マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

大学教員におすすめの転職先まとめ【民間企業と大学教員の違いも解説】

2021/9/16
大学教員におすすめの転職先まとめ【民間企業と大学教員の違いも解説】

「大学教員だけど転職したい」
「大学教員の転職先におすすめの仕事は何だろう」

本記事では上記のようにお悩みの方に向けて、大学教員の転職先について解説します。

大学で研究を続けた結果、大学教員の仕事に就いた方の中には民間企業を経験したことがない方も多いのではないでしょうか。
民間企業の経験がないと、大学教員から転職したいと思っても、どんな仕事に転職すればいいのか悩んでしまいますよね。

本記事では、大学教員におすすめの転職先や大学教員から民間企業へと転職するメリットを解説していきます。

本記事を読めば、大学教員のキャリアアップ方法がわかり、自分に合う働き方が選べるようになりますよ。

大学教員の転職先としてオススメの職種は?


大学教員の転職先におすすめの職種は以下の通りです。

  • 民間企業の研究職・研究所の研究員
  • 独立して起業・フリーランスとして活動する
  • 教員・専門学校の講師
  • 企画・編集職


それぞれ解説していきますね。

民間企業の研究職・研究所の研究員


大学教員の転職先として真っ先に考えるのが、民間企業の研究職や研究所の研究員ではないでしょうか。
民間企業の研究職や研究所の研究員であれば、これまでの仕事内容と大きく変わらないのも魅力的ですね。

大学教員と違って、民間企業の研究職は企業の利益に直結する研究が出来るので、やりがいがあると感じる方もいます。

独立して起業・フリーランスとして活動する


大学教員の仕事を辞めて、起業する方やフリーランスとして活動する方もいます。

  • 建築について研究していた方がインテリアコーディネーターになる
  • マーケティング研究者が経営コンサルタントになる


などご自身の研究分野や専門的なスキルを活かせる活用をするケースが多いです。

独立することでお客様と直接かかわる機会が多く、新たな視点でご自身の研究分野に関わることができますよ。

教員・専門学校の講師


土日をしっかり休める仕事に転職したいと考えて、大学教員から私立高校の教員に転職する方は多いです。

また外国語が得意な大学教員であれば、外国語学校や日本語学校の講師に転職もできます。

企画・編集職


これまでの知識や経験を活かして企画や編集職を転職先として選ぶ方もいます。

  • 法律知識を活かして、士業事務所のWeb制作に関わる
  • 専門誌の編集者になる


ご自身の専門性とマッチする仕事が見つかれば、上記のように新たなキャリアを形成することも可能です。

大学教員から企業に転職するメリットは?


大学教員から一般企業に転職するメリットは以下の3つです。

  • 転職先によっては年収が上がる
  • チャレンジしやすい環境にうつれる
  • 実力次第で昇進も狙えるようになる


それぞれ詳しく解説していきますね。

転職先によっては年収が上がる


大学教員から一般企業に転職するメリットで最も大きいものは、年収ではないでしょうか。
これまで大学教員の仕事を通じて得た専門的なスキルや知識を活かせる企業に転職すれば、年収1,000万以上を達成することも可能です。

大学教員として仕事を続けるよりも、高い年収や安定した収入を確保できるケースも多いです。

チャレンジしやすい環境にうつれる


大学教員から一般企業に転職することで、よりチャレンジしやすい環境に飛び込めます。
大学教員時代と違って、一般企業では結果を求められるケースも多いです。

一般企業で求める結果とは、売上や利益に繋がる研究結果や実績ということです。
自分の研究してきた知識が人々の生活や企業の利益に直結することでやりがいを感じる方も多くいます。

実力次第で昇進も狙えるようになる


大学教員から一般企業に転職すると、実力や研究結果次第で昇進も狙えます。
お勤めの大学によっては、年功序列や派閥争いが厳しくて出世は難しいと考えていた方もいるかもしれません。

一般企業であれば、具体的な成果を残した方は昇進や昇給といった目に見える形で評価をしてもらえるケースも多いです。

  • 自分の実力を試したい
  • 自分の功績に応じた評価が欲しい


上記のように考える実力主義の方は、大学教員から一般企業へと転職した方が上手くいくかもしれません。

大学教員の仕事と民間企業の仕事の違い


大学教員と民間企業での仕事はいくつか違いがあります。
大学教員と民間企業の仕事の違いは以下の3つ。

  • 民間企業の研究職はノルマがある
  • 大学教員に出世争いはほとんどない
  • 大学教員は研究以外の仕事も多い


それぞれ解説していきますね。

民間企業の研究職はノルマがある


民間企業の研究職には、はっきりとノルマが設定されています。
民間企業が行う研究の目的は、自社に使える技術を開発することです。

  • 既存の技術を3年以内に改善する
  • 10年以内に特許の取得を目指す


などとはっきりと目標が決められています。

大学教員のときよりも、目標に向かって計画的に動く必要がありますし、中間発表時などは目に見える形で目標への到達度を明らかにする必要があります。

大学教員に出世争いはほとんどない


大学教員は年功序列と派閥で昇進が決まるので、出世争いに限りがあります。
ご自身の年齢や所属している派閥によっては、昇進の天井が見えてしまう大学教員の方もいるのではないでしょうか。

それに対して民間企業の研究職では、ご自身の結果次第で昇進可能です。

  • 部下をマネジメントする能力
  • 研究成果を自社の利益に繋げる能力


などと研究内容以外にも、昇進の決め手となる要素が多いのも特徴です。

大学教員と民間企業の研究職は、研究分野が同じだとしても仕事に求められるスキルは大きく異なります。

大学教員は研究以外の仕事も多い


大学教員にはご自身の研究以外の仕事も多いです。

  • 生徒への授業
  • 会議や委員会への参加


ご自身の研究に直接影響しない仕事で、思うように研究時間が取れないと感じる大学教員も多いかと思います。

特に雑務が多い若手の大学教員は「もっと時間を有効活用したい」「研究に時間を使いたい」と考える方が多いです。

自由度の高い指導をするならオンライン家庭教師がオススメ!


大学教員のように時間の拘束が多い仕事ではなく、もっと自由に働きたいと考える方はオンライン家庭教師の仕事もおすすめです。

オンライン家庭教師は、インターネットを使って生徒に勉強を教える仕事です。

従来の対面式の家庭教師と違って、

  • 自宅で指導できるので生徒の自宅に訪問する手間がない
  • 全国各地や海外からも生徒を探せる


のがメリットです。

オンライン家庭教師であれば、自由でストレスフリーな環境で働くことができますし、ご自身の経験や強みを活かした授業も行えます。
関連記事:【決定版】オンライン家庭教師のやり方と失敗しない会社選びとは

オンライン家庭教師の仕事を始めるのであれば、オンライン家庭教師紹介会社に登録するのが効率的です。
オンライン家庭教師紹介会社は日本に複数ありますが、オンライン家庭教師マナリンクは教師側にとってメリットが多いです。

オンライン家庭教師マナリンクの主な魅力は以下の3つです。

  • 授業料金の設定は家庭教師ご自身で可能
  • 独自のチャットシステムにより、保護者や生徒と直接連絡が取れる
  • オンライン家庭教師マナリンクに支払う手数料は授業料の30%のみ


オンライン家庭教師であれば、ご自身で授業の単価や授業内容を設定できます。

  • ご自身の研究分野に関する指導
  • 論文作成の指導・アドバイス


などの授業を行うこともできますよ。

オンライン家庭教師紹介会社の中には、授業料の60%を手数料として取る会社もありますが、オンライン家庭教師マナリンクの支払い手数料は授業料の30%と良心的です。
オンライン家庭教師の仕事に興味がある方は、ぜひオンライン家庭教師マナリンクへの登録をご検討ください。
オンライン家庭教師 求人

まとめ


大学教員の転職先としておすすめなのは以下の4つです。

  • 民間企業の研究職・研究所の研究員
  • 独立して起業・フリーランスとして活動する
  • 教員・専門学校の講師
  • 企画・編集職


大学教員から転職をしたいのであれば、ご自身のこれまでの経歴や専門性を活かせる転職先を選びましょう。

また転職前に大学教員と民間企業の違いを知っておくのも重要です。

大学教員から転職して、自由な働き方を選びたい方におすすめしたいのはオンライン家庭教師です。
オンライン家庭教師であれば、自宅でインターネットを使って生徒に勉強を教えられます。

これまでの専門性を活かして、自由にストレスフリーな環境で働けますよ。