マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

勉強を教える仕事に向く性格や資格は?教員や講師の特徴をチェック

2021/7/1
勉強を教える仕事に向く性格や資格は?教員や講師の特徴をチェック

勉強を教える仕事紹介


勉強を教える仕事紹介

まずは、勉強を教える仕事に、どんな種類があるのかチェックしてみましょう。

教員


勉強を教える仕事の代表例として、真っ先にイメージする人が多いのが「学校の先生」。
勉強を教える仕事の中で、唯一「資格(教員免許)」が必要になります。
公務員のため、「安定した雇用」と「収入」が魅力。
ただし、子供たちに勉強を教えるだけではなく、「保護者のクレーム対応」「進路相談」「風紀指導」など様々な業務をこなすため、想像以上にタフな仕事です。

塾講師


塾講師は、子供に勉強を教えるだけではなく、成績を上げることを求められる仕事です。
保護者の多くは、高い受講費を払って子供を塾に入れるため、何よりも「成績アップ」を重視している傾向があります。
そのため、実力がある人気の塾講師は「カリスマ講師」として注目され、メディア出演や執筆活動も行い、収入を大幅に上げるケースも少なくありません。
また、塾には同僚講師も多く在籍しており、人間関係を上手く築く必要があります。

家庭教師


家庭教師は、勉強を教える仕事の中で、最も「生徒の保護者」と接点が多いのが特徴です。
そのため、家庭教師をするのであれば、保護者へのフォローが上手な人が向きます。
保護者から不信感を持たれないように、「身だしなみ」は勿論のこと、「言葉遣い」にも注意が必要です。
また、家庭教師は「直行直帰」で、塾のように同僚講師と顔を合わせる必要がないため、人間関係については気楽でいられます。

オンライン家庭教師


講師自信が直接生徒の家に行く家庭教師と違い、自宅で指導が行える「オンライン家庭教師」は、講師の負担が一番少ない働き方です。
自分の好きな時間に、パソコン画面を通じて勉強を教えるため、本業の仕事を持っている人も副業として挑戦しています。
また、オンライン家庭教師は一般的な家庭教師より「手数料」が安いため、講師が手に出来る報酬が多いのも魅力。
ただし、生徒との距離が遠く、子供が集中力を切らしがちなので、講師には子供のやる気をコントロールできる確かな「指導力」が必須です。

教える仕事に向いている人の特徴


入道雲

勉強を教える仕事に向いている人には、以下の4つの特徴があります。

子供の扱いが上手い


子供に勉強を教える仕事をするなら、子供の扱いが上手でなければいけません。
子供はちょっとした言動でやる気を出したり、失ったりするので、講師が「モチベ―ター」として、子供のやる気を引き出すことが重要です。

気分にムラがない


子供に勉強を教えるのが上手い人は、気分にムラがなく、常に穏やかな人が多いです。
気分にムラがある講師だと、子供が恐怖心から講師の顔色を伺い、勉強に専念できなくなってしまいます。
そのため、「気分屋」や「短気」で自分の感情をコントロールできない人は、勉強を教える仕事には向きません。

考え方が柔軟


勉強を教える仕事をしていると、様々なタイプの生徒に出会います。
一人一人、得意な科目も性格も違うので、生徒に合わせた教え方が必要です。
一つの考えだけにとらわれていると、子供の可能性を十分に引き出してあげることができなくなってしまいます。

面倒見が良い


勉強を教える仕事をするなら、面倒見が良いことが重要です。
子供は解説をすれば、1回で理解してくれる物分かりの良い子ばかりではありません。
何度説明をしても、なかなか理解してくれない子もいます。
そんな時、講師がイライラしたような態度や、呆れたような素振りを見せれば、たちまち子供はやる気を失くしてしまいます。
変わらぬ態度で根気良く付き合える面倒見の良い人でなければ、生徒からの信頼は得られません。

持っておくといい資格とは?


書類と万年筆

塾講師や家庭教師として仕事をする場合、勉強を教えるのに資格は必要ありません。
しかし、資格は何も持っていないよりも、やはり持っていた方が自分の能力を証明するのに役立ちます。
具体的にはどのような資格を持っておくと良いのか?
塾講師や家庭教師を目指す人におすすめの資格をご紹介します。

教員免許


幼稚園・小学校・中学校・高校・特別支援学校などの教員になるために必要な資格。
教員免許には色々な種類があり、働きたい学校に応じた免許が必要になります。
学級担任制が導入されている小学校の場合は「小学校教諭免許状」、教科担当制が採用されている中学や高校では「教科別の教員免許」を取得しなければいけません。
大学で教員免許を取るのに必要な科目を履修し、3年次もしくは4年次に3~4週間の教育実習も体験します。

教員免許は取得するだけではなく、実際に指導経験があるかも重要。
経験者であれば、塾や家庭教師の採用で高く評価されます。
また、塾や家庭教師では、講師が難関大学や有名大学を出ている方が有利になるため、「大学名」も大切なポイントです。

数検


算数の実力を試す機会として、小学生から大人まで幅広い年齢層が挑戦している数検。
特に、算数が中心科目となる中学受験において、算数の腕試しのために受験する小学生も多いです。
内申対策として数検の受験に力を入れている家庭もあるため、準1級や1級を取得していると、数検指導ができる講師として、仕事の幅が広がる可能性があります。

英検・TOEIC


英検やTOEICで上級スコアを保持していると、英語講師の募集でアピールをしやすくなります。
ただし、英検やTOEICは、取得してからの時間があまりにも立ちすぎていると、能力が落ちている可能性があるため、出来るだけ直近のスコアを提出するようにしましょう。
社会人であれば、最低でも英検準1級やTOEIC730点以上のスコアが欲しいところ。
現在、英語学習のスタート時期は低年齢化が進んでおり、中学受験での優遇目的のために、英検3級や英検2級を小学生のうちに取得する子が増えています。
そのため、英検2級程度だと、ハイレベルの生徒を指導できなくなってしまう可能性があるため、出来るだけ高いスコアを取っておきましょう。

在宅でもできる勉強を教える仕事ならオンライン家庭教師!


指導をしている先生

もしも、勉強を教える仕事を在宅で探しているなら、オンライン家庭教師のマナリンクがおすすめです。
マナリンクでは、オンライン家庭教師の料金を自分で自由に設定し、自分の希望した条件で働けます。
60%前後の手数料を取る一般的な家庭教師より、マナリンクの方が手数料は30%と安いので、同じ料金で働いても、マナリンクでオンライン家庭教師をやった方が報酬を多くもらえるので魅力的です。
在宅のオンライン家庭教師を始めてみたい人は、是非以下のリンクから登録をしてみて下さい。

オンライン家庭教師マナリンクへの登録はこちら

まとめ


勉強を教える仕事に向く人は、いつも穏やかで面倒見が良く、生徒のタイプに合わせて柔軟に教え方を変えられる人です。
資格はあった方が、面接の時にアピールできますが必須条件ではありません。
勉強を教える仕事は、種類によって、それぞれメリットとデメリットがあるため、自分の性格をよく考えながら、どの働き方が一番合うのか、よく検討してみましょう。

安定した雇用が希望の人には教員。
同僚講師との交流を楽しみながら働きたい人には塾講師。
年上の保護者の相手をするのが得意であれば家庭教師。

自分の生活スタイルを重視して働きたい人には、オンライン家庭教師がおすすめです。