあります。オンライン授業のデメリットをツールや授業スタイルでカバーすることで、オンライン授業のメリットをより最大化できます。また、全国の生徒とオンラインでマッチングできるため、移動時間・コストの削減に繋がり、家庭教師の働き方改革として一役買っています。

オンライン授業は板書が取りづらいという声も

対面授業と比較した際のオンライン授業の大きな特徴として「板書が取りづらい」「板書を取らなくなった」というものが挙げられます。対面授業では黒板やホワイトボードを用いて授業の要点をまとめたり、生徒が情報を整理する時間にもなるため、板書という作業を通して理解を深められます。

しかし、オンライン授業の場合は板書をするにしても工夫せねばならず、ホワイトボードを見やすいよう画角に収めたり、ペイントツールを上手に使いこなすことが求められるため、慣れや技術が必要になります。また、生徒の手元が見づらく、生徒が書き写す時間をどれくらい確保するかの塩梅が難しいという側面もあります。

しかし「板書が取りづらい」というのはデメリットだけではありません。

  • 板書の代わりとして要点をまとめたスライドを準備する
  • 授業のアーカイブを残しておき、生徒に後から見返してもらう
  • ホワイトボード・スライド等をスクリーンショットしてもらう
  • 要点をまとめたPDFファイル資料を配布し、ファイリング等してもらう


※授業のアーカイブとして動画を送っている先生がいます!動画は一般公開にし、YouTubeチャンネル登録者数も増加中です!マナリンク勉強会!後日レポートにて紹介しております!

以上を工夫することで、板書に代替できます。むしろ、オンライン授業を逆手に取れば「授業中に板書を取る時間を確保しなくてもよい」ということにもなるため、対面授業よりも授業時間多く割くことができ、生徒も先生の話に注力できるというメリットとして言い換えられます。

「ノートを取らなくていいから先生の話を聞いていてね」「指示があったらスクリーンショットをしてね」等、あらかじめ授業のルールを定めておきましょう。

オンライン授業での板書共有で必要なもの

オンライン授業をするのに最低限必要なもの

  • カメラ付きのパソコン(カメラがついていない場合はwebカメラ)
  • 安定したインターネット環境


オンライン授業で必要なもの、機能は集団授業か個別授業かでも変わってきます。また、対集団か個人かで授業内での板書の扱いも変わるため、どのような手段が最適かも違います。

違う手法で板書の代替とするのか、板書をさせるためにツールを使うのかは授業内容・スタイルにも影響するため、オンライン授業を始めるにあたって何が良いのか検討しましょう。

あると良いもの

  • タブレットの固定スタンド
  • 照明
  • ハンズフリーマイク付きイヤホン/マイク
  • 書画カメラ
  • スキャナー
  • ぺンタブレット


板書に代わる手段として「タブレット」「書画カメラ」「スキャナー」「ペンタブレット」が挙げられます。
全てオンライン授業では必須アイテムではありませんが、先生の手元を写したり、資料を読み込んだり、パソコン上で書いたものを共有できる便利ツールです。オンライン授業では先生が書いたものを必ず板書する必要もないため、生徒にスクリーンショットを撮ってもらったり、アーカイブを見返してもらうなど工夫の幅があります。

関連記事一覧:オンライン授業の便利グッズについてまとめています!

板書の共有方法を解説

板書共有のやり方

  • ホワイトボード、黒板を使った授業を共有
  • PowerPoint、ホワイトボードの共有
  • PDFへの書き込み



オンライン授業では複数の方法で板書共有できます。自分のスタイルや授業内容に合わせ、最適な方法を選びましょう。準備物が必要だったり、準備に時間がかかるものもあるため、手法に応じて手順を確認し、授業に間に合わせましょう。

ホワイトボード、黒板を使った授業を共有

準備物

  • 黒板orホワイトボード
  • webカメラ(性能が良いものがおすすめ)
  • 照明器具(部屋が暗い場合など)



対面授業のように黒板・ホワイトボードを使用する場合、なるべく大きいものを利用しカメラの位置を調整しましょう。画面内にホワイトボードの全てをおさめるには、パソコンとホワイトボードの距離も重要になります。対面授業とオンライン授業ではホワイトボード・黒板の見え方が異なるため、より見やすくなるよう工夫が必要です。

部屋が暗く、板書が見づらいならば照明器具を設置するなど、まずはテスト配信で微調整してみましょう。

PowerPoint、ホワイトボード機能の共有

zoom等のビデオ会議アプリでは、立ち上げている画面を相手にも表示させる機能(画面共有機能)、パソコン上に板書をする機能(ホワイトボード機能)が登載されています。

PowerPointの共有

  1. PowerPointでスライドを立ち上げる
  2. 会議画面の「画面共有」→スライドのサムネイルをクリック


ホワイトボード機能

  1. 会議画面の「画面共有」をクリック
  2. 「ホワイトボード」を選択

※ペンタブレットがあると便利!

(マウスだと画像のように線がガタガタしたり素早く書けません)

オンライン授業におすすめのペンタブ3選!選び方や活用方法を一挙紹介


PDFへの書き込み

専用のアプリを使えばPDFに書き込みができます。事前に資料としてPDFを作成・共有しておき、授業でPDFを参照しながら先生・生徒が書き込みをしていくスタイルです。

手順

  1. PDFに書き込みできるアプリ(Adobe Acrobat Pro DCなど)やブラウザ(Microsoft EDGEなど)を起動
  2. PDFファイルを開く
  3. 描画機能を使う


参考元:手書きによるPDFの書き込み/入力方法のまとめ(アプリ紹介など)/Office Hack
オンライン授業

【実例】事前に生徒に資料を送る!おすすめの授業方法

オンライン授業のメリットを活かし、資料を上手に活用しながら授業をしている五十嵐先生にお話をお伺いしました。

既存のテキストに沿って指導するより、自分で資料を作成した方がその生徒さんに合わせた指導ができるので、事前にパワーポイントで資料を作るようにしております。また生徒さんの希望する指導内容によっては、テキストになりうるものがない場合もあります。
(中略)
作成したパワーポイントは、事前に生徒さんに送るのではなく、授業内で説明しながら書き込み、授業後に書き込みのある状態で生徒さんに送付するようにしております。
事前に宿題として資料を先生は多いですが、五十嵐先生の場合は授業内で自作の資料に手書きで説明しながら書き込み、それを授業後に渡すことで生徒がオンライン授業で板書が取りづらい問題を解決しています。


五十嵐先生のインタビュー全文はこちら↓(実際に授業で使用するPDF書き込みの画像つき)
教員から転職!経験やスキルを活かし新天地で縛られない自由な働き方を実現!/マナリンクTeachers

オンライン家庭教師マナリンクでは先生同士で情報共有ができる

オンライン授業専用のプラットフォーム「マナリンク」では、先生方がよりオンライン家庭教師としての指導スキルが向上し、オンライン家庭教師を本業として生計を立てられるくらいの収入が入るよう、マナリンクに登録している先生限定で定期的に先生同士が交流できる勉強会イベントをしています。

生徒の心を掴むアプローチ方法や体験授業の注意点、新しい授業スタイルの提案など、指導者必見の情報が満載です!

勉強会レポートはこちら↓
マナリンク勉強会!後日レポート/マナリンクTeachers

マナリンクなら質の高いオンライン授業ができるようになる


オンライン家庭教師マナリンクは、本来は個人で活動する家庭教師の先生方のネットワークを築くことで、情報交換や交流をサポートし、キャリア形成のバックアップをお手伝いしています。前回の勉強会では、授業の復習として動画を使っている先生に発表していただき、多くの先生が動画を取り入れて、授業の質の改善に取り組んでいます。

また、オンライン家庭教師マナリンクは、勉強会以外にも以下のような特徴があります。

  • 完全在宅なので転職活動の負担になりません!
  • 時給3,000円~ご自身で設定可能!効率よく稼げます
  • 得意科目のみの指導OK!授業準備時間を最低限にできます
  • 継続するほどキャリアアップ!ご家庭から感謝の声(口コミ)が届く仕組みになっており、評価が多くなるほど単価があげやすくなったり、生徒がつきやすくなります


資料のご請求はこちら↓
マナリンク資料請求

まとめ

オンライン授業の板書問題を解決!まとめ
✓「生徒が板書を取らなくてもよい」「板書の時間がいらない」という見方もできる
✓オンライン授業ならさまざまなツールを駆使して板書の代替可能!
✓自身の授業スタイルに合わせた方式を採用しましょう
✓オンライン家庭教師マナリンクなら、勉強会に参加できる!


オンライン授業には、オンライン授業のデメリットを補って余りある良さがあります。オンラインで授業をするということは、これまで授業に取り入れるのが難しかった便利なツールやアプリを使えるということでもあり、授業の幅がこれまで以上に広がって効率化、学習効果向上が期待できます。オンライン授業のメリットを存分に活かしながら、あらゆる手段でデメリットのカバーを追及していけるということもまた、オンライン授業ならではでしょう

マナリンクTeachersでは、オンライン授業についてのノウハウやお役立ち情報を発信中です。
オンライン授業の情報まとめはこちらからどうぞ。