マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

個人塾のおすすめ集客方法5つ【よくある集客失敗例も紹介】

2021/7/1
個人塾のおすすめ集客方法5つ【よくある集客失敗例も紹介】

「個人塾を始めたけれど、集客が上手くいかない」
「個人塾の経営を安定させるために広告運用をしてみたい」

など、個人塾の経営でお悩みの方向けに、個人塾のおすすめ集客方法を解説しています。

個人塾では、基本的に生徒に勉強を教えるだけではなく、生徒の集客やマーケティング業務も経営者自らおこなわなければいけません。

全て自分の裁量に任せてできる個人塾の経営は、やりがいがある一方で、集客方法に苦労している個人塾経営者も多いのではないでしょうか。

本記事では個人塾におすすめの集客方法を5つ紹介していきます。

本記事を読めば、コスパの良い集客方法がわかり個人塾の売上を安定させられるようになりますよ。

個人塾の集客方法は何がオススメ?


飛び跳ねる二人

個人塾におすすめの集客方法は以下の5つです。

  • チラシ
  • 看板・広告掲載
  • 口コミ
  • 自社ホームページ・ブログ運用
  • インターネット広告


それぞれ特徴を解説していきます。

チラシ


個人塾の通塾範囲にいるご家庭にチラシを配るのは、コスパが高い集客方法のひとつです。

大体生徒が通える場所は半径500m程度と決まっているので、チラシを配る範囲が絞りやすく広告に対する反応も良いからです。
(※塾で送り迎えの車を用意している場合を除く)

その一方で、チラシに掲載できる情報量には限りがあります。

少ない情報量で確実に成果を出すために、チラシから直接的に通塾や契約に結び付けるのではなく、

  • 自社ホームページやブログへのアクセス
  • 体験授業の申し込み


など次の広告や集客に結び付けるアプローチも検討すると良いでしょう。

看板・広告掲載


チラシ同様に、看板や広告掲載も個人塾の集客に有効です。

先ほども解説したように、個人塾の通塾範囲は限られているので、
対象となる生徒や保護者の目につきやすい位置に広告掲載をすると、反応が得やすいかと思います。

口コミ


生徒や保護者の口コミも個人塾の集客方法として優れています。

口コミによる集客は費用が特にかからないのが大きなメリットです。

その一方で経営者自らがコントロールしやすい集客方法なので、
良いことばかり書いてある口コミになりやすく、逆に不信感を抱かれる方もいますので注意が必要です。

自社ホームページ・ブログ運用


自社ホームページやブログで、料金プラン・授業内容をわかりやすく紹介しておくのも集客に役立ちます。

生徒や保護者にとって、電話や訪問によるお問い合わせはハードルが高いからです。

それに対して、

  • 個人塾のホームページで必要情報を確認
  • メールで問い合わせ、体験授業の予約


をするのは比較的ハードルが低いです。

自社ホームページやブログは一度作成してしまえば、その後は定期的なメンテナンスのみで運用可能なので、経営者にとって負担が少ないです。

その一方でホームページ作成には知識が必要ですし、Web制作会社にホームページ作成を依頼する場合には費用がかかります。
簡単に作成するのであれば、WordPressといった非エンジニア向けのツールもあるので活用してみると良いでしょう。

インターネット広告


自社ホームページやブログのアクセスが思うように伸びないのであれば、インターネット広告を活用して集客するのもご検討ください。

インターネット広告はクリック数に応じて費用を支払うだけなので、広告費のコントロールをしやすいのがメリットです。

インターネット広告の運用はWebマーケティングの知識やスキルが必要になるので、Web制作会社やWebマーケティング会社に運用まで任せてしまうのが手軽です。
継続的に広告の依頼をする場合は、その会社の実績や口コミをよく確認しましょう。

集客する上で大切なこと


集客で大切なこと

個人塾の集客を成功させる上で意識しておきたいことは以下の3つです。

  • 個人塾のコンセプトをわかりやすく生徒・保護者に伝える
  • 集客目標はお問い合わせを増やすこと
  • 費用対効果を意識する


それぞれ詳しく解説していきますね。

個人塾のコンセプトをわかりやすく生徒・保護者に伝える


個人塾の強みは大手学習塾よりも、塾のコンセプトがハッキリしていることです。

あなたの個人塾が持つコンセプトを集客時に生徒や保護者に伝えられるように意識してみてください。

塾のコンセプトが伝わり、生徒や保護者に
「これこそが私の通いたかった塾」
「子供に通わせたい塾はここだ!」
と思ってもらえると、成約に結びつきやすいです。

チラシやホームページ運用などの広告に頼る前に、塾のコンセプトやターゲットとする生徒や保護者の絞り込みをしておきましょう。

集客目標はお問い合わせを増やすこと


集客や広告運用をする際には目標設定を行いますが、その際の目標はお問い合わせ数にしましょう。

もちろんお問い合わせだけでは、塾の売上にはつながりません。

直接的な売り上げに繋がる新規契約件数を集客目標にしてしまう気持ちはよくわかります。

しかし、広告の効果と直接結びつくのはお問い合わせ件数です。

広告効果の測定や集客の成果を確かめるためにも、目標設定はお問い合わせ件数で設定をしておくのがおすすめです。

費用対効果を意識する


集客のために広告運用する際には、費用対効果を意識しておきましょう。

費用対効果を意識しておかないと、

  • 広告費を出し渋り、成果が全く出ない
  • 広告費にお金を使ったものの、思うような成果が得られない


などの可能性があります。

確実に支払った広告費を回収するためにも、広告運用前にターゲットを設定して、ターゲットに届く集客方法を選ぶのが重要です。

集客でありがちな失敗例


こちらをみつめる子ねこ

個人塾の集客でよくある失敗例は以下の2つです。

  • 大手の集客方法を真似してしまう
  • 低価格をウリにしてしまう


あなたが集客をする上で当てはまる部分はありませんか?
それぞれ詳しく解説していきますね。

大手の集客方法を真似してしまう


個人塾が大手学習塾の集客方法や経営方法を真似してしまうと、集客や経営で行き詰ってしまいます。

大手学習塾は広告費にお金を使い知名度を上げています。

個人塾は大手学習塾に資金力では勝つことができません。

大手学習塾と同じ広告運用や集客方法を取ろうとすると、資金不足に陥ってしまいます。

個人塾は個人塾なりの、

「一人ひとりに合わせた授業」
「地元密着だからこその対策」
などを売りにしてみると良いでしょう。

では、大手塾と比較して安価な授業料にしてしまおうと思いませんでしたか?
それはあまりうまくいかない例です。
次の章では低価格競争をするデメリットについてお伝えします。

低価格をウリにしてしまう


集客のために授業料を下げるのはやめましょう。

個人塾は大手学習塾と違いコストカットに限界があります。

そのため授業料を低価格にして、集客をするのは失敗する可能性が高いです。

個人塾が集客や経営で成功するためには、コンセプトやターゲットを絞って授業料を下げ過ぎず質の高い授業を行う必要があります。

また、授業料を低く見積もってしまうと、とりあえず塾に通わせたいというご家庭が増え、思うような授業ができなくなる場合もあります。
「安かろう悪かろう」は目指さず、「洗練されたパーソナライズ授業」を徹底しましょう。

スキマ時間を利用して、売り上げを伸ばそう!


机の上にあるペンとノート

これまで紹介してきた個人塾におすすめの集客方法を試しても、残念ながらすぐに成果が出ない可能性が高いです。

集客効果は徐々に成果が出てくるのが一般的で、生徒の成績や受験の結果に影響する学習塾に対してはその傾向が強いです。

個人塾の集客成果が出てくるまでは、学習塾の仕事が少ないスキマ時間に効率よくお金を稼ぐのも検討してみてはいかがでしょうか。

もちろん、ポイントサイトやスポットのバイトをおすすめするわけではありません。
うまくいけば、個人塾よりも収益が見込める仕事を今回はご紹介します。

個人塾経営者がスキマ時間に効率よくお金を稼ぐのであれば、オンライン家庭教師がおすすめです。

オンライン家庭教師とは、ZoomやSkypeなどといったビデオ会議ツールを用いて、全国各地の生徒にオンラインで指導ができる仕事のことです。
オンライン家庭教師であれば、自宅や学習塾でインターネットを使い、生徒に勉強を教えられるので時間を有効活用できます。

オンライン家庭教師の登録会社にはいくつかありますが、中でもオンライン家庭教師マナリンクは以下の点が魅力的です。

  • 授業料金の設定は家庭教師ご自身で可能
  • 独自のチャットシステムにより、保護者や生徒と直接連絡が取れる
  • オンライン家庭教師マナリンクに支払う手数料は授業料の30%のみ


限られた時間で効率よく収入を得たい方は、オンライン家庭教師マナリンクへの登録をご検討ください。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら

まとめ


個人塾では生徒に勉強を教えるだけではなく、集客や広告運用も経営者自身で行う必要があります。

個人塾に合った集客方法を選択することで、お問い合わせ件数や新規契約件数を増やせます。

本記事で紹介した個人塾におすすめの集客方法は以下の5つ。

  • チラシ
  • 看板・広告掲載
  • 口コミ
  • 自社ホームページ・ブログ運用
  • インターネット広告


大手学習塾には出せない個人塾の強みをいかして、集客を行っていきましょう。

集客の成果が出るには時間がかかるので、売上や収入を安定させるために個人塾の経営と合わせてオンライン家庭教師を行うのもおすすめです。

オンライン家庭教師の登録会社にはいくつかありますが、オンライン家庭教師マナリンクは授業の自由度の高さと支払い手数料の低さが魅力となっています。

オンライン家庭教師 マナリンクへの登録はこちら