マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!
  • TOP
  • インタビュー
  • 【社会人から教員を目指す】オンライン家庭教師なら効率よく時間確保が可能!

【社会人から教員を目指す】オンライン家庭教師なら効率よく時間確保が可能!

2021/8/13
【社会人から教員を目指す】オンライン家庭教師なら効率よく時間確保が可能!

オンライン家庭教師をしながら社会人から教師を目指す石井先生。塾講師を経験したからこそ分かった対面授業とオンライン授業の違いを詳しくお聞きしました!

オンライン家庭教師をはじめたきっかけ

(オンライン授業の1コマ)


ーーオンライン家庭教師を始めようと思ったきっかけや背景を教えてください。

大きく分けて場所を選ばない点と収入を安定させるという2点ですね。
元々学生時代から学習塾で働いた経験があり、また直近ですと約4ヶ月前まで学習塾で講師をしていました。教職の関係で引越しを検討しているときに、コロナで先が読めないという状況になり、状況に左右されない教育関係の仕事を探すようになりました。

教育業は1年、2年単位で生徒を見ていくので、年度の途中で退職するのは生徒と自分どちらにも良くないというところで、仮に引越しがずれたとしても「オンラインだったら場所が変わっても継続して指導できる」というのが1つ目でした。
2つ目は収益の安定化です。コロナの影響で塾講師時代は生徒が集まらなかったり、先生が出勤できなかったりしたことがあり収入面で不安がありました。オンライン家庭教師を始めた理由はこの2点ですね。

ーーなるほど。ありがとうございます。元々教職に就こうと思ったのはいつ頃ですか?

去年の夏くらいに思いました。

ーー大学を卒業されて、その後から塾に勤務されていたのですか?

そのあとは金融系の会社に入社しました。

ーー金融系の会社に就職したあと、やはり教育に携わりたいとなったのですか?

そうですね。正直、「金融や営業はあんまり自分に向いていないな」と感じていました。過去の経験を考えると、教育系の仕事はやりがいを持ってできていたなというのはありました。ですが、当時はまだ自分がやりたいことが定まっていなかったのでいろいろな会社の面接を受けていました。

ーー最初に就職した会社を辞めて、塾講師になられたのですか?

退職後、一旦実家に帰って何をしようと考えていて、今まで塾で講師をした経験があったので、塾で働くことにしました。

ーーそのあと教職に就きたいっていう明確な目標ができてその準備期間として場所を選ばないオンライン家庭教師になったということなんですね。

今後のキャリアについて

ーーオンライン家庭教師をやられるのは教師になるまでですか?
はい。合計2年間の予定です。今回の4月から2年度分を自分のゴールとして設けています。

ーー2年後のキャリアをお聞きしてもよろしいですか?
2年後のちょうど4月から教職に就くことを目指しています。

ーー採用試験の勉強はされているのですか?

教員免許状の取得自体は試験がないので今は大学の単位の勉強はしています。公立を受けるか私立かによっても試験内容が変わってくるので、採用試験の勉強や準備に関しては来年になってくると思います。

ーーいずれにしても教師職に就く予定なのですね。高校の英語教師ですか?
そうですね。高校で考えてます。

現在の仕事について

(石井先生がオンライン授業で使われている機材)


ーー現状だとオンライン家庭教師1本ですか?他社さんも含めてどのくらいの生徒に教えられているのですか?
マナリンク5名に他が3名で、仮決め1名を含めてなので、7名プラス仮1名ですね。
※2021年4月現在

ーー今のところマナリンクが1位なんですね!
そうですね!すぐ決まりましたね。

ーー他は大手のところですか?
大手かは分かりませんが、掲載数はかなり多い会社に登録しています。

塾講師時代とオンライン家庭教師を比べて

ーー対面の塾の勤務と比べて1週間の生活リズムは変わりましたか?

変わりましたね。ただ塾講師は講習期間と通常期間とでかなり生活リズムが違っているので比べにくいところではあります。

ーー講習期間はどのくらいだったのですか?

授業間の時間は多い週で、週5,6日勤務でした。

ーー週5,6日勤務で、授業がまばらに入っているということですか?

そうですね。1日2コマとかでした。たとえ3コマあったとしても2コマやって、3時間空いて1コマとかでした。

ーー授業が無い空き時間はお給料はどうなっているのですか?

出ないです。

ーーそれと比べるとオンライン家庭教師の方が効率的ですか?

そうですね。塾だと働く日数は多いけれど、働く時間は少なかったので。それから移動時間が結構ありまして、往復80分くらいかかっていました。

ーー例えば全部の授業を午前にまとめることは可能ですか?

レギュラーで入っている授業ならまとめられるのですが、講習期間になるとまばらにどんどん入れられるので難しいですね。やはり生徒さんの予定が優先なので、2時間・3時間空くのは当たり前でしたね。

ーーそれは非効率ですね...。その間、何をされていたのですか?

教職や英語の勉強をやっていましたね。

ーーそれと比べてオンライン家庭教師で良いところは、やはり家で完結するところですか?

そうですね。時間という面でいうと、先ほど申し上げた授業間の空き時間や前後の準備片付けの待機時間がないところと、移動時間がないという点が良いですね。それからオンラインだと自分で授業の時間が決められるので、今は働く日を限定してぎゅっと固めて、勉強する日と働く日を分けられるところが1番良いですね。

他に塾と違う点は、塾だとテキストが決められていたり、保護者面談は特定の先生がやってくれたり、教材選定や授業内容は一個人ではほぼ決められないところですね。その点、オンライン家庭教師は自分で決められるから良いですね。そこが良いかどうかは人によるとは思いますが、1番違うところだと思います。

ーーしばらくはオンライン家庭教師1本ですか?

今はそうです。ただ先行きが不透明なので、収入の中の1本の柱として考えています。

ーー他に何か検討されているのですか?

教職は集団授業になるので、再度集団塾での指導も考えています。どうしてもオンライン家庭教師と教職は違うところがあるので。

ーーちがいますね。

そうですよね。それは感じる部分はあるので、集団での授業スキルを磨くためにもやっておきたいなというのはありますね。

オンライン家庭教師という仕事について

(オンライン授業の1コマ)


ーーオンライン家庭教師をやってよかったことと改善したいと思うところはありますか?

よかったところは、働き方の観点でいくと移動や身支度などの準備時間、つまり指導以外の時間がない点が良いと思っています。対面指導の場合、1時間移動時間があって1時間の授業をしたら実際のところ2時間かかっていますが、実際に教えている時間は1時間です。同じ指導時間でも、移動の有無で負担は大きく変わってきますね。そういったところが働き方の面でいったらいいかなと思っています。

ーー逆にデメリットはありますか?

働き方の面で悪いところはないですね。ただ、オンラインだとご家庭とのやり取りに関してはかなり多くなるので、そこが1つデメリットでは無いですが意識している点ですね。あとは指導面でいうとオンラインなので生徒の様子が分かりづらいですね。

ーーどこがわかりづらいですか?手元とかですか?
手元もそうですし、あとはオンライン授業のときに生徒に言われる印象と対面のとき生徒に言われる印象が違いますね。

ーーどう違うのですか?

対面だと怒ってるところみたことないと言われるのですが、オンラインだとこわく見えることもあるようです。オンラインだと信頼関係が築くことが難しいですね。

ーーマナリンクの生徒さんもそのような雰囲気ですか?

マナリンクの生徒さんもそうだと思います。私は授業には結構ユーモアを取り入れたいなとすごく思っていて、対面の時はボケるといいますか、雰囲気を柔らかくしたりとか、「学校どう?」とか聞いたりしていくスタイルなのですが、オンラインだと空気感というかどこまで踏み込んでいいかが分かりづらいですね。これは自分の課題でもありますが。

ーーチャットで工夫してくと変わってくるかもしれませんね。お悩み相談とかされてる先生もいらっしゃいますよ。

なるほど!それは良いかもしれませんね、次回から取り入れてみたいと思います。

ーーお給料の面では塾講師時代とオンライン家庭教師とでは違いはありますか?

塾でアルバイトとして働いていた時は事務の時間もいれて、平均して時給1,000円くらいでしたね。

ーーそれに比べて今は時給は上がりましたか?

正直かなり上がりましたね。

マナリンクについて

ーーマナリンクについて、いいなと思っていただいてるところと今後こういうのがあったらいいなと思っているところもあればいただけますか?

最初、オンライン家庭教師の大手の会社に登録して、ポンポン仕事が来るだろうと思ってたら、1ヶ月経っても音沙汰なしだったことがありました。そこで他にも登録しておこうと思いまして。マナリンクは「オンライン家庭教師」で検索して3ページ目くらいにあるサイトの内で見つけました。

なので、そこまでまだお客さんは集まってきてないのかなと思っていました。ただ家庭教師の仲介の会社って掲示板に先生の情報をドンと載せるだけがほとんどだと思うのですが、その中でマナリンクは動画とか指導コースのサポートを丁寧にやってくれたり、運営の面でも頻繁に更新がされてたりしていてちゃんと運営されてるという印象でした。

ただ先生側からするとYouTubeに顔が出たり、指導コースも自分で考えたりという登録のハードルは高いと思いましたね。

ーーそれでも登録しようと思ったのですね。

そうですね。最初登録した会社では生徒さんが集まらなかったので、「このままではまずい」と思いました。登録のハードルは高かったのですが「誰もそこまで自分に興味がないだろう」と思い切って応募してみたという感じでしたね。

ーー良かったことはありますか?

マナリンクでは、自己紹介動画や指導コースなど全部自分で決めたことを発信するので、思い違いや認識の差がなく面談した時にご家庭からの質問が少ないです。

他のご家庭だと「先生のお考えはどうですか?」とか言われるのですが、マナリンクはそういうのは全部伝わった状態なのでお互いのイメージがある程度すりあわさっている点が良いですね。

あと、学生の頃ベンチャーでインターンをしたことがありまして。そのときはジェットコースターに乗った気分で、人や制度の入れ替わりが激しかったのですが、システムアップデートやオフィス移転など、そういうところが楽しかったなとマナリンクさんを見ていて思い出します。

今のマナリンクさんは週1ペースで機能がアップデートされていますよね。自分はそういうのが結構好きなのと、このスピード感は他にはないのでマナリンクさんの日々改善されてく姿は私自身も進歩していく感じがして良いですね。

それからチャットも良いですね。マナリンクは唯一マッチングのプラットフォームとチャット機能が併設されているので、教師・生徒側どちらもやり取りがしやすいです。

ーーマナリンクでは運営局が定期的にトラブルが無いかチャット内容をチェックしているので保護者さんが安心して生徒さんと繋げてもらえるって感じですね。

そうですね。そこの保証はメールやLINEではできないですよね。

ーー最後にオンライン家庭教師を検討している方に一言メッセージがあればいただけますか?
オンライン家庭教師はいってしまえば個人競技の要素が強いです。良くも悪くも場所や時間に縛られず、指導に関わるすべてを自分の裁量で決められます。反面、自分を売り込まないといけなくなります。自由と責任がとても大きくなるのでそういうことが苦手な人にとっては、もしかすると塾などの集団に属した方が良いと思います。反対に自分の信念を持って指導したい方には自由度高くできる仕事かなと思っています。

ーーありがとうございます。