マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

大学教授におすすめの副収入を得る方法【副業に関するルールや注意点も解説】

2021/9/16
大学教授におすすめの副収入を得る方法【副業に関するルールや注意点も解説】

「大学教授だけど、本業以外の副収入を得たい」
「大学教授におすすめの副業を知りたい」

本記事では上記のようにお悩みの方に向けて、大学教授におすすめの副業や副収入を得る方法を紹介しています。

大学教授はお勤め先の大学によって、副業に関するルールが異なります。
そのため、まずは大学ごとの副業ルールを確認してから副業を始めましょう。

副業が許されていたとしても、大学教授は講義やご自身の研究があるので、副業に多くの時間を割けるわけではありません。

本記事では大学教授の副業に関するルールや注意点、大学教授に向いている副収入を得る方法を解説しています。

本記事を読めば、大学教授が本業以外で副収入を得られるようになりますよ。

大学教授が副業することは可能?


大学教授が副業可能かどうかは私立大学の教授か国立大学の教授かによっても大きく異なります。

  • 私立大学にて大学教授をしている場合
  • 国立大学にて大学教授をしている場合


上記2種類をそれぞれ詳しく解説していきます。

私立大学にて大学教授をしている場合


私立大学は、民間企業と同じように大学ごとで決められたルールによって、副業が可能かどうか決まります。

  • 副業OKな場合
  • 申請さえすれば副業をしてもOKな場合
  • 副業禁止の場合


大学によって副業に関するルールが異なるので、副業をしたい大学教授はご自身のお勤めの大学の就業規則をよく確認しておきましょう。

国立大学にて大学教授をしている場合


国立大学で大学教授をしている場合、残念ながら副業をするのは難しいでしょう。

国立大学の大学教授は公務員ではなく、団体職員として扱われます。
団体職員なので副業完全禁止という公務員法に従う必要はありませんが、それでも団体職員独自の副業に関するルールに従う必要があります。

副業は完全に禁止されているか、許可されていたとしても事前にどんな内容の副業をするのか大学側と話し合いが求められる場合も多いです。副業可能だとしても、農地や不動産を相続した場合のみなどと認められる副業が細かく決められている場合もあります。

大学教授にオススメの副収入が得られる仕事


大学教授は勤めている大学ごとの副業に関するルールに従って副業を行う必要があります。

大学教授が副収入を得ることは難しく感じますが、大学教授ならではの副収入を得る方法などもいくつか存在します。

大学教授が副収入を得るための仕事におすすめなのは以下の5つ。

  • 講演活動
  • 執筆活動
  • 家庭教師や講師
  • 企業の顧問をする
  • 大学内での起業


それぞれ詳しく解説していきますね。

講演活動


大学教授のメジャーな副業のひとつに講演活動があります。

ご自身の研究分野に関連する講演活動であれば、大学側の許可もおりやすくご自身の知名度アップにもつながります。

講演活動で副収入を得たいのであれば、

  • 交通費
  • 講演活動に関する経費


などをどこまで自分で負担する必要があるのかを事前に確認しておきましょう。

講演活動を成功させようと準備にお金や時間をかけたけれど、得られる報酬が少ないのであれば副収入を得るという目的は達成しにくいです。

執筆活動


執筆活動を行って書籍を出版するのも、大学教授の副収入を得る方法として一般的です。

執筆活動によってもらえる報酬は原稿料と印税に分けられます。

原稿料は出版前に納品物に対してもらえる報酬で、書籍の売上状況によって変動しません。

一方、印税は書籍の出版状況や売上によってもらえる金額が変わります。
執筆活動をして副収入を得たい場合は、出版社と事前によく相談し契約を交わしておきましょう。

家庭教師や講師


駆け出しの大学教授の中には、家庭教師や講師の仕事をして副収入を得ている方もいます。
家庭教師や講師をする場合には、大学教授としての自分を売り出すよりも、自分のこれまでの学歴や指導経験をアピールした方が良いでしょう。

最近では、インターネットを使ってオンライン家庭教師をする大学教授も増えてきています。

オンライン家庭教師をするのであれば、オンライン家庭教師登録会社を活用して生徒を探すのが効率的でおすすめです。
関連記事:【決定版】オンライン家庭教師のやり方と失敗しない会社選びとは

企業の顧問をする


企業の顧問をして、顧問料をいただいている大学教授も多いです。

企業の顧問は、大学教授としての自分の経歴やネームバリューが大きく報酬に影響する仕事です。

そのためある程度キャリアを積んできた大学教授に向いている副業です。

大学内での起業


大学内でベンチャー企業を立ち上げて、副収入を得ることも可能です。

実際に、東大発のバイオベンチャー企業のペプチドリーム株式会社は2013年に東証一部に上場しました。

副収入を増やす際に注意する点


大学教授が副収入を得る際に注意しておきたいポイントは以下の3つです。

  • 大学の副業に関するルールを確認しておく
  • 副業収入が年間20万を超えたら確定申告をする
  • 自分の研究や専門に関する副業なら利害関係をよく確認する


上記を守れなかった場合、一時的に副収入を得られたとしても、いつかそれ以上のトラブルを引き起こしてしまいます。

継続して安定した副収入を得るために注意しておきましょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

大学の副業に関するルールを確認しておく


本記事の冒頭でも解説しましたが、大学ごとに副業に関するルールは異なります。

ご自身のお勤めの大学の副業ルールを確認してから、副収入を得るようにしてください。

副業収入が年間20万を超えたら確定申告をする


大学に雇われて給料をもらっている大学教授が副業をして副収入を得た場合、副収入が年間20万を超えたら確定申告が必要です。
確定申告をしないと脱税扱いとなってしまい、税務調査が来たときに加算税・延滞税などを余計に支払わなければいけません。

自分の研究や専門に関する副業なら利害関係をよく確認する


大学教授がご自身の研究や専門分野に関する副業を行う際には、利害関係をよく確認しておきましょう。
大学によっては、特定の企業と共同研究をしているケースもあります。

共同研究先の企業の同業他社相手に副業をした場合、権利関係のトラブルに発展してしまう可能性も考えられます。

たとえトラブルに発展しなかったとしても、その分野や業界であなたの信頼を損ねてしまうかもしれません。

高単価で大学教授の経験を活かすならオンライン家庭教師がオススメ!


大学教授が高単価で自分の経験をいかせる仕事をしたいなら、オンライン家庭教師がおすすめです。

オンライン家庭教師とは、自宅などでインターネットを使って生徒に勉強を教える仕事です。
オンライン環境があれば仕事ができるので、全国各地から生徒を探せますし、時間の融通もしやすく忙しい大学教授にも向いています。

オンライン家庭教師を始めるのであれば、オンライン家庭教師登録会社を活用して生徒を紹介してもらうのが一般的です。

オンライン家庭教師登録会社にはいくつかありますが、中でもオンライン家庭教師マナリンクは以下の点が魅力です。

  • 授業料金の設定は家庭教師ご自身で可能
  • 独自のチャットシステムにより、保護者や生徒と直接連絡が取れる
  • オンライン家庭教師マナリンクに支払う手数料は授業料の30%のみ


上記のように、オンライン家庭教師マナリンクは授業の自由度の高さと支払い手数料の低さがメリットです。
これからオンライン家庭教師で副収入を得ようと考えている大学教授は、オンライン家庭教師マナリンクへの登録をご検討ください。



まとめ


 大学教授が副業可能かどうかは勤めている大学によって、ルールが異なります。

これから副業で副収入を得ようと考えている大学教授は、勤務先のルールをよく確認しておきましょう。

大学教授は講義やご自身の研究などに時間が取られるので、副業をするのであれば時間の融通がきく副業がおすすめです。
オンライン家庭教師であれば、インターネットを使って場所を選ばずに仕事ができるので、大学教授にも向いています。

これまでのご自身の指導経験や経歴をいかして、高収入を得ることも可能です。

オンライン家庭教師を始めるのであれば、オンライン家庭教師登録会社を利用して生徒を探すのがおすすめです。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら