マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

オンライン授業の満足度と効果を最大限にする方法

2021/9/16
オンライン授業の満足度と効果を最大限にする方法

はじめに

コロナ禍以降、急務で進められたオンライン授業ですが、学校や塾・家庭教師等の教育現場での満足度はどのようなものなのでしょうか?この記事では、どのようなシチュエーションでオンライン授業の満足度が下がってしまうのか、いかにしてデメリットをカバーし対面授業よりも効果を上げられるのか、オンライン授業のポイントをご紹介します。

オンライン授業の満足度



出典:新型コロナウイルス感染症の影響による学生等の学生生活に関する調査(結果)/文部科学省

上記のグラフは大学生(高専4年~含む)以上を対象とした、オンライン授業の満足度に関するアンケート結果です。
「満足」「ある程度満足」と回答した学生が半数以上を占めており、コロナ禍による急な対応だったことを考慮すると、まずまずといった結果と言えるでしょう。
また、オンライン授業の良かった点として「自分で選んだ場所で受けられる」「自分のペースで学習できる」と回答した学生が多く、生徒のライフスタイルと学業を両立できるという点で評価されていると推測できます。
もちろん、約2割が「(あまり)満足していない」という結果を踏まえると、オンライン授業の改善点として多くの課題が残されていることがわかります。

オンライン授業に対する不満


出典:新型コロナウイルス感染症の影響による学生等の学生生活に関する調査(結果)/文部科学省

オンライン授業の不満点としては、上記グラフのような点が挙げられます。
「オンライン授業のための通信環境が整っていない」「授業形態の説明が十分でない」等急務で勧められたオンライン授業の不足点や、「友人と授業を受けられず寂しい」「対面授業よりもわかりづらい」等オンライン授業の性質上のデメリットに分けられました。
特にオンライン授業を多く取り入れた大学では、学生から「通学しないのなら学費を返せ」という声も上がり、一時期問題となったのも記憶に新しいです。

オンライン授業の良いところを活かし満足度を向上させるためには、オンライン授業のデメリット・悪い点を改善していくほかありません。

学校現場でのオンライン授業は難しい


前述の「オンライン授業の不満点」を見ると、学校現場における対面授業の良さをオンライン授業で補えない面があると言うことがわかります。
学校教育では勉学以外の教育も目的としており、生徒の社会性を育てる等の潜在化されたカリキュラムを含むものです。「友達に会えない」という最もポイント数を集めた不満点が顕著に示すように、学校教育では授業に求めるものが「学習以外も含む」ことを表しています。

また、オンライン授業自体が集団授業よりも個別指導との親和性が高く、授業効果が出やすいという側面があるため、学校現場でスタンダードな集団授業をオンライン授業に落とし込むとどうしても一方的な講義になりがち、というデメリットも出てきます。

他に推測できる要因としては、一方的になりがちなオンライン授業で生徒の理解を補う一環として課題を多く出してしまったり、学校というある程度大きな集団において全員がオンライン授業を受けるのに十分な通信環境を整えられない、という点も考慮に入れる必要があります。

そのため、コロナ禍によるオンライン授業の整備が不可欠だったとは言え、学校現場のオンライン授業はデメリットも多く、いかにして満足度を上げるのかを考えなければなりません。

オンライン授業と相性が良いのは個別指導


では、よりオンライン授業と親和性が高いのはどのような場面でしょうか?学校現場におけるオンライン授業の不満点を見るとわかる通り、オンライン授業の満足度が下がってしまう原因として「授業に勉強以外を求める」点が挙げられます

つまり、裏を返せば「勉強のための授業」「集団よりも個別」というポイントを押さえたオンライン授業であれば、満足度が高く目的が達成されやすい、と考えられます。

「勉強のための授業」「集団よりも個別指導」という点を網羅できる授業として、塾や家庭教師のオンライン授業があります。個別指導の塾・家庭教師等の補助学習業界は、学校現場のような「社会性を育てる」「友達を作る」等の目的はある程度排除されており、ひとりで勉強に集中するという側面が強いです。

先生、生徒側両者において「勉強のため」という前提を共有できている状態であるため、先述の「オンライン授業の不満点」をいくつか潰したところからスタートできます。「身体的な疲労感」や「集中力が続かない」等の問題点は生徒の年齢によっても左右されるため、生徒個人の年齢や性質に合わせやすい個別指導との相性が良いと言えます。

他にも、塾や家庭教師のオンライン個別指導には以下のようなメリットが挙げられます。

  • 自由に使える時間が増える
  • コスト削減
  • 地域による教育の差に貢献できる
  • 需要や相性の良い生徒とマッチングすることができる
  • 引越しや帰省先でも継続して授業ができる
  • 出欠管理や授業スケジュールが立てやすい
  • 便利なツールを導入しやすい


生徒側のメリット・デメリットという視点以外にも、先生側のメリットも大きいのがオンライン授業の特徴です。先生側の自由度が高ければその分授業のクオリティ・満足度の向上に努められるため、オンライン授業を導入することで現状を改革できる側面もあります。
オンライン授業

実際のご家庭の声

オンライン家庭教師プラットフォームマナリンクでは、生徒さんやご家庭からの感謝の声が多数寄せられています。

授業の復習プリントや、YouTubeで授業内容がupされているものもあります。 今まで授業を受けてその時はわかっていても、自分で解こうと思ったら解けなくてそのままにしていて積みあがらないというのが最大の悩みだったのですが、復習プリントでできていないところをチェックして動画を視聴することもでき、自分で解決できるようにもっていっていただけてとてもありがたいです。


数学は一番の苦手科目でしたが、少しずつ先生と問題を解きながら段々と自分にも出来るという分かり、そう思える様になっていきました。 授業では分かりやすく丁寧な説明で指導してくれるだけでなく、毎回、授業後にはその日に勉強した内容や図、グラフなどの板書を直ぐに送ってくれるので、後で見返す事が出来てすごく助かっています。

引用元:感謝の声/マナリンク

オンライン授業は対面に勝る!


適切なシーンで上手にオンライン授業を活用すれば、先生・生徒にとってもストレスフリーかつ高い授業効果が期待できます。「勉強」を目的としているのであれば、授業効果が高いほどにオンライン授業の満足度も自然と上がります

移動時間等が削減され、浮いた時間は先生は授業準備の時間生徒は予習復習に避けるため、時間の有効活用としても有用です。また、オンラインであることを活用して理科の映像資料や数学の作図・グラフを提示するのもスムーズにできます。プログラミングなど、パソコンを使う前提の授業では更なる効果も期待でき、オンライン授業のポテンシャルが見直されています。

また、対面授業の場合は出会える先生に限りがありますが、オンラインであれば世界中の先生とマッチングできるという強みもあります。実際にオンライン家庭教師仲介プラットフォームオンライン家庭教師マナリンクでは、将来エンジニアになりたいという生徒さんが、現役エンジニアの先生の授業を受けたり、アメリカの大学に行きたい生徒さんが、アメリカの大学に進学しアメリカ在住の先生からオンラインで授業を受けている事例もあります。

もちろん、教科授業だけではなく、株式投資を学びたい生徒さんが、元大手証券会社勤務の先生ともマッチングしています。

実際にマナリンクで株式投資を教えている千明先生のインタビュー全文はこちら↓
元証券マンが家族を大切にするために始めた働き方/マナリンクTeachers

【大注目の新たな働き方】オンライン家庭教師とは

オンライン授業は生徒だけではなく、先生にも大きなメリットをもたらす働き方として大きく注目されています。オンライン授業を専門に行う「オンライン家庭教師」という枠組みも確立し、オンライン授業を受けたい全国の生徒から依頼が来ます。

オンラインなので時間に融通をつけやすく、オンライン家庭教師として専業で授業する人や、現役塾講師、元教師、非常勤講師、主婦の方が副業としても多く活躍している大注目の業界です。

オンライン家庭教師マナリンクのおすすめポイント

  • 完全在宅なので転職活動の負担になりません!
  • 時給3,000円~ご自身で設定可能!効率よく稼げます
  • 得意科目のみの指導OK!授業準備時間を最低限にできます
  • 継続するほどキャリアアップ!ご家庭から感謝の声(口コミ)が届く仕組みになっており、評価が多くなるほど単価があげやすくなったり、生徒がつきやすくなります


資料のご請求はこちら↓
資料請求

高単価が保障されているため、マナリンク一本で生計を立てている先生も在籍しており、ライフスタイルやライフプランに合わせたキャリア形成を実現できます。時間を有効に使って資格試験の勉強や、家事育児と両立している方もいらっしゃいます。

満足度を上げる取り組み

オンライン家庭教師マナリンクでは、オンライン授業の質・満足度を上げオンライン家庭教師として働く先生のための事業の一環として、先生同士の勉強会やインタビュー(教材レポート)を行っています。

  • 勉強会

生徒の心を掴むアプローチ方法や体験授業の注意点、新しい授業スタイルの提案など、指導者必見の情報が満載です!個人での活動が多く、横のつながりが希薄になりがちだった家庭教師同士のネットワークを強化し、交流だけでなく授業の質向上等の意見交換もさかんに行われています。オンライン家庭教師一本で生計を立てられるよう、全力でバックアップしています。

マナリンク勉強会レポートはこちら↓
マナリンク勉強会!後日レポート/マナリンクTeachers

  • インタビュー

マナリンクで活躍中の先生方へのインタビュー記事を掲載しています。活躍中の先生がどのようなバックグラウンドを持ち、オンライン家庭教師になるにいたったか、現在どのようなオンライン授業をしているか、オンライン家庭教師やマナリンクのメリット等の話をお伺いしてまとめています。

先生によっては異色の経歴をお持ちだったり、オンライン授業ならではのメリットを活かしたアイデアなど、参考になる情報が満載です。どのようなライフスタイルでオンライン家庭教師をしているのかも先生によって違うため、授業スケジュールの参考にもなります。

マナリンク家庭教師インタビュー記事一覧はこちら↓
インタビュー/マナリンクTeachers

まとめ

オンライン授業の満足度を上げる!ポイントまとめ
✓オンライン授業は学校現場には不向きであることも多い
✓オンライン授業は個別指導の塾・家庭教師と親和性が高い
✓オンライン授業は対面授業と遜色ないメリットがある
✓オンライン授業は新しい働き方としても教育業界で注目されている


オンライン授業の満足度を向上させるためには、オンライン授業の不満点・デメリットを打ち消すような運用な仕方が鍵となります。オンライン授業の不満点として何が挙げられるのか、どのような工夫をすれば授業効果が上がるのかを慎重に検討しましょう。

オンライン家庭教師マナリンクでは、オンライン授業に関する情報が満載!オンライン授業の情報以外にも、指導者の働き方や世界中の教育事例もご紹介しています。