マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

頭を使う仕事をご紹介!賢く効率の良い働き方をしませんか?

2021/6/29
頭を使う仕事をご紹介!賢く効率の良い働き方をしませんか?

はじめに

頭を使う仕事といえば教師のような教える仕事やIT系の仕事や国家資格が必要な仕事をイメージしませんか?実際高学歴の人が就く傾向にあります。そして頭脳労働は手を動かす肉体労働とは違い、収入も高くなりやすいと考えられています。

また、これを読んでいるあなたは
「頭を使う仕事ってどんなものがあるの?」
「どのくらい稼げるの?」
「自分にできるの?」
というような疑問があるかと思います。そこで今回は「頭を使う仕事とはなにか」「仕事内容と給料」について解説します。ぜひこの記事を参考にして自分にあった仕事を見つけて働く準備を始めましょう。

「頭を使う仕事」とは?

頭を使う仕事とは、「知識やスキルが必要な仕事」「創造性が求められるクリエイティブな仕事」の大きく2つに分けられます。また、頭を使わない肉体労働や単純作業の仕事ではないもの、と捉えるとわかりやすいでしょう。
IT系であればSE(システムエンジニア)やデザイナー、資格が必要なものであれば医師や教師などが頭を使う仕事です。

「頭を使う仕事」の特徴


頭を使う仕事の特徴は以下の5つです。

  • 単純作業ではない
  • 資格や免許が必要な職が多い
  • 給料が高い傾向がある
  • 専門的な知識が必要な職が多い
  • 経験やスキルによって収入が変わりやすい

それぞれの特徴について見ていきましょう。

単純作業ではない

まず単純作業ではないものが多いです。同じような仕事内容に見えても、サービスに対してや相手に対して毎回工夫を加える必要があります。そのため仕事が慣れたとしても頭を使わず淡々とこなすことは難しいです。

資格や免許が必要な場合が多い

頭脳労働の多くが資格や免許が必要です。特に国家資格を持っていないと働けない仕事が多く、誰でもすぐに仕事ができるわけではないのが特徴の1つです。たとえば医師や教師など〇〇師と付くものの多くが資格が必要になります。資格取得のために多くの時間を賭けて勉強が必要なのでなるだけでも大変です。

給料が高い傾向にある

頭脳労働は給料が高いことが特徴の1つです。職種にもよりますが、時給2000円から3000円以上のものも多くあります。特にクリエイティブな仕事であるIT系は一つの仕事で何百万円ということもあり、夢のある仕事です。

専門的な知識が必要な職が多い

医療やビジネスの知識など専門的な知識が求められる仕事が多くあります。知識があるだけでなく、知識をその場その場に合わせて活用する能力も必要です。特にビジネス現場ではコンサルタントは知識と経験が求められる重要な仕事です。

経験やスキルによって収入が変わりやすい

頭を使う仕事は経験やスキルがあれば、より収入が増えます。ビジネスなど結果が売上に直結する仕事では、まさにスキルが必要です。
また先生も塾講師であれば有名な先生ほど授業の単価が上昇します。

【注意点】知識労働者は残業が多い傾向に

知識労働は仕事1つ1つのレベルが高く量も多いため残業が当たり前の世界です。ナレッジワーカーに関する調査によると「オフィスや自宅で毎日残業する」という回答の割合が、日本は82%と他国と比べてもダントツで高いです。
引用:デジタルクロス

また他の統計でも「専門的・技術的な仕事〜販売の仕事」と「運輸・通信の仕事〜生産工程・労務の仕事」を比較すると知識労働者の方が残業が多い傾向にある、というデータがあります。
出典:雇用の構造に関する実態調査(政府統計の総合窓口e-statより)

残業ありの頭を使う仕事とその年収

残業ありの頭を使う仕事がどれだけあるのか、その年収について解説します。また資格が必要か、どんな人に向いているのかも解説するので、自分はどんな仕事が合うのかを考えながら見ていきましょう。

教師・塾講師

教師の仕事は教科の授業を実施したり、生徒指導をすることです。塾講師の場合は授業に専念できます。平均年収は600万円ほどです。大学等で教職課程をとり、採用試験に合格すれば正規の教員になれます。向いている人は教えることが好きな人や生徒を第一に考えられる人です。生徒が成長するのを見届けるためなら長時間の労働を苦とも思わない精神力があることも大切です。

映像関係

映像関係の仕事は動画編集や企画、撮影など多岐にわたります。最近はYouTubeの人気が加熱していることもあり、動画編集者の需要が高まっています。給料は平均年収が600万円ほどです。売れている動画編集者は月に100万円を稼ぐ人もいます。

映像関係の仕事には必須資格がなく、技術を磨けば誰でもなれます。向いている人は真面目に仕事に取り組める人と芸術センスのある人です。クライアントの要求に応える必要があるため、細かなことまで目を凝らせる真面目な人は映像関係に向いています。

Webプロデューサー・ディレクター

Web制作の計画や設計を行う仕事です。どんなことを売り出していくのか、予算を決めたり、運用改善をして商品やサービスの販促に役立てます。年収は約600万円で、資格はありません。戦略性とサイト制作のスキルの両方が求められます。

ディベロッパー

ディベロッパーは不動産業のなかでも企画開発を専門に行います。リゾート開発や商業施設開発など規模の大きな仕事が主です。年収は550万円ほどで、取得資格で一般的なのが宅地建物取引士(宅建)です。規模の大きな仕事なので高学歴が採用されやすい傾向があります。

広告業

広告代理店での仕事は商品やサービスを企業に代わりプロデュースすることです。平均年収は約550万で、必要資格は特にありません。必要なのはデザインスキルや戦略性、マーケティング能力です。

営業職

営業職の仕事は花形とも言われる人気の部署です。自社のサービスを売り込むことで会社に利益をもたらす仕事です。年収は440万円ほどで、資格は特に必要ありません。必要なスキルはコミュニケーション能力と伝える技術です。
相手と親しくなり、自社製品をよりよく見せることで売上につながります。

コンサルタント

コンサルタントの仕事はクライアントの課題を明確にして解決策を提案することです。ですがその仕事の幅はとても多岐にわたります。どんな業界なのか部署かによってアプローチの仕方が異なります。資格は特になく、平均年収は1000万円ほどです。年収が高いのはコンサルの相場が高いことと、新卒で入るよりも転職でセカンドキャリアとして働くことが多いためです。

コンサルタントに向いているのは、コミュニケーション能力とロジカルシンキング能力がある人です。特に課題を分析し解決策を提案するための論理的思考能力は必須のスキルです。

金融アナリスト・ディーラー

金融アナリストやディーラーとは経済や企業の動向を予測して投資対象を判断する専門職です。外国為替の売買取引の人気が高まり、今後需要が高まる仕事の1つでもあります。平均年収は約800万円ですが勤務時間も長いのが特徴です。必須資格はないが、証券アナリストの資格や財務や金融に関する資格はとっておいて損はないでしょう。アナリストは分析能力や情報活用能力が高い人に向いています。

医者

理系で最も賢いと言われるのが医者です。大学で6年間学んだ後に国家試験に合格すると研修医として働くことができ、その後正式に医者になれます。仕事内容は患者の診察や治療、手術のほかにも研究などがあります。平均年収は約1200万円ほどですが、研修医時代は450万円ほどと言われています。
医師に向いているのは、過酷な労働環境でも患者の命を最優先できるような他者貢献の気持ちが強い人です。誰かの命を預かることは簡単なことではなく、熱意を持っている人でないと続けるのが難しいでしょう。

残業なしの頭を使う仕事とは

残業の多い仕事はどうしても長く続けることが難しいというデメリットがあります。そこで残業なしの頭を使う仕事をみていきましょう。
h2:事務職
事務の仕事は、書類の作成やデータ入力、電話対応など業務全般のことを指します。直接お金が発生する仕事ではないですが、会社や他の社員のサポートをする重要な仕事です。
事務職の年収は約330万円ほどで、経理の事務では簿記の資格があると役立つ場合もあります。必要なスキルは正確かつ迅速に仕事ができることです。

公益法人/非営利団体

公益法人では公益事業と収益事業の2つの事業があります。公共の利益のための活動と法人の事業を継続するための事業とに分かれます。仕事内容はさまざまでイベントの運営実施や教育活動などです。年収は300万円前後です。社会課題を解決したいという強い思いを持った人は企業ではなく団体職員として働くことはおすすめ。

大学職員

大学の事務や広報、学生サポートを担当します。高校に向けたパンフレットの作成やオープンキャンパスの実施、学生相談など仕事は多岐にわたります。平均年収は550万円ほどで、大卒資格が必要な場合が多いです。
向いている人は教育に関心があり、真面目に働ける人です。教育機関なので人のサポートが得意な人は向いています。

残業のデメリット


残業をするデメリットは、自分の時間がつくれないことで離職のきっかけになりやすいことや、時給換算では安いということです。

離職のきっかけになりやすい

ブラック企業という言葉があるように働きすぎが原因で精神病を患い働けなることがあります。他にも休みが取れないことで自分の時間を作るために待遇のいい会社に転職するということにもつながり、離職のきっかけになりやすいです。

時給換算すると1,000円台前半になることも

残業は時給が安く、負担感が強くなるでしょう。また労働者が納得する残業代がきちんと支払われていたら良いが、残業代に関しては問題視されやすいです。労働時間や労働条件に不満を持ち離職する割合は男女ともに2位。
肉体労働が必要とされる仕事よりは時給換算すると高い傾向だが、2,000円を下回っている業種がほとんどです。
参照元:2019 年(令和元年)雇用動向調査結果の概況-厚生労働省

残業のない「頭を使う仕事」ならオンライン家庭教師

オンライン家庭教師なら、残業はなく今までの経験や知識、スキルを活かして働けるます。オンライン家庭教師はビデオ通話ツールを活用して、「いつでも」「どこでも」生徒に指導ができるオンラインサービスのことです。

オンライン家庭教師マナリンクでは時給3,000円以上で効率よく働ける!


マナリンクでは時間や料金、指導内容をご自身で設定して働けます。また時給3,000円以上という料金設定であり、通勤時間もありません。
教育関係の経験者から、指導経験はないが各分野や教科の専門家や豊富な知識、高度なスキルをお持ちの先生まで、多くの先生が全国の生徒さんがどうやった勉強が好きになるか、成績が上がるか、どうしたら学校の授業についていけるようになるか、難関大学に合格させるためには、と日々試行錯誤しながら生徒さんのために頭を働かせて向き合っています。あなたも未来を担うお子様のサポートをしませんか?