マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

久しぶりに働きたいけど怖い専業主婦の方へ 怖さを乗り越える方法を伝授します!

2021/9/30
久しぶりに働きたいけど怖い専業主婦の方へ 怖さを乗り越える方法を伝授します!

はじめに

子育てもひと段落して、少しでも家計の足しになればと仕事を始めることを検討してはいるものの、ブランクがあるためなかなか一歩が踏み出せない主婦の方はいませんか?今回は、仕事に対する怖さを乗り越える方法や、働く自信がない主婦におすすめの職種などをご紹介します。ぜひ、ご一読ください。

専業主婦が働くのが怖いと思う理由

自信がない
生活を変化させるとき、人は不安になります。例えば結婚式の前日に、マリッジブルーに陥ることはよくあることです。もともと人間の脳は、大きな変化が苦手なのです。これは、私たちの力ではどうすることもできない事実なので、開き直るしかないでしょう。

それプラス、年齢を重ねていることをマイナスに捉え、働くのが億劫になっているという声も聞かれます。ただ、職種によっては、主婦として長年働いてきたことがプラスに傾く場合もあります。決して否定的に考える必要はありません。

そして働くことに対して専業主婦が恐怖心を抱く一番の理由は、「ブランクがあるから」です。実際に働く前に、面接で経歴の空白期間をどのように先方に伝えれば良いか、不安に思ってしまう人がいます。それを乗り越えるには、まずは自分自身が過去の自分に囚われすぎないことが大切です。以前のようにバリバリ働くことは難しいという事実を受け入れ、その分主婦として家族を支えてきたからこそできることがあるという違う自信を持ちましょう。

中には、これは専業主婦に限らず、単純に自分に自信がなさすぎてただただ働くのが怖いという方もいます。そういう方は、これを機に、じっくり自分と向き合ってみることをおすすめします。

仕事に対する怖さを乗り越える方法

  • 自分と向き合う

仕事探しをチャンスと捉え、徹底的に自己分析してみてはどうでしょう。仕事に直接関係なくてもいいので、自分の得意なこと、不得意なこと、やってみたいこと、できればやりたくないこと、自分が大切にしていること、自分の長所・短所など自分に関する質問を自分に投げかけ、その答えを紙に書いてみて下さい。その時、できれば無回答は避け、大したことでなくても思いつくままに紙に書くことが大切です。

それらを踏まえて、先の将来はどうなっていたいか、あるいはどうなっていると予想できるか、イメージしてみましょう。自己分析をしっかりした上で現実的に将来の自分を思い描くことにより、働くことに対する恐怖心はいつの間にか消えてしまいます。

やりたい仕事も見えてくるでしょう。また、徹底的に自分と向き合っておけば、面接の時に何を聞かれても返答に困ることがありません。

  • 家族を味方につける

なぜ働くのが怖いかの理由として、「家事と両立できるか不安だから」という意見が多く見られます。「これまで通り」でなくていいのです。旦那様は一番身近にいる労働者です。仕事の大変さは語らなくても、理解してくれるはずです。家計の状態を話し、働くことを納得してもらった上で、正直に家事の一部を分担するなどして助けてほしいとお願いしてみてください。

これまで家事のほとんどすべてを奥様に任せてきたのであれば、旦那様は負担が増えることに難色を示す可能性もあります。あくまで、「お願い」というスタンスで話してみることを提案します。

子どもたちにも家族の一員として、協力を仰ぎましょう。家族を味方に付ければ、精神的にかなり楽になるはずです。

  • 小さな一歩から始める(パート)

働くのが怖いと思っている状態で、専業主婦からいきなり正社員になるのは、ハードルが高すぎます。もしそこでこけてしまったら、立ち直るのに相当な時間を要します。働くのが怖いと感じるなら、確実に乗り越えられるハードルを用意しましょう。

自分と向き合ったとき出てきた「やってみたいこと」はひとまずおいておいて、「自分の得意なこと・やれること」に、パートとして挑戦してみることをおすすめします。「最初の一歩を踏み出せた」という成功体験が、自信につながります。

そうして働くことに対する恐怖心が払拭でき、キャリアを重ねれば、のちのち正社員として働くことも夢ではありません。

  • 資格を取る

資格は、社会に出る時の大きな武器になり得ます。その仕事が「得意だ」と主張する際、資格があると説得力が増します。資格には、年齢やブランクといったハンデと捉えられがちなものを吹き飛ばしてくれる威力があるのです。

中には、「資格手当」がつく企業もあり、時給が高くなる可能性もあります。さらに、資格によって年齢による制限がなくなり、60歳を超えてもバリバリ現役で働いている人がいるのも事実です。

全国216名の主婦に向けて実施したあるアンケートによると、数ある資格の中で、「簿記」「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」「介護資格」を取得した人が多いという結果がでました。「簿記」とは、企業内でのお金や財産に関する取引の記録をつけることです。また、「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」とは、ExcelやWordなど、Microsoft Office製品のソフトを使いこなせることを証明する資格です。

「介護資格」については、入門向けの介護職員初任者研修から介護福祉士の資格やケアマネージャーに至るまで、レベルに応じていくつかの資格が用意されています。興味がある分野に、どんな資格があるか、一度調べてみてください。

参考元:30代40代専業主婦の仕事復帰、この資格が強みになりました! | 主婦資格ナビ (shikaku-en.jp)


専業主婦がパートに出るメリット

応募
専業主婦がパートに出る一番のメリットは、やはり一世帯あたりの総収入が増える点でしょう。先が見えないこんなご時世、旦那様のお給料だけでなく、少しでも稼げるあてをつくっておくことは、とても意味のあることです。

一カ月ギリギリの生活から一変、月々2・3万あるだけでも、気分的に随分楽になります。「自分で少しは稼いでいるのだから・・」とたまにランチに行ったり、新しい洋服を買ったりすることで、心が満たされます。

また、社会とのつながりが生まれる点も、メリットとして挙げられます。専業主婦の場合、人間関係は狭く、価値観の広がりがあまり期待できない場合も多いです。それが働くことによって、今まで出会ったことのないような人と関わることが増え、人間的に成長しているように感じられるという声があります。

さらに、パートに出て、外の空気を少し吸うことで、旦那様やお子さんへの理解が進むかもしれません。

パートなら、社会とのかかわりを感じながら、適度に働けるのでおすすめです。フルタイムと違って責任ある業務が少なく、残業も少ないので、無理なく働くことが可能です。

迷ったら扶養内パートから始めよう

迷ったら、まずは扶養内でパートとして働くことをおすすめします。「扶養内で働く」とは、扶養控除の範囲内で働くことを意味します。ご家庭の収入状況を把握したうえで、「どのくらいの時給」で「どのくらいの日数・時間」働くか、ある程度の基準を設けておくと、仕事探しが楽になります。

求人サイトや求人誌を使って仕事を探す際は、「扶養OK」という検索軸やマークを手がかりにすると、上手くいく場合があります。それらを採用していない場合、面接で必ず扶養内で働きたいことを伝えましょう。

最初のうちは家事と両立できるかなど、様子を見ながら徐々に仕事を増やしていくと負担が減るはずです。外で働くことに対して恐怖心があるなら、ゆっくり慣らしていってください。扶養内パートをした場合、どんな一日になるか、円グラフにしてみます。

週に3日このペースで働くとすると、働けないことはないと思います。仕事がない日にまとめて買い物をすませておいたり、作り置きできるおかずを何品かまとめて作っておけば、さらに余裕ができるはずです。

働く自信がない主婦におすすめの職種とは?

  • 保育士

働きたいけど働くのが怖いと思っている専業主婦の方に、育児の経験が活かせる保育士がおすすめです。なり方としては、①保育士国家試験に合格する②卒業と同時に取得できる指定保育士養成校に通うの2択です。

専業主婦の方が目指しやすいのは、①の方でしょう。学校に通わなくても資格が取得できるので、家事の合間に勉強できます。もしなかなか勉強する時間が確保できないのであれば、受験を複数回に分けることも可能です。

保育の現場は、女性が圧倒的に多く、主婦の方もたくさん活躍しています。それだけ理解がある職場なので、安心して働けます。

  • 家事代行

長年専業主婦をされている方には、知らず知らずのうちに家事の知識が身についているものです。掃除、洗濯、料理など、家族のために磨いた腕をそのまま活かせるのが、家事代行の仕事です。

この仕事において、専業主婦であった期間は、ブランクではなくキャリアだといえます。中には、専業主婦を優先的に採用する会社もあるほどです。研修が充実している会社を選べば、さらに家事スキルのレベルアップを図ることも可能です。

そして何より、短時間・少日数で働ける職場が多いので、主婦業の隙間時間を有効活用できるとあって、人気を集めています。専業主婦として長年磨いてきた腕を発揮することによって、「ありがとう」と感謝の言葉をもらえる、素敵な仕事です。

  • 在宅ワーク

パートに出るのが怖いなら、在宅ワークも1つの手です。家事の合間に自分のペースでできるものが多いので、おすすめです。次の記事を参考に、在宅ワークも1つの選択肢として検討してみてください。

主婦の方におすすめしたい副業7選+α | マナリンクTeachers (manalink.jp)


まとめ

長い間専業主婦として家庭を守ってきた方にとって、社会に出ることはとても怖いものです。その怖さを乗り越えるために、今回はいくつかの方法をご紹介しました。また、働く自信がない方におすすめの仕事もご提案しました。何かアクションを起こすことで、きっと仕事に対して前向きに考えられるようになるはずです。踏み出すのは小さな一歩で十分です。ぜひ、これならできると思ったことを、できれば先延ばしせず、まずははじめてみてください。きっと充実した毎日が待っているはずです。