マナリンクTeachersオンライン家庭教師の働き方・採用を応援!

【女性におすすめ】英語を使う職業をタイプ別にご紹介!

2021/9/16
【女性におすすめ】英語を使う職業をタイプ別にご紹介!

はじめに

せっかく英語を身につけたのに、使わないうちにどんどん忘れていってしまう…と焦りを覚える方も多いでしょう。得意な英語を仕事にできれば英語も忘れず一石二鳥です。

英語を使う職業は他にスキルを必要とするものもたくさんありますが、家庭と両立しながらできる女性向きの仕事もあります。この記事では、女性におすすめの英語を使う職業とスキルについてご紹介します。

【タイプ別】女性におすすめに英語を使う職業


一口に英語を使う職業と言っても、要求される英語力やスキル、業務内容は職業によって大きく変わります。自身がどの程度の英語力で、どれくらい英語を使いたいかによって選択が変わってくるため、まずは自身のニーズと合う職業を探しましょう。シチュエーション別に女性におすすめの英語を使う職業をご紹介します。

常に英語を使ってバリバリ働きたい

「留学経験を活かしたい」「せっかく覚えた英語を忘れたくない」「外国人と関わっていたい!」…など、常に英語を使って外国人とバリバリ働く環境がいい、という方も多いのではないでしょうか?

常に英語を使うお仕事の場合、スピーキングやライティング等の高度な英語力が求められるほか、職業別に必要になってくるスキルも多いです。英語力だけでは就職できなかったり、必須/優遇スキル・資格をチェックして検討しましょう。

  • 常に英語を使うお仕事
  • 外交官、トレーダー、外資系金融、貿易事務、海外営業、英文速記者、通関士、外資系企業秘書、トラベルコーディネーター、バイヤー/マーチャンダイザー、総合商社、ランドオペレーター、CA


  • 外交官

平均年収:1,000~3,000万円
必要な英語レベル:ネイティブレベル(TOEIC900点/TOEFLiBT100,PBT600)
他外国語が必要(研修あり)
参考元:外交官の英語力は? どんな勉強が必要?/キャリアガーデン
    外交官の年収を詳しく解説/平均年収.jp
    外交官になるには?その仕事内容からおすすめの大学まで紹介します!/Studyplus

外交官は外務省職員(総合職員・専門職員)を指し、外国語を駆使して外交のサポートをするお仕事です。国家公務員なので外交官になるには国家公務員試験を受ける必要があります。

  • トレーダー

平均年収:50万円~700万円
必要な英語レベル:外資系金融のトレーダーではない限り、情報収集に必要なニュースや文献を読める程度でOK
参考元:トレーダーの年収を詳しく解説/平均年収.jp

トレーダーと言っても株、FX、証券等トレーダーに分かれており、それぞれ内容が変わってきます。能力や成果によって収入の差は大きく出てしまうお仕事です。外資系金融の証券トレーダーの場合は外国人の投資家と話すため、ネイティブレベルの英語力を求められます。

  • 外資系金融

平均年収:900~1,300万円
必要な英語レベル:部門による(TOEIC900点前後)
参考元:【2021年最新】外資証券・投資銀行の年収ランキング|外資系金融の特色から転職のポイントまで紹介/en world
    外資系金融で必要とされる英語力とは?/キャリタス就活

外資系金融では高い英語力が要求され、給与も高水準であることがほとんどです。前述のトレーダーをはじめとした、さまざまな部門で英語力を必要とされます。

  • 貿易事務

平均年収:360万円~440万円
必要な英語レベル:TOEIC600~
参考元:貿易事務の平均年収とは?職種や年齢別による解説/elan

貿易事務は海外との貿易の際に書類等の連絡のやり取りをするお仕事です。基本的にはメール等の文書を英語でやり取りするのがメインなので読み書きの能力が必要です。英語力のレベルとしては読み書きができるラインとして最低限のラインで設けられていることが多く、ネイティブレベルまでは必要ありません。

  • 海外営業

平均年収:約446万円
必要な英語レベル:TOEIC750前後
参考元:海外営業の仕事の年収・時給・給料情報/求人ボックス

海外営業は海外にて営業活動を行うお仕事です。外国人と商談するほか、書類作成も英語でするためそれなりの英語力が必要です。ネイティブレベル推奨ですが、会社によってはビジネス英会話レベルでOKというところもあります。

  • 英文速記者

平均年収:400万円前後
必要な英語レベル:高い英語力だけではなく、英語の速記記号を覚える必要がある(クレッグ公式英文速記検定試験に合格していると有利)
参考元:英文速記者/大成会

英語の会議やインタビューの内容を速記記号を駆使して書き起こすお仕事です。英語の知識だけではなく速記の技能も要求されるため、専門の資格を取るなどして速記の勉強をしなければなりません。

  • 通関士

平均年収:500万~1,200万円
必要な英語レベル:ビジネスレベル(英語を使わないことも多い)

参考元:通関士の平均年収|資格手当や勤務先による年収差についても解説/ユーキャン
    通関士に英語力は必要?/キャリアガーデン
    通関士の仕事とは?仕事の魅力や必要な素質・資格試験についても解説/ユーキャン

通関士は税関にて必要な業務を代行するお仕事です。英語を話せなくても通関士の資格さえあれば就職できますが、英語があるとより仕事がスムーズに運ぶことが多いです。

  • 外資系企業秘書

平均年収:300万円~500万円(外資系の場合は高め)
必要な英語レベル:ネイティブレベル
参考元:秘書の給料・年収や手取り額を解説!/給料BANK

外資系企業の秘書は外国人の秘書として働いたりするため、円滑にコミュニケーションを取る必要があります。英語力だけではなく秘書業務の能力が求められます。

  • トラベルコーディネーター

平均年収:440万円
必要な英語レベル:TOEIC600点~
参考元:ツアープランナーの年収を詳しく解説/平均年収.jp
    トラベルコーディネーター 英語を活かせる仕事を紹介/シゴト×エイゴ

ツアーコーディネーターは旅行代理店で交通手段・ホテル・観光地等を手配するお仕事です。現地の人と空き情報や料金の交渉をするため、英語力が必要です。必ずしも英語圏とは限らないためネイティブレベルの英語力は要求されませんが、日常会話レベルにできるのが望ましいでしょう。

  • バイヤー/マーチャンダイザー

平均年収:年収600万円~800万円(大手百貨店の場合)
必要な英語レベル:TOEIC750点以上
参考元:バイヤーの仕事内容・なり方・年収・資格などを解説/キャリアガーデン

バイヤーは商品の買い付け、マーチャンダイザーは商品開発や販売の管理をするお仕事です。海外との商談のやり取りをするためビジネスレベルの英語力が必要になります。

  • 総合商社

平均年収:1,330万円(大手商社)
必要な英語レベル:TOEIC730点~
参考元:【商社の年収ランキング】大手・中小・専門・年代で徹底比較/就活の未来
    商社に求められる英語力は?TOEICの点数を例に解説/unistyle

総合商社は貿易・投資等さまざまな事業を行います。大手か中堅かによって給与は変わってきますが、海外事業をしているところが多いため、ビジネスレベルの英語力推奨です。

  • ランドオペレーター

平均年収:300万円〜450万円
必要な英語レベル:日常英会話レベル
参考元:ランドオペレーターになるには/コレカラ進路.jp

ランドオペレーターはツアーコーディネーターと同じく旅行の手配を行う仕事です。時には海外で案内をすることもあります。海外居住者も多いため、実際働いている人の英語力は高い傾向にあります。

  • CA

平均年収:540万円
必要な英語レベル:TOEIC600点
参考元:キャビンアテンダントの給料はどれくらい?企業・学歴・年齢別に解説/神田外語学院

CAは客室乗務員として飛行機に搭乗し、機内サービスや安全を確保するお仕事です。英語を話す機会が多いとは言え企業が出している英語力の基準はやや低めです。

必要な時だけ英語を使う仕事が良い

「英語が得意なので英語を活かした職業に就きたい」「日本人に対して英語の良さや外国の魅力を伝えたい」「常に英語を使ったり外国人と話すのは疲れてしまう」…そんな人は必要なときに英語を使うお仕事がおすすめです。

常に英語を使用するお仕事の場合は職業によってネイティブレベルの語彙や発音・アクセントを要求されますが、必要な時だけ英語を使うお仕事は比較的スピーキングのレベルは「伝わればOK」レベルなお仕事もあります。

  • 必要な場面だけ英語を使うお仕事
  • ホテルスタッフ、テーマパークスタッフ、グランドスタッフ、英語教師(講師))、留学カウンセラー、大使館職員、特許事務員


  • ホテルスタッフ

平均年収:328万円
必要な英語レベル:日常会話レベル
参考元:ホテル業界の年収・給料は?平均年収ランキングまで紹介!/ManPowerGroup

ホテルのフロント業務等で外国人対応を行うことが多いです。外国人観光客が多い観光地のホテルでは重宝されるでしょう。

  • テーマパークスタッフ

平均年収:約284万円
必要な英語レベル:日常会話レベル
参考元:テーマパークスタッフの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計/ジョブ図鑑

遊園地などのテーマパークで働くお仕事です。外国人が多く訪れたり観光地が近い場合は英語が話せると重宝されます。

  • グランドスタッフ

平均年収:年収は260〜420万円
必要な英語レベル:TOEIC550点程度
参考元:グランドスタッフの給料・年収/キャリアガーデン
    グランドスタッフに必要な英語力とは?勉強法や空港放送の例文も紹介/神田外語学院

グランドスタッフは空港でお客様の対応を行うお仕事です。やはり外国人が多く訪れるため、日常会話~ビジネスレベルの英語力があると望ましいでしょう。

  • 英語教師(講師)

平均年収:約337万円
必要な英語レベル:TOEIC800点
参考元:英会話講師の仕事の年収・時給・給料情報/求人ボックス

英語講師になるのに明確な英語力の基準が設けられていることは少ないですが、近年英語講師に対して高いレベルを求められるようになってきており、ネイティブレベルとはいかないまでも日常会話を流ちょうに話せるレベルが望ましいです。

  • 留学カウンセラー

平均年収:約300万円
必要な英語レベル:日常会話レベル
参考元:留学カウンセラーになるには資格は必要?年収は?【元留学カウンセラーが語る真実】/エイゴトゥーワールド

留学カウンセラーは留学したい人にカウンセリングを行い、留学プランを検討するお仕事です。留学先の現地スタッフとやりとりすることもあるため英語力は合った方がいいですが、なくても十分に仕事できます。

  • 大使館職員

平均年収:300万円
必要な英語レベル:ビジネスレベル
参考元:大使館職員/職業ガイド

大使館職員は大使館にて事務職や外交官のサポートをするお仕事です。英語力だけではなく大使館のある現地の言葉を話せると有利でしょう。

  • 特許事務員

平均年収:約500万円
必要な英語レベル:TOEIC700点~
参考元:特許事務の仕事の年収・時給・給料情報/求人ボックス

企業から依頼を受けて特許庁に提出する資料を作成するお仕事です。海外の企業から依頼されることも多く、高い読み書きのスキルが要求されます。

場所にとらわれない働き方をしたい


場所にとらわれない職業は、家庭との両立がしやすく、納期が定められているため自分で仕事のペースを考えることができる職が多いです。体力に自信のない方でもスキルを発揮しやすく、女性のライフスタイルに合う職業が多い傾向にあります。

  • 場所にとらわれないお仕事
  • 通訳、翻訳家、オンライン講師、英文ライター、教材制作(英語)


  • 通訳

平均年収:約414万円
必要な英語レベル:ネイティブレベル
参考元:通訳の仕事の年収・時給・給料情報/求人ボックス

通訳はネイティブレベルの高い英語力を要求されるだけでなく、通訳の高いスキルが必要です。瞬時に通訳できるよう日本語力も大切です。

  • 翻訳家

平均年収:約475万円
必要な英語レベル:TOEIC700点~900点以上
参考元:翻訳の仕事の年収・時給・給料情報/求人ボックス

何を翻訳するかにもよりますが、専門性の高い文書を翻訳する場合は専門分野の知識も必要とされます。英語の知識だけではなく、スラングや方言等の細かなニュアンスを表現できるかも重要です。

  • オンライン講師

平均年収:300万円~
必要な英語レベル:TOEIC800点程度
参考元:オンライン英会話講師の給料はいくら?国籍で違う?実態をまとめました!/比較Plus

オンライン英会話講師は自宅でできる仕事で時給も高い傾向にあります。しかし、近年ネイティブスピーカーによる安価なオンライン英会話サービスが増えているため、非ネイティブの日本人の需要は微妙なところです。

  • オンライン家庭教師

ただオンライン家庭教師であれば、定期試験対策や受験対策を丁寧にわかりやすく教えて欲しいという生徒さんがほとんどなので、需要は多いでしょう。
関連記事:【決定版】オンライン家庭教師のやり方と失敗しない会社選びとは

  • 英文ライター

平均年収:300万~500万円
必要な英語レベル:ネイティブレベル
参考元:英文ライター/求人ボックス

英語で記事作成等を行う仕事です。外国人が読む前提で書かなければいけないため、ネイティブレベルの英語力が求められます。

  • 教材制作(英語)

平均年収:631万円
必要な英語レベル:TOEIC800点程度
参考元:業種「教材・試験制作」とは?平均年収や勤続年数、年代・役職ごとのボーナス金額まとめ!/CLABEL

英語の教材作成のお仕事は英会話の能力はあまり必要ありません。読み書きだけではなく文法の知識が重要です。

英語以外に専門分野があると有利


以上のように、英語を使う仕事と言っても他にスキル・資格が必要なものが多いです。英語を使ってしっかり稼ごう、という場合は英語の勉強だけではなくやりたい業種に必要なスキリの習得を目指すと良いでしょう。専門性の高い職業だと英語が話せるだけで高収入を得られる可能性が高いです。

英語と相性の良いスキルの例

  • 金融関係:トレーダー、外資系金融、貿易事務、海外営業など
  • 政治:外交官、トレーダー、外資系金融、防衛機事務など
  • 事務関係:貿易事務、外資系企業秘書、大使館職員、特許事務員など
  • 旅行関係:トラベルコーディネーター、ランドオペレーターなど
  • その他:特化した分野があれば、その分野の翻訳家(説明書の翻訳など)として活躍できる


上記のように、職種別のスキルを特化しておくと英語力を武器に就職しやすくなります。ジャンル別に取っておくと有利になる資格もあるため、本格的に就職を目指すのならば資格取得の時間を確保するとよいでしょう。

今すぐ英語力を活かせる仕事とは?


英語を使って仕事をしながら、就職したい分野を勉強してキャリアアップを目指すこともおすすめです。特別なスキルや資格なしで英語を活かせる職として、塾講師・英会話講師・家庭教師・オンライン家庭教師が挙げられます。

オンライン家庭教師マナリンクなら、高時給(3,000円~)で完全在宅なので、勉強との両立がしやすいです。また、兼業されている方が多いことから本業に就いた後でも継続して働くこともできます。

現役でCA(客室乗務員)をしながらマナリンクでオンライン家庭教師をされている黒羽先生にお話をお伺いしました。

(コロナ禍で)フライトが全くない日々の中で、オンラインで何か仕事を始められないかなと思ったのがキッカケです。特にCAの場合は、滞在先のホテルからも仕事が出来ることが必須だったのでオンラインで探し始めました。
(中略)
もちろん収入面でもとても助かっていますが、それよりも授業をする度に気付かされる、刺激を私自身が受けることが多くとてもやり甲斐を感じています。

黒羽先生のインタビュー全文はこちら↓
「ありがとう」が原動力へ。外資系航空会社の現役CAがオンライン指導を通じて感じ始めたこと。/マナリンク

英語を使う職業は海外・世界情勢の影響を受けやすく、黒羽先生のようにオンライン家庭教師で副収入を確保しておくことをおすすめします。オンライン家庭教師の中でも、マナリンクは「プロを指名できる」をコンセプトにしているため、大学生の先生は在籍しておりません。

そのため、一律料金体制ではなく、スキルや経験を正当に評価して、それらに見合う金額が先生方に還元されるシステムになっています。得意な英語を武器に、在宅でスキルアップを目指しませんか?

まとめ

英語を使う職業は英語力の他にも要求されるスキルが多く、新たにスキル取得するには忙しい女性にとって難易度が高いものが多いです。やりたい職業がある場合は勉強時間を確保するためにも、就職後にも保険として続けられるオンライン家庭教師の副業がおすすめです。
オンライン家庭教師で安定したキャリアプランを立てませんか?